2006年04月16日

涼宮ハルヒの憂鬱 舞台探訪



飛び出せ! にっぽんヲタ街道
      涼宮ハルヒの憂鬱 舞台探訪
      朝比奈ミクルの冒険 舞台探訪

〜 み み みらくる みっくるんるん♪ Episode00 〜

2006年4月16日 兵庫県尼崎市&西宮市



春アニメも膨大に放送開始となりましたが、いったいマトモに見てて、DVDまで買い揃えようと思うのって、正直いくつあります?

…ネガティブに今晩わ。佳由樹です。


そんなこんなで、半分以上見ることを諦めた春アニメのなかで、賛否両論うずまいている「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが、原作を知らなかったものの、京都アニメーション(京アニ)謹製のクオリティがありますので、絵とか見てても気持ちいいですね〜♪

京アニといえば、伝説の神アニメ『AIR (TV版)』も手がけられており、その、あまりの上品質ぶりに度肝を抜かれつつ、舞台探訪好きの私に数々のクエスチョンを投げかけて頂いたステキなスタジオさんですが、「涼宮ハルヒの憂鬱」でもやってくれましたよ〜♪


…というわけで、「涼宮ハルヒの憂鬱」舞台探訪ではなく、ひとまず、伝説の第1話?「朝比奈ミクルの冒険」舞台探訪に出発ですぅ〜


ちなみに、私の生まれ育った町の商店街が舞台でしたので、アニメを見て0.5秒で各ポイントを見つけることが出来ました。近年稀に見る楽勝な舞台探訪です。



「朝比奈ミクルの冒険」の冒頭にいくつか街の風景が出てきますが…


いきなりキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!


こーいう、何気ない置物こそ、必ず現物があるんですよね〜


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

オラ、ワクワクしてきたぞ〜


アーケードが改装されちゃったので、作中とは違いますが、まぁ、ここなのです。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


商店街の「1番街」右下がここです。まぁ、そのまんまですね。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


ミクルが商店街を疾走するシーンも…


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


これ、このとおり♪ 


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


どーでも、いいのですが、商店街は人が多いので撮影に苦労します(汗


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

ちなみに、この商店街の中に、プラモ屋や薬局も実在しますよ。端から端まで歩けば必ず見つかります。



この写真…地面から取っていますが、背後のビルの非常階段から撮れば


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

↑ちょうど、この地点なのですね。


悪い魔法使いで宇宙人さんは、本日お休み。出てこなかった(汗


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

ミクルみたいなキャラよりも、個人的には置物系が好きです。はい。


さぁ、ここでまた、ごっそり過程を省いて、次なる場所へ…


ミクルが突き落とされた池ですね。ため池です。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


…ちょうど、このポイントに来たときに、『お、明らかに舞台探訪やってるな〜?』ってお兄さん方がいらっしゃったので、ご挨拶しつつ、いろいろ情報交換させていただきました。この場でお礼申し上げます。

お名刺頂いたので、リンクさせて頂きます。

神奈井総社さま(水越柚耶さん)のサイトです。ちょうど、昨日、商店街を回られていたのですね〜♪商店街のお店の写真を置いてらっしゃいます。

今日の写真が楽しみですね。一緒にいた後輩の方が、どのように料理されているかw




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


この写真…向き間違えです。右90度に向けば、下のシーンと同じになりますよ?


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




と、いうところで、朝比奈ミクル編はオシマイです!

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年04月01日

カラオケ&BARまーめいど に逝ってきました

さて、いよいよ新年度が始まりました。


新社会人として4月を迎えられた「隠れヲタ」の皆様、おめでとうございます。

ネクタイを締めて、平日の9時−17時が勤務時間な、いわゆる「普通のカイシャ」といわれる組織に所属された方は、歓迎会等で、しばらく宴席が続くかもしれません。学生のときとは違った「飲み会」の光景をみて驚きつつも、早めに順応して、立ち居振る舞いを学んでゆきましょう。

また、社会に出ると、今まで立ち寄ることすらなかった「飲み屋」で飲む機会も多くなってくるでしょう。そう、いわゆる「スナック」「バー」といわれるお店です。

繁華街に行くと、ピンクや紫、青一色の看板に「華」だの「順子」だの「四季」だの、漢字であっさりと店名が書かれた看板を見ることはありませんか?そして、お店の扉には「会員制」などの文字も…
そんなお店の看板が林立するビルは全国どこの繁華街でも見られる光景ですが、お店の中での光景はどこも似たようなものです。

やや暗めの店内には、カウンター席と、ボックス席と言われるテーブル席。
店長としての「ママ」がいて、他にも給仕する女性が数名。

お客は背広姿の中高年が多く、一人か二人でカウンターで飲まれる方も居れば、同僚同士や接待で4〜5名固まってボックス席で飲まれる方々も。

給仕される女性が席毎に配置され、煙草を取り出せば火をつけ、グラスが空になれば、もう一杯。

そして、店内に響き渡るBGMの「カラオケ」

まかり間違っても、「ハッピーマテリアル」など歌うことが出来る雰囲気ではなく、係長の長渕や、茶目っ気ある課長のモーニング娘。 そして重役の舟木一夫など、ヲタにはつまらないカラオケのオンパレードに、愛想笑い浮かべて手拍子&拍手する劣悪な環境。

