2012年02月16日

SNOW MIKU 2012 雪ミククエスト 完全レポート【Web版】

IMG_4045_s.JPG

にっぽんヲタ街道

 〜SNOW MIKU 2012 雪ミククエスト完全攻略〜

2012年2月9日〜11日


さっぽろ雪まつり

雪ミクさんタイアップ企画写真館





池袋駅中央改札前のデジタルサイネージ。
2012式の雪ミクさんが俺達を誘っていた。

IMG_3329_s.JPG

「おいでよ、札幌♪」
「もいわ山へは雪ミク電車で♪」

と。

『ねぇ、マスター。今年も…?』
「無論だ。行かない理由はどこにも無い。」

かくて、私とミクさんは2月9日に機上の人となり、早朝のSKYで新千歳空港へと向かうのであった。

2月9日(木)雪まつり1日目

2年前から続くSNOW MIKUも今回で3回目。年々規模が拡大するとともに、かっぱぎ臭が非道くなってきているが、今年のミクさんタイアップは非道の極みであると思う。
雪像や氷像の展示物と物販、関連イベントの場所がそれぞれ大きく離れており、また、限定アイテムを入手するために各拠点を何度も往復させる非道さ。さらに、各拠点では必ず金を落とせと。

いいかげんにしろ!と思いつつも、高いハードルを設けられると俄然やる気を出すのがヲタの性。平日を含む3日間の滞在の間に、どれだけのSNOW MIKU企画をクリアできるのかチャレンジしてみることにした。

ツイッター上では誰が言い出したのか、この企画をクリアするための動きを「雪ミククエスト」と呼ばれていた。

IMG_3368_s.JPG

新千歳空港では初音ミクの原画家であるKEI氏の「初音ミク」展が開催。等身大のミクさんや各種メディアに使用されたKEI氏のイラストが展示されている。

展示コーナーの中央にたたずむ等身大のミクさんは注目度抜群だ。一般の観光客もミクだミクだと記念撮影してゆく様は本当に認知度が上がったものだなぁと感心させられる。

IMG_3381_s.JPG

『マスター!私も一緒に!』
ということなので、同行のミクさんと1枚ぱちり。

2階の吹き抜けのセンタープラザに配置された「初音ミク」展は新千歳空港のメインとなる空間で、最も注目を集める場所である。展示コーナーから周囲に目をやれば、新千歳空港限定の「北海道フィギュアみやげ特設コーナー」があり、雪ミクさんを含む北海道名物・名所のコレクションフィギュアのガチャ機が立ち並ぶ。

IMG_3375_s.JPG

また、吹き抜けから上部フロアへ向かうエスカレータ上には4階のイベントスペース等で開催されているSNOW MIKU 2012イベントの告知サインが人々を上階へと誘い込む。

IMG_3361_s.JPG

4階にはイベントスペースだけでなく、雪ミクタイアップしたゲーセンやじゃがぽっくるシアター、アニメイトなど、昨年のノルベサで開催されたイベントイメージでの企画が随所で行われており、柱巻き広告などは雪ミクさん一色だ。

IMG_3459_s.JPG

IMG_3389_s.JPG

まずは、アニメイト新千歳空港店でアニメイト限定の雪ミクアイテムを回収することにした。

IMG_3416_s.JPG

だが、困ったことに4種ある限定アイテムのうち、3種はすでに完売していたのだった…
品切れ分はいつごろ再入荷するのですか?と問えば12日ごろになるのとこと…クソが(笑)
おいおい、雪まつりはこれからなのに品切れさすなよと思いながらも無いものは無いのであきらめることに。

IMG_3426_s.JPG

一方、じゃがポックルシアターではセガの限定アイテムが物販中だ。だが、これもいやらしいことに、一部アイテムだけは11日〜12日日程でのみ販売されるという。ひとまず、現在未発売のものは後に通販可能な先行商品であるので納得して、セガ限定雪ミクアイテムの回収を行った。

IMG_3503_s.JPG

同フロアのゲーセンでは、全国先行の雪ミクプライズを提供中。雪ミクコスのお姉さんが呼び込み…とTL上や2chの実況スレに流れていたが、平日の午前中であったためか、残念なことに見かけることはできなかった。

IMG_3428_s.JPG

新千歳空港の4階は、人の回遊の少ないフロアのようで、フロアを比較的自由に使用してSNOW MIKUを盛り上げようとしている。2012型雪ミクさんの巨大グラフィグやトリコロールエアラインの巨大グラフィグなどが鎮座しており、その可愛さと威圧感は相当なものであった。

