2005年04月29日

コスプレキャバクラ fairy tale潜入レポート

いよいよGWに突入しました。

世間では国外脱出だの愛・地球博だのなんだの言われておりますが、正しいヲタである私は、そんな虚空なものにココロを奪われることはなく(汗 清く正しくヲタ生活を
満喫し、日本橋ヲタロードを闊歩している所存でございます。

そんなワクワクさせる街、大阪日本橋に本日、素敵なお店が仲間入りしました♪



その名は、

コスプレキャバクラ

 fairy tale (フェアリーテイル)


公式サイトはここ


――― CM ―――

AIR舞台探訪目当てでご来場のお客様は、左記リンクよりご覧下さい。

5月3日ひぐらしのなく頃に同人誌イベントの情報は、ずっと下をご覧下さい。

メイド喫茶大好きなあさくらさんのお部屋ExciteStageからお越しの方は、多分以下の情報も嫌いではないと思いますので、そのままお読み下さい(w

4月30日に閉村する 消える村(仮称)コンテンツをお待ちの方は、もう少しお待ち下さい… スイマセン…

コミックレボリューションFinalレポをご覧の方は「日記」の4月24日を…

――― CM終わり ―――



さて、本題です。

ちなみに今日は写真がありません。




コスプレキャバクラと言えば、東京は神田にありますマジカルナイトが有名なので、三十路超えのヲタの私もオヤジモードで何度か楽しませていただいておりますが、そんな酒飲みヲタクのパ〜ラダイス(探偵ナイトスクープ桂小枝風に)が大阪にも開店するとのコトで期待していたのですが、4月中旬OPEN予定がずるずる延びていました。

これは、小学校も近いから出店規制にでもひっかかったかな?と公式サイトの跡地を見ていたのですが、日本橋Blogさんの記事で今日のOPENが紹介されているではありませんか!

とりあえず、聖地探訪好きな自分としては、行くしかない!と早速飛び込んでまいりました〜



一応、内容的に18禁とさせて頂きますので、該当の方はブラウザ右上の×印を勝手にクリックしてください(汗



―――ここから、18禁―――




知りたい!見たい!やりたい!貴方に代わって潜入取材!

最新キャバクラ突撃レポ

とび出せ!
 にっぽんヲタ街道を逝く 〜大人版〜

  〜コスプレキャバクラ fairy tale  に逝ってきました〜




「あれが、カードキャプターさくらのさくらでぇ、あれがAIRの観鈴ちん、あれがラビアンローズ、あれは…なんだっけ…」



店内に入ると、目移りするぐらい所狭しといるコスプレイヤーさん。
だけども、おじさんには半分ぐらいわかりませーん(汗


ここは大阪・日本橋恵美須町駅出口そばにあるコスプレコミュニティスペース、略してコスプレキャバクラ「フェアリーテイル」。酒飲みヲタ向きの大人の交流スペースです。

店の近くにはソフマップやらしんばん、メロンブックス。少し離れると、とらのあな、やまんだらけ、ゲーマーズなど物欲をそそる名店でAIRの観鈴ちんDVDを買ったあと、この店でAIRの観鈴ちんとおしゃべりしながら酒を飲むのがこれからの定番コースになりそうな予感…


地下鉄堺筋線恵美須町駅の北側出口を出てすぐ側の階段を上れば紳士の社交場。

なんだか、入店前におまわりさんと従業員が店前で話をしていた光景にびびりながら、「今日、開いてるの?」と一声かけて2階に向かっていよいよ入店。

目の前に広がる50席あまりの店内には、いるわいるわのコスプレさん♪
(冒頭参照)


席についてシステムの紹介を受けてしばらく待つ…


―――解説―――

1時間4500円の飲み放題。
延長は30分刻み。

ただし、フードは別料金で500〜1000円ぐらい。
ヌルいお酒類(カクテルとかー)も別料金なので、ここに来たら水割りでガンガン逝け!
あと、キャスト(女子)のドリンクも当然別料金。みんな、ご馳走してあげてね…

―――解説終―――




『こんにちは〜』




キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!


と握手を求めてきたのは、I"s(アイズ)の衣装を着た某学校を卒業したての○さん。続いて握手を求めてきたのは△さん。(こちらの衣装は失念!)


「おお、ここは握手からはじまるのか〜」(*゚∀゚)=3ハァハァ


とささやかな感動にむせび泣きつつ、キャストにジュースを振舞い、横と正面にキャストを置いて乾杯してトーク開始。
(…そう、同行者もいないので一人で突撃なのです)



○さんも△さんも初めてのようで、タバコを出してもなかなかライターが出てこなかったり、微妙に水割りの作り方がぎこちなかったりするところが、Goo!Goo!GooooooD!


そう、我々、ヲタはこの初々しさを求めているのです!