「お前歌えよ!」といわれて、微妙に古めのJ−POPで茶を濁しつつ、給仕する女性との会話も、なんだか表面的な話となりがちで、休日の過ごし方など問われている時間に、「ああ、こんな会話してる時間が勿体ねぇ!家に帰って、春の新番アニメをみなきゃ!」と、上の空ですごす地獄の時間。

ああ、ツライですね。

本音は、


「オレは酒が好きだ!そしてアニソンを歌うのが好きだ!」

「オヤジの舟木一夫に拍手するのではなく、見知らぬヲタのハッピーマテリアルに拍手したい!」

「フラストレーションの溜まる平日のカイシャ帰りに、酒飲んでアニソンを歌って帰りたい!」


と言った所でしょうか。

…そんな、隠れヲタを癒してくれるスポットが、大阪梅田の東通り商店街にOPENしました。

ものすごく長い導入でしたね。
実に1年ぶりの大人版です

−−−

知りたい!見たい!やりたい!貴方に代わって潜入取材!

最新カラオケBAR突撃レポ

とび出せ!にっぽんヲタ街道を逝く 〜大人版〜
  〜 カラオケ&BAR まーめいど に逝ってきました 〜


まんだらけ大阪梅田店を左に見て、東通り商店街のアーケードを抜けると、風俗店の呼び込みの兄ちゃんがウヨウヨいる地帯へたどり着く。

オタロードのクズアンケート女をスルーするように兄ちゃん達の間を抜けて50mほど進んだ左手の道路に見える看板は、メイドイラスト入りのV字看板。

この看板が置かれたビルは、どーみても「スナック」がひしめく飲食店ビルです。
アキバのパーツ屋がひしめいていた雑居ビル以上に近寄りがたい雰囲気があります。

ともかく、意を決して2階に上がると、ビルに似つかわしくない看板がお出迎え。


カラオケ&BAR まーめいど というお店。

扉の奥からは、聞きなれたアニソンが聞こえてきたりします。
そして、重い扉を開けると、メガネをかけたメイドさんがお出迎え。

店内は中々に盛況ですが、とても狭く、6〜7名ぐらいのカウンターと、8名ぐらいのボックス席のみ。
普通はカウンターの向こう側にいるおばさんの「ママ」も、給仕の女性達も、ここでは、み〜んなメイドさん。

とりあえず上着を預けてカウンターに座り、システムを聞いたところ


2時間3000円で飲み放題。(30分前ラストオーダ)
なんと、ビールまで飲み放題対象。
カラオケも歌い放題。



…安い。安すぎるw
新地でセット8000円/1hと比べたら、雲泥の差ですわw


初めに注文して出てきたぬる目のビールを飲みつつ店内観察。

一人のメイドさんが、知り合い?が来ているボックス席で盛り上がってたりしたので、この方が責任者かな?と思って聞いてみれば、ペーペーだそうでw

周りへの指示の出し方とか見てたら、それと分かるメイドさんが居て、おそらくはこの方かな…と思いつつ水割りモードへ。

ボックス席の方々がアニソンや際々の歌謡曲で盛り上がるのに合わせつつ、店長さんの所在を尋ねれば、なんと隣に居た男性が店長でした
どの程度のヲタ知識があるかは分かりませんが、客層にあわせてガッチャマン歌ってたところなんかは好感持てましたよ(*´д`*)

カウンターで水割り飲みつつ、J−POPで超有名な方のアニソンカラオケが流れる中、詳細なフリードリンクの対象リストを眺めていると、なんと、コロナビールまで飲み放題に入ってます。

これ、外国産のビールで、ビンの口にライムがぶっ差してあるビールなんですが、こんなのまで飲み放題になってます…

メイドさんに本当かよΣΣ(゚Д゚;) と聞いて見たのですが、
「今はライム無しですけど、今後は用意します。もちろん飲み放題です。」

嬉しいですね(;´Д`)ハァハァ 


水割りを重ねつつ、素朴な疑問があったので聞いてみることに。

「昨日(3月31日)まで普通のスナックで、今日(4月1日)から業態変更したような感じ?」

と問えば、本当に今日からOPENだとか。
お店に並ぶ酒ビンが開封済みのものが多かったので、てっきり業態変更かと思いましたよ…


盛り上がるボックス席と、しっぽりしたカウンター席。

私の他にもお客さんが居ましたが、隠れヲタさんは時間一杯まで座ってて、新規店で安いからってことで覗きにきた人は、かなり早めに出て行ってました。

今後のお店の方向性はどうするのか不明ですが、一般的なスナックでは、給仕される女性のほうから積極的に話しかけてくるものなんですが、この店はどんな方針にするんでしょうかね…?