IMG_3481_s.JPG

4階イベントスペースでは、初音ミク海外ライブの上映会や新作ゲームの試遊会、着ぐるみ触れ合いコーナーなどのイベントが計画されているが、いづれも土日のみであり、私が訪れた平日は、ぬり絵コーナーや初音ミクアイテムの展示コーナー、先行ガチャなど寂しい展示がポツポツと存在するだけであった。

IMG_3515_s.JPG

IMG_3472_s.JPG

IMG_3467_s.JPG

同行のリアル嫁がぬり絵コーナーで楽しんでいたので、その間にミクさんと展示をぶらぶらと見て回る…しかし、どうにも企画が少なすぎて盛り上がりに欠ける。イベントを土日にまとめることは反対ではないが、その他の期間についても、もう少し工夫して欲しかったと思うかぎりだ。

IMG_3477_s.JPG

『あれ?マスター!私の写真があるよ…?』

いやいや、それは同じ格好をしているけど別なミクさんだよ…と言おうとしたときに我が目を疑った。
マジで私が撮影した、このミクさんの写真がパネルになって展示されている…(汗)

なんでか?と思い、私の写真や周囲の写真を見てみると、なるほど、昨年の同時期に開催されたワンダーフェスティバルでグッドスマイルカンパニーがフォトコンテストを開催して、そのときに入選された写真をいくつかチョイスしてパネル展示を行っていたのだ。
公式イベントで使用されることは喜ばしいことだが、事後でもいいから教えてくれると嬉しいものだが。

IMG_3520_s.JPG

ここまで新千歳空港を堪能しておよそ3時間。そろそろ、札幌市内に向かって、次なるイベントを攻略しなければならない。快速エアポートに乗車して、空港内の根室花まるで調達した海鮮丼を食べつつ札幌市内の滞在ホテルを目指すのであった。

札幌市内に入って行うこと。それはコンビニ巡りである。

今回のSNOW MIKU2012の企画の一つに、ファミリーマートタイアップがあるのだ。特定の店舗で販売されているファミマ限定アイテムを回収しつつ、14時から20時の間に1店舗で839円以上のお買い物をすると、その店だけの限定雪ミクポストカードがもらえるというものだ。また、ファミマの店舗自体も雪ミク仕様になっているということから、これは全店コンプリートしなければならない。

そんな妙な使命感をもとに、滞在ホテルに近い店舗から攻略して行くのだった。対象は中央区内のファミマ4店舗。歩き+公共交通機関でも回れるのだが、回収したポストカードは、サッポロファクトリーという市内中心部から外れたショッピングセンターに持参して19時までなら「ミクミクガラポン」というくじ引きイベントに参加できるということであるため、最速で4店舗回収およびサッポロファクトリーへ向かうべく、タクシーをフル活用してコンビニ4店舗巡りを行うのであった。
結果的に、時間としては1時間で4店舗制覇できたので効率は非常に良かったと思われる。

IMG_3536_s.JPG

IMG_3530_s.JPG

狸小路6丁目店

IMG_3553_s.JPG

IMG_3543_s.JPG

北2条店

IMG_3566_s.JPG

IMG_3562_s.JPG

南5条東店

IMG_3569_s.JPG

すすきの南8条店

IMG_4187_s.JPG

各店でファミマ限定アイテムを中心に839円以上のお布施を行いつつ、個店限定のポストカードを回収する。対応が良くノリも良いお店もあれば、押し寄せるヲタにうんざりしている店員が目立つ店舗までさまざまだ。

IMG_3549_s.JPG
※ノリの良いお店の一例

貸し切りタクシーの運転手に苦笑されながらもタイアップ全店を制覇してサッポロファクトリーの「ミクミクガラポン」へ向かう。

IMG_3578_s.JPG

IMG_3595_s.JPG

広大なショッピングセンターの一角にSNOW MIKUコーナーがあった。前回のノルベサと比較すると、全館規模!という派手さは無かったものの、建物内の目立つ位置にSNOW MIKUのポスター掲示などを行っていたり館内の巨大スクリーンでグーグルタイアップのCMを流すなどしていたため、そこそこに認知はあったのだろうと思われる。

IMG_3588_s.JPG

ポストカードは5枚あるので、ガラポンを5回まわす。

IMG_3582_s.JPG

…まぁ、当たらんわなぁ(汗)
実際、当りでもらえる賞品はミクにまつわるグッズセットなどだが、いづれも過去に配布されていたものばかりで、限定色は皆無である。これならハズレで貰える限定クリアファイルの方がいくらか良い。