あまりにも業界スレしたキャストばかりだったら萎えるな〜と思っていたのは杞憂に終わりました。


ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
大丈夫、東京のお店には今のところ中の人では負けてませんよ!


ガッコの話したら、実にガッコ名が良く分かる最寄り駅が出てきたりして和みつつ、興味ジャンルを聞けば、アニメのアレとかゲームのアレとかなかなかに良い感じ。お話のなかでメイド喫茶の話とか出てきたときに某メーカーのメイドゲーの話になって、

「私、実は陵辱系とかが好きなんですよね〜」

とか飢えたオヤジに言った○さんを襲った所で前半戦終了。

※そーいう店でないので襲ってはいけません。


そして、後半戦も1対2。

1対2はいろんな意味大変だぁ…



某所在住のキュアホワイトの□さんと某学校卒業したてのみつき(これが私のご主人様)の◎さんがお相手。

ちなみに、みつきちゃんの方は「いろんな意味、そのままやんけー(w」とネタに出来るので、当たった方はオタノシミに。


先ほどと同じように最初は握手から。しかし!今度のキャストの配置は



左にみつきちゃん


右にキュアホワイト




キタ─wwヘ√レvv〜(°Д°)─wwヘ√レvv〜─ !!



もう、まさに気分はご主人様ですよ、ジャークキングですよ、みなさん!

横に座るキャストがコスしてて、且つ中身を知っているなんて最高ではありませんか!?

…とご気分絶好調な自分は、またしてもキャストにドリンクを振舞って(汗
良いオヤジを演じつつ2回戦。

他愛もないヲタ談義をしつつ気づいたのは、どうも、キュアホワイトさんが地を出せていなさそうな感じだったので、「せっかくだから決め台詞を地元の言葉に総変換しておきなさい。ウケるから」と余計な注文。


すごいキュアホワイトに当たった方、オタノシミに。


みつきちゃんのガッコも、また最寄り駅を聞けばピンとくるところだったりで無駄に盛り上がっていたころ、店内のDVDに種デスが流れたときに、3人とも反応(w

キラ×アスで脳内停止している私は、ややついていけなかったので、次来るときには勉強しておこうと決意したころにお時間。

名残惜しみつつも、今回、延長はあえてせずに1本勝負で終了。



お値段、キャスト4人それぞれにドリンク振舞ってツマミつけて8000円/1h。

※キャストへのドリンクは任意です。特におねだりされることもない…かな。



自分の場合、新地でボトル入れてる安めの店(同じ年齢層がバイトしてるけど、当然ヲタ話は出来ない(汗)に2時間いてそのぐらいだから、まぁキャバとすれば悪くないのではないでしょうか。



つか、自分は気に入った。
同じキャバで遊ぶなら、ヲタ話できるこっちの方が当然良い。


「またくるね〜」


と、キャスト達となぜか名刺を頂いた(汗 店長さんに見送られて階段を下りたのでした。



【雑感】

「果たして東京の店並みのヲタ女子を揃える事ができるのだろうか…」と当初危惧していたのも今のところ大丈夫。
自信を持ってソフマップの紙袋持参で入店できます。中身がエロゲでも全然問題ありません。

お話も、こちらから振ると会話の弾むキャストやガンガン来る(w キャストなど多様そうですが、まぁ、初めての方はお互いの興味ジャンルあたりから会話を始めればいいのではないでしょうか?

写真撮影のサービスもあるようで、専用の背景(wまで用意されていたのですが、今日はポラロイドカメラが間に合わなかったようで残念ながら収穫なし。
ちなみに、この撮影は有料なようですが(価格?)、このお金は指名と同じようにキャストに入れてやって欲しいな…と願います。

あと怖いのは「店側からの指示で、キャストがドリンク注文しまくる」ような状態になってしまった場合は、どんなにヲタキャストを揃えていたとしても確実に客足は落ちるでしょう。一般的なキャバでは指名取り含めて、いろいろ工夫しているのが常ですが、こと支払い額に直結することと、断りきれない客層を狙う同店では致命傷になりかねないかな…と思っております。そういうのは、あくまで自然体のままで…

すこしセコイかもしれないけど、初回半額とかのサービスが無いのもちょい残念。顔見世としては必要だと思うけどなぁ…

また、私の行った時間が遅かったせいか、狙い通り店内は結構余裕があったので、行くなら夜の遅めがいいかもしれません。でも、雰囲気的には、あまり早い時間も満席にはなってなかったのかな…といのが印象です。(違ってたらごめんなさい)

まぁ、ヌキ系とは違う風俗なので、嫌悪感(特に衣装の「中の人」の問題)を示される方もいらっしゃるかもしれませんが、その点は大丈夫そうな気がしますんで、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか…?

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道