メイドさんに話しかけると、いろいろ楽しめるのですが、一般的なスナックの感覚で一人で行くと、放置プレイになりそうです。いいのかな?これはこれで。

さらに水割り。そういえば、煙草を切らしていたので、あるのかどうか聞いてみたのですが、

「置いてないですけど、買ってきますよ〜♪」



うれしいけど、その格好で

外に出るのはあかんて!wwww



良いメイドさんです・゚・(つД`)・゚・


とにかく値段的には安いと思うので、なんで?と店長さんに聞いてみたら、店にたどり着くまでの難易度の高さを値段でカバーする。そうです。*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*

ちなみに、ここまで、滞りなく接客を受けている様に書いてますが、実際は、まだまだオペレーションが確立されておらず、(*゚∀゚)=3ハァハァなドジっ娘展開もあったりで、愉快な時を過ごせました。

気がつけば、ラストオーダ時刻を過ぎていたのですが、時間通りに退散することを宣言して、サービスで最後の1杯。
カウンターの端っこに、コミュニケーションノートが3冊ありまして、

けいさんノート
コミュニケーションノート
スケッチブック


が置いてありました。

メイドさんにそれぞれの役割を聞いてみましたが、それは各自、行かれたときに聞いてみてくださいな。
とりあえず、「けいさんノート」の1ページ目はテラワロスwwwwww

スナックの施設で水割りを頂きながら、メイドさんが並ぶカウンターでアニソン歌って、コミュニケーションノートにお絵描き…


ありえない光景ですわ'`,、('∀`) '`,、


でも、(・∀・)コレイイ!! 


楽しい時間も2時間でお開き。つーか、閉店時刻。

スナックお決まりのエレベータまでのお見送りなんですが、当然、メイドさんにお見送られ。

恥ずかしいけど、いいもんですね( ´∀`)


周りの店のママ達がどう思うかは知りませんが。

外は雨が降ってきたようで、店長の計らいにより新品の傘GET。
…水商売としての基本を、この価格でやってくれたことに感謝。・゚・(ノД`)・゚・。


■ すごーく個人的な総括 ■

カラオケ&BAR まーめいど は、お昼と夜でメニューが違います。

お昼は1時間500円のフリードリンクと、これまた激安なのですが、そこらのメイド喫茶に比べたら、店のつくりからして、やや居心地が悪いかもしれません。


この店の本領発揮は、おそらく夜でしょう。それも平日の夜。


〜 正しい?利用法 〜

土日はヲタ友達と楽しく遊んだりするけれど、平日は隠れヲタの一般的なサラリーマン。
客先でボロクソに叱られて、気分が晴れない水曜日。

バタバタと仕事を片付け、さぁ、家に帰ろうとカイシャを出たのが20時15分。

「ああ…今日も疲れたなぁ… ちょっと酒でも飲みたいなぁ…」

先輩に誘われたり、後輩を誘ったりなどして飲む酒も楽しいでしょうが、たまには仕事を忘れて飲んでみたいもの。
でも、平日だと、せいぜい家に帰ってビール飲みながらネットで遊ぶのが関の山。

そんなときには、このお店は如何でしょうか?

平日の夜、東通り商店街の「現実世界」の喧騒を抜け、お店にお帰りすれば「仮想世界」のメイドさん。
上着をあずけ、おしぼりで顔をフキフキ、ネクタイを緩める。

店内には、一般人の殻を被ったヲタリーマンがポツポツと。

見知らぬ紳士と、スーツ姿で、昨日から始まった新アニメと、今晩から始まる新アニメについて、酒を飲みながら会話を交わす。
ここでは、政治の話もスポーツの話も芸能の話も何も無い。

ああ、向こうの席の紳士がカラオケを歌うようだ。SMAPだけど「笑顔のゲンキ」だ。
BBサイバーダムなので、背景の動画でバレバレだw

歌も終わって、見知らぬ紳士へ拍手を贈る。

コミュニケーションノートを見てみると、昼と夜では、明らかに内容が違うw
夜の書き込みは、微妙に年齢が高い。

向こうのボックス席では、紳士達がスーツ姿で、あのエロゲの話に興じているようだ。
では、私がモモーイの歌で煽ってあげよう。

時間は22時半。

ああ、もうそろそろ出発の時間だ。
心身ともにリフレッシュ。

メイドさんに見送られ、ここからは現実の世界へお帰りだ。

酔客と疲れたサラリーマンが吊革に並ぶ電車に身を預け帰途に着く。
明日はまた、いつもの満員電車で、カイシャに行くんだ。



…毎日に疲れている、すべてのヲタリーマンに捧げます。



(おまけ)

500円で1個スタンプが押されるのですが…

昼と夜のスタンプ押すレートが同じだから、夜だと2回でいっぱいだよ!
…大丈夫か、店長w

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道