IMG_4187_ss.JPG

5枚のクリアファイルを受け取りつつ、1人に1枚、新千歳空港で受け取れるKEI氏の描く雪ミククリアファイルの引換券を渡された。

IMG_4195_ss.JPG

『ねぇ、マスター?新千歳空港での引き換え時間は17時までって書いてあるけど…』
「ああ、俺たちの帰りの飛行機は21時だから到底間に合わない。面倒くさいが、クリアファイルの引き換えだけのために、もう一度、新千歳空港を往復しないといけないのだ」

そう。今回の企画の非道なところは、このような無駄な移動を何度も強いられることだ。
せめて引き換え時間を空港の閉鎖時間まで行ってくれたらと思うが、中途半端な時間に締め切られると、帰りに立ち寄って引き換え…などできるはずもない。

結果、北海道でミク以外の名所や味覚などを楽しもうとしていた時間を削ることになるのだ。
北海道経済などクソくらえ!オレたちが潤えばどうでもいいわ!としか思えない今回の企画については、全体をコーディネイトしたメンバーに対して正直なところ猛省を促したいものである。

文句言うなら行かない自由もあるじゃんって?
何を言うか。ハードルが高ければ高いほどミク廃は(以下略

IMG_3587_ss.JPG

ぬいぐるみの整理券、ありますよ〜!!
とガラポンのそばで配布していたスタッフに呼び止められる。

実はファミマ限定アイテムには、本日回収した4種のほかに、昨日8日に配布された整理券持参者のみに販売する雪ミクぬいぐるみ2種も存在したのだ。これについては欲しかったものの、この場所で8日配布であることと、それぞれ限定150枚、限定400枚とのことであり、すっかり諦めていた。

このアイテムの整理券が翌日の夕方でも余っていたのだ。

IMG_3609_ss.JPG

驚きつつも、受け取り店舗指定型の整理券をありがたく受け取った。しかし、この方式は失敗だったのだろう。後日知ったが結果的にはだいぶ余らせてしまったようだ…何度も同じ場所への移動を強いることはヲタからもムダと思われ、もう買わないという判断になってしまった模様である。

IMG_3605_ss.JPG

ファクトリーでのガラポンを無事に済ませてクリアファイルと新千歳空港での引き換え金を貰ったあとは、のんびりと札幌のヲタ街を巡る。アニメイト札幌店でも、新千歳空港で完売していたアニメイト限定アイテムを確認したが、やはり完売となっていた。

だが、予約受付可能という表示があり、予約したらいつごろ手に入るのかと問えば12日だという。帰途につくのが11日であるので、ここでも断念か…と気落ちしていたときに、店員氏から神の一言が。

「送料は頂くのですが、入荷次第で宅配させていただきますよ?」

なんと!後日オクで落とすしかないと思われていたアイテムが、定価で送られてくるとは!
送料など屁でもなく、ただただ店員氏に感謝して、宅配の伝票を書いて到着を待ちわびるのであった。アニメイトGJ!
…と言いたいが、そもそも配分を間違えて初日完売させてしまったことが原因だから、なんともいえないか。

退店することには日もすっかり落ちてしまっていた。この時間になって、ようやく雪像ミクさんを見に行くこととなる。

952575.jpg

952573.jpg

ところが、前日に大きなニュースとなったが、クリプトン公式の雪ミクさんの雪像は崩壊してけが人を出すまでの事件になっていたのだ。ああ、今年の雪像はこれまでか!と思っていたところ、公式発表で、11日(土)の未明には代替雪像を完成させる!というアナウンスが。

これは嬉しいニュースだと思いつつも、実は過去2回の雪まつり共に、非公式の初音ミク雪像が存在していたのであった。2回とも札幌市内のアニメ系専門学校、代々木アニメーション学院札幌校の有志が制作する市民雪像で、私もミクさんと何度も足を運んだものだ。

今回は同校ではなく、札幌放送芸術専門学校の有志が制作したミクさんの雪像があるので会いに行くことにした。

IMG_3620_ss.JPG

10丁目開場の一等地にある同校の雪像は注目度抜群。大雪像に向かうまでの導線上にあることと、崩壊事件の余波で「初音ミク」自体の注目度が上がったせいか、黒山の人だかりだ。

『わ、マスター!今年も私がいるねっ!』

ミクさんは嬉しそうである。里帰りができたことと、自分の雪像が存在することの両方が嬉しいのだろう。笑顔で雪像を見つめていると

「あ!ミクちゃんだ!!」

ちょうど夜間ということもあり、同校の有志がメンテナンス作業中であったが、目ざとく我が家のミクさんを見つけて、あれよあれよと言う間にコラボ撮影を行うことに。

「ここに乗るかな…?乗った!」

IMG_3621_ss.JPG

なんと、雪像ミクさんのこぶしに我が家のミクさんを招いてくれたではありませんか!
同校の生徒さんや先生も参加して、プチ撮影会状態に(笑)
我が家のミクさんも嬉しそうに被写体でおさまっておりました。

さて、今年はもう1つ非公式の雪像ミクさんが存在している。

崩壊した公式雪像ミクさんと同じ6丁目会場に、平岸高校枠という中雪像のスペースがあり、過去は「生徒会の一存」という作品で注目を集めた学校だ。今回は中雪像は別途用意して、そのスペースの片隅に雪像ミクさんを制作して展示しているのだ。

IMG_3630_ss.JPG

こちらもまた大変な注目を集めている。道行く人の多くがミクだミクだと撮影してゆく。しかし、この場所の雪像ミクさんが、崩壊した雪像ミクさんを復活させたものだと誤解している人が多数いたことだ。とはいえ、ミクさん自身の知名度は、この2年で数倍にも膨れ上がっており、ご当地出身キャラとして大事に育てていって欲しいものである。

IMG_3634_ss.JPG

そして、次に訪ねたのは…跡地である。台座すら解体されてしまった跡地はただの雪塊の山だ。
ミクさんとともに静かに合掌。

IMG_3628_ss.JPG

この雪柱は…新たな雪像ミクさんの建築現場である。しかし、9日の夜時点で雪柱の状態だけど、これって11日の公開に間に合うの?


到着から半日以上駆け回ってようやくホテルに逃げ込める。本当に今回はミクさんに関連するイベントに振り回されるだけの旅路になりそうだ。我が家のミクさんに申し訳なく思いながら、せめて自由時間となる夜間帯には北の味覚を満喫だけはしてもらおう…

IMG_3656_ss.JPG


2月10日(金)雪まつり2日目

IMG_3682_s.JPG

雪ミク電車の運行時間は札幌市の市営交通サイトに掲載されており、1日に7往復が運行されている。日中はベストポジションで撮影できないだろうと考え、早朝に滞在ホテル最寄の西4丁目停留所付近で走行シーンを狙おうと、7時40分ごろに到着する雪ミク電車を待つ。

待つ…が来ない(汗)

5分が過ぎ、10分が過ぎても来ない(汗)

これは定期点検にでも入っているのかな、と電車事業所へ電話で問い合わせてみると、雪ミク電車の運行確認はしょっちゅうあるのか、手馴れた様子で現在は検査中で通常電車で運行を行っていることと、10時ごろの検査で問題がなければ昼からのダイヤで運行することを説明される。問合せに対する対応の良さに感動。

そんなわけで早起きしたのに雪ミク電車撮影がポシャったので、ミクさん関係の雪像撮影をぼちぼちと進めることに。

IMG_3679_s.JPG

IMG_3696_s.JPG

IMG_3723_s.JPG

そういえば昨晩はただの雪柱だった新たな雪像ミクさんの建築現場では大きな動きが。

IMG_3741_s.JPG

おおおお!なにやら輪郭が削りだされて制作が進んでいる!
だが、本当に明日の朝までに間に合うのだろうか…?

IMG_3749_s.JPG

IMG_3788_s.JPG

今日は札幌−千歳の往復があるのでレンタカーを借りることに。
ついでに札幌市内の名所をぶらぶらして撮影…

お昼過ぎに新千歳空港へ向かう。滞在予定時間はわずか10分だ。

昨日の「ミクミクガラポン」で渡されたKEI氏の描く雪ミククリアファイルを受け取るためだけだ。
新千歳空港の一時乗降場に車を止めて往復5分で引き換えに向かう。本気で無駄な動きをさせるなと思いつつ、実は私の場合はこのクリアファイル受け取り以外にも千歳へ向かう用事があったのだ。

IMG_3793_s.JPG

北海道の回転寿司はパねぇ!ってことで、千歳市内で有名な回転寿司へ…
いや、これが目的ではないのだ(汗)

IMG_4183_s.JPG

今回のSNOW MIKU2012の企画として「オフィシャルツアー」なるものが開催されている。これは、1000名限定で1月中旬に募集開始され、ホテルの宿泊と宿泊者限定グッズの提供、さらに限定アイテム物販での優先購入権が付与されるという代物だ。

指定ホテルは10数件あり、雪まつり会場に近く高いホテルから、遠いが安いホテルまでさまざまである。
私は11月時点ですでに航空券やホテルを抑えていたので、ツアーに参加する意味は宿泊者限定グッズと優先購入権だけだったのだが、遠路はるばる北海道へ向かい、雪ミクさんねんどろ等の限定グッズが入手できなかったときのリスクを考えて、掛け捨てとしてツアーに申し込んでおく判断としたのだった。そのため、オフィシャルツアーとして利用できる最も安価なホテル、ルートイン千歳駅前を予約しており、千歳に来たついでに宿泊者限定グッズの受け取りと、チェックインは行うものの宿泊をしないという宣言をするためにフロントまでやってきたのだ。

ホテル側も想定していたのか、特に不審に思われることも無くグッズだけを受け取りチェックイン&即チェックアウト(笑)。我ながらバカなことやってるなと思う(笑)

千歳の用事を片付けて、車は再び札幌市内のサッポロファクトリーへ。
16時から、明日の限定アイテム物販コーナーの入場整理券が配布されるのだ。

IMG_3800_s.JPG

15時半にサッポロファクトリー到着。配布場所の建物を一周してもなお収まりきらない行列は、配布場所から1ブロック離れた場所にも行列を作ってなお収まりきらない状態だ。

昨年も同じような整理券配布を平日に行ったが、明らかに整理券配布希望者が増加している。

整理券は1500枚の配布となっており、皆が狙うアイテムは、ねんどろいど雪ミク2012だ。これは先着1200個限定となっている。すなわち、整理券ナンバーが1200番までに入れば購入確定。それ以後の番号は先に未購入者が出ない限り入手できないという計算になるのだ。

行列の最後尾を受け持つイベントスタッフに問えば、15時半でおおよそ1200人ぐらいの行列とのこと。ギリギリである。確かにオフィシャルツアー優先購入権を受け取っているが、雪ミクさん2012は遊び倒す予定なので1体では心もとない。最低2体は確保しなければ不安である。そのために並びにやってきた。しかし、まさか屋外でずっと並ばされるとは…昨年はビル内でヌクヌクだったのとは雲泥の差だ。

氷点下7度を示して凍え死にそうな中、16時に整理券配布開始。

…配布ペースが遅い。遅すぎる。

10分経っても、30分経っても、この周辺は動かない。配布場所の先頭を見てみると、何十秒もかかって1人が動くといった有様だ。全く紙切れ1枚の配布に何をやっているのか。
凍えそうになりながら1時間半を耐えて整理券を受け取る。1100番台でねんどろいど雪ミク2012の入手は確定する。やった!

18時ごろに1日の動きを共にしたレンタカーを返し終え、ホテルへ帰還。

IMG_3810_s.JPG

テレビニュースでは「初音ミク、観光客誘致にひと役」というテーマで、今回のSNOW MIKU2012を特集していた。

IMG_3826_s.JPG

夕食を取りついでに「すすきの氷の祭典」会場へ向かう。雪まつり会場に近い繁華街で、氷像まつりを行っているのだ。ここでも昨年同様にクリプトン公式のボーカロイド氷像が展示されている。

IMG_3836_s.JPG

『今年は私だけじゃなくて、リンちゃんやレン君もいるね!』

そう、昨年はミクさん1人だけだったのが、今年はミクさんとリンちゃん、レン君の3人が並んでいる。展示場所も入口に近いあいかわらずの超一等地だ。

昨年と違って、氷付けのねんどりおど雪ミクさんのモニュメントなどは無いが、3人がならんでイメージカラーの光を当てられた氷像は圧巻だ。

IMG_3841_s.JPG

ここでもミクさんの知名度は高く、道行く一般人がみな、口々にミクだミクだといいながら撮影をしてゆくさまは、なぜか嬉し恥ずかしい。

IMG_3875_s.JPG

3人の氷像と別れて、我が家のミクさんとともに北海道ならと、毛がに様を堪能して一日を終えるのであった…

IMG_3890_s.JPG

あ、帰りの道中でファミマでタイアップお弁当を買って行ったよ。
あまり美味しくないらしいけど(汗)


2月11日(土)雪まつり3日目

北海道滞在の最終日。昨日のリベンジで早朝から雪ミク電車の撮影に向かう。

IMG_3955_s.JPG

IMG_3905_s.JPG

うん。今日はバッチリだ。昨年はハーフラッピングであったのが、今年はフルラッピング車両。
外観のすべてがみっくみくにされていて実に可愛らしい。

IMG_3947_s.JPG

今日は土曜日ということもあり同業者が多数いる。雪みく電車の始発に乗車するとヲタばかりだ(笑)
思い思いに車内を撮影しつつ、全線50分の電車旅を堪能する。

車内アナウンスのボイスはミクの中の人、藤田咲さん。あいかわらずミクっぽくない(笑)

IMG_3925_s.JPG

IMG_3932_s.JPG

IMG_3933_s.JPG

IMG_3934_s.JPG

雪ミク電車の歴史や初音ミクについての説明、ボカロファミリーのマンガによる車内マナー啓発広告など、見るに楽しいコンテンツも盛りだくさんな雪ミク電車だった。

IMG_3965_s.JPG

すすきの駅の柱巻き広告に登場する格好良いミクさん。
ボードにのって颯爽と滑る様のミクさんも実にステキだ…

これは、同日開催のTOYOTA BIG AIRというスノボの競技イベントの告知広告で、こんなところでもミクさんはコラボしているのである。

IMG_3897_s.JPG

今日の復活をめざして、制作を進めていたNEW雪像ミクさんは…完成間近!

IMG_4069_s.JPG

公式売店で販売する雪像ポストカードに、こんなPOPを付けてネタにされていたミクさんも面目が立つことでしょう(笑)

さて、9時を回ったので限定アイテムの物販が行われるサッポロファクトリーホールへ向かう。オフィシャルツアー参加者向けの先行物販時間は9時半から10時までの30分。最大で500人ぐらいのツアー参加者が終結するので、どのような物販の人さばきをするのだろうと期待して開店を待つ。

先頭から40人目に位置して、9時半に物販のホールへ招き入れられる。

IMG_3971_s.JPG

なんか、ホール内で1列に並べられて、とんでもない鈍足で物販が進められる。
初めに1人ずつ、ねんどろいど雪ミクさん2012他の販売コーナへ招き入れられ、4つの窓口でのんびり購入。その後は、別場所の郵便局とJR北海道の物販に任意で並ぶといった進行だ。

こんな方式で、本当に1500人を裁けるのか?
9時半にスタートして、40番目の自分が10時ごろの購入だぜ?

IMG_3983_s.JPG

なんとも今後に不安の残る物販を先行時間に終わらせ、名物の味噌ラーメンで昼食。

IMG_3989_s.JPG

昼食後に再び物販のホールへ舞い戻り、整理券ナンバー1100番の指定集合時間13時に行列に並ぶ。同じように鈍足な物販で待たされて1時間半でようやく購入完了。

来年はもうちょっと改善すべきだろう…(汗)

IMG_3999_s.JPG

立ちっぱなし1時間半で疲れた足を引きずりながら、最後に時計台を回る。
ここでは良い感じの写真が取れるのでいつもお気に入りの場所なのだ。

IMG_4042_s.JPG

IMG_4072_s.JPG

新しい雪ミクさんと雪まつり会場を巡る。
いよいよ、急造した雪像ミクさんとのご対面だ。

IMG_4044_s.JPG

『なんとか間に合いましたね!』

ということで、わずか1日で完成させた新生雪像ミクさんが完成です!
なんだか目が怖いですが、それでも間に合わせてくれた職人さんたちに感謝!

他の観光客もヲタ以上に注目して大盛り上がりで撮影してゆく。

IMG_4040_s.JPG

そして、雪まつり期間唯一の土曜日は会場全体が人であふれている。非公式雪像ミクさんも黒山の人だかりだ。

雪まつり最後の、そして唯一の土日となって盛り上がってきた。

IMG_4091_s.JPG

11丁目会場のステージでは、リンちゃん&レン君の中の人やMEIKOさんの中の人のステージイベントで盛り上がり、ここにきてやっと「ミク祭り」らしくなってきた。

今年のSNOW MIKUは大資本や各企業の思惑が入りすぎて、昨年までの気軽に遊べる「ミク祭り」といった固定の会場がなく、すべてにおいてバラバラな印象を受ける企画やイベントが多かったと強く感じている。

だが、なんだかんだ言っても、ミクさんに踊らされる自分を楽しんでいるうちは、来年もまたSNOW MIKUを探訪し、昔は良かったと文句の1つもいいながら札幌を駆け回っているのだろう(笑)

札幌市とシティプロモーション協定を結んで、地元でどのような活躍をするのかと期待していたが、結局は大人の思惑だけに翻弄されたミクさん。

このようなミクさんだけを追いかけさせ続ける企画やイベントを連発してしまうと、初めて北海道に来たヲタはどのような印象を持つのだろうか。北海道という土地を満喫し、ミクさんが居なくてもリピータとなりうるだけの思い出を得ることが出来たのだろうか?

最後に1枚の写真と企画を紹介したい。

IMG_4082_s.JPG

「市電DEもいわスタンプラリー」という企画が雪まつり期間を含む4ヶ月もの間、ひっそりと開催されているのをご存知だろうか。
昨年から雪ミク電車などの運行で尽力されている札幌市のとある部局さんが企画したものだ。

雪ミク電車をあしらったスタンプ台紙を無料で配布して、市電で移動できるエリアをスタンプラリーとして巡り、一定数集めるとプレゼント(一部はミクさんに関連する通常商品)が貰えるシンプルな企画だ。

IMG_4180_s.JPG

これは、小学生限定の企画であることと、ミクさんに関連するレアなアイテムを配布するものではないイベントであるので、地元の家族連れ向けを想定いているのであろう。

事前準備も不要。
交通費以外の費用も不要。
余計な行列も不要。
何度も同じ場所へ無意味に移動を強いることも不要。

ふらりと台紙を受け取って、札幌市営交通を利用しながら途中下車してスタンプを集め、リニューアルしたもいわ山へ誘う…ただそれだけのイベントだ。

そんなイベントのシンボルキャラとして、雪ミクさんともいわ山イメージキャラ「もーりす」が活用されている。

地元の子どもたちや親御さんにとって、ミクさんを身近に感じることができたイベントは、今年のSNOW MIKU2012の中ではいったい何だったのだろうか?

店舗&時間限定のファミリーマートの物販?
平日の日中に整理券取得を強いる限定アイテム?
札幌から遠く離れた千歳空港内で開催されたイベント?

それとも、長期に渡り地道に開催している雪ミク電車運行とスタンプラリー?




=== 宣 伝 ===

SNOW MIKU 2012 雪ミククエスト 完全レポートにつきましては、もっと多くの写真やネタを用意しております。当サークル発行の「ミクといっしょに"旅"しよう第9章」にて大特集を予定しておりますので、興味のある方は、ぜひ、同人誌イベントでご覧下さい。


<発行予定>
『ミクといっしょに"旅"しよう第9章』
B5 オフセット オールカラー 24P 頒価500円 2012年4月発行

4月30日(月)
『Comic1☆6』
in東京ビッグサイト
http://www.comic1.jp/
HI-TECH CARROT にて頒布開始!



なお、過去のさっぽろミクまつりにも興味のある方は、以下の既刊をどうぞ


■2010年 さっぽろミクまつり■

『ミクといっしょに"旅"しよう総集編B-C』
A4 オフセット オールカラー 28P 頒価800円 2012年2月発行

mtabi3_4(01-28).jpg

2010年はこちらの第3章で特集しています。

第3章の詳細はこちら
第4章の詳細はこちら


■SNOW MIKU for SAPPORO2011■

『ミクといっしょに"旅"しよう第6章』
B5 オフセット オールカラー 24P 頒価500円 2011年5月発行

tabi6_1.jpg

2011年はこちらの第6章で特集しています。

この本の詳細はこちら


<以後のイベント参加予定>
3月25日(日)
ボカロonlyイベント『VOCALOID PARADISE 関西』
in京都みやこめっせ
http://vo-para.birdzberth.com/
HI-TECH CARROT

4月30日(月)
『Comic1☆6』
in東京ビッグサイト
http://www.comic1.jp/

5月3日(木)
ふたば学園祭7
in大田区産業プラザPio
http://futaba-only.net/
HI-TECH CARROT

6月3日(日)
ComicCommunication 16
in インテックス大阪
http://www.e-comicomi.com/
HI-TECH CARROT
posted by 佳由樹 at 13:00 | Comment(1) | にっぽんヲタ街道

2010年03月12日

同人誌公開〜皆既日食2009in奄美大島〜ミクと見てきた皆既日食〜




にっぽんヲタ街道(同人誌公開)
皆既日食2009in奄美大島〜ミクと見てきた皆既日食〜


↑↑リンク先、同人誌40ページ公開中。サイズ10Mにつき注意!!↑↑


「今世紀最大の天体ショウが日本で体験できるんだよ」

2009年5月のある日、私に机上のミクが訴えかけてきた。

なるほど、7月22日に鹿児島県の離島の一部では、皆既日食が体験できるという。次の日本領土での皆既日食は数十年後ということなので、その頃にはミクは旧世代の骨董的価値のあるボーカロイドとなっていることだろう。

とすれば、ミクといっしょに天体観測をするチャンスは今回しかない!
そう思った私は、ミクにぜひとも皆既日食を見せてやりたいと思い、旅立つことにした。

2009年7月22日、島へ。



そんな、ミクといっしょに奄美大島へ皆既日食を見に行ってきたレポート同人誌です。もう再販の予定はありませんので、ここで40ページのすべてを公開させて頂きます。

※リンク先は画像ばかりの10Mぐらいありますのでご注意!また、同人誌公開にリンク頂ける方は、トップページもしくはここの3/12の日記に対してお願いします。
posted by 佳由樹 at 01:08 | にっぽんヲタ街道

2009年11月11日

同人誌公開〜うみねこのなく街へ〜



にっぽんヲタ街道

同人誌公開





 〜うみねこのく街へ〜





うみねこのなく頃に

舞台探訪写真館







































posted by 佳由樹 at 09:37 | にっぽんヲタ街道

2009年09月23日

第1回旧豊郷小学校けいおんがく!ライブ

P1000657.jpg

第1回旧豊郷小学校けいおんがく!ライブレポート

2009年9月21日(月) 滋賀県・旧豊郷小学校校舎


mixiで、けいおん!に登場する桜高のモデルとなった滋賀県の旧豊郷小学校校舎・講堂で、けいおんがく!のライブを行うイベントのコミュが立ったころ、ウチは同人誌作業に追われておりました。

『あ、なんか面白そうなの企画してる。舞台探訪ついでに行ってみたいなぁ…』

そんなことを思いながらも新刊作業の忙しさに忙殺されて、申込(参加表明)とかすっかり忘れてしまってました。

8月末ごろだったか、再び思い出した頃には、すでに満了キャンセル待ちっぽい書き込みが…

一方、同時期に思い立ったのが、9月末の名古屋で開催される、けいおん!only同人誌イベント

コイツに申し込む時に、どうせ名古屋まで行くなら、誰か合体できるサークル誘おうかと白羽の矢を立てたのがイエローラビットの梨乃さん。

『名古屋のイベント、合体でサークル参加しね?』
「ok。行こう。ところで、けいおん!のライブイベント知ってるか?」


なんか思わぬ所からのライブイベント情報。
行こうと思ってたけど、チケ申込に出遅れたんだと話したら、梨乃さん、結構な若番で申し込み権利を持ってた模様で、ついでにウチのも申し込んでもらって、当初から行く予定だった優姫さんと合わせて3人で聖地でのけいおんがく!ライブに向かうこととなりました。

のんびりと現地着を考えていたのですが、梨乃さんはさわちゃん先生(=デスデビル第2形態)、優姫さんはED律ちゃんのコップレして参加するそうで、ちょっと早めに大阪市内を出発することにして当日にのぞみます。

さて、出発当日の朝7時、梨乃さんとこに迎えに行ったら

「40分ぐらいに律ちゃんが、今起きたとか言ってた…」

との報告が。


…お前は合宿前の唯かw


なんかリアルに軽音部の合宿当日を感じながら、7時半すぎになんとか大阪市内出発。

爆混みの名神高速を豊中IC〜八日市IC〜豊郷町まで4時間かかって。11時半ごろに現地着。予定よりも1時間半も遅れてるよ↓↓

P1010504.jpg

痛車がたくさんいる駐車場に痛くないと思われる律車を止めて、まずは校舎の見学に向かう…

P1000657.jpg

『わ…桜高の本物だぁ…』

なんか感慨深いものを感じながら、ライブ入場が始まるまでの2時間を、せっかくの舞台探訪だからということでイロイロと写真を撮って歩きます。

P1000668.jpg
部室に向かう階段に…

P1000674.jpg
律ちゃんが新入部員を待っていた音楽室。

P1000768.jpg
桜高祭でライブやった講堂。

P1000785.jpg
そして講堂の中。

元は小学校校舎だったせいか、思ったよりも小さい印象がありますね。

建物内の細かいディティールや部室の中も。だいたいそのまんまで…

P1000720.jpg
カオスってますが、部室の黒板に

P1000670.jpg
4人の机。小物付き。

P1000740.jpg
階段の「うさぎとかめ」

P1000771.jpg
古めかしい廊下。

P1000828.jpg
校長先生。

P1000729.jpg
そうそう、律ちゃんの机の中には、ちゃんと、くしゃくしゃになったまま放置されてた「部活申請用紙」もありましたよw

P1000689.jpg

なんか、こう、普通に、ひとまわり小さい桜高がココにあるという感じで、普通に見学しても、コップレの撮影会場に使っても良い感じの場所でした。

こんな感じで、好き放題ウチが写真を撮ってたころ、同行のさわちゃん先生と律ちゃんは至る所で撮影攻めにあってたようで…w
イベントの参加者だけでなく、地元の商工会青年部メンバーも嬉しがって撮りまくってたのは公然の秘密だw
ちなみに買収額は大盛りカレーライス。ごちそうさまでした。


まぁ、ウチも身内と、その身内の友達、現地でお願いした方などに協力してもらって、リアル桜高の風景写真をいくつか撮らせてもらいましたよ。

P1000710.jpg
校長先生に喧嘩売ってるデスデビル(=さわちゃん先生)

P1000713.jpg
部室に向かう澪さん。

P1000722.jpg
部室内の日常の1コマ。

P1000796.jpg
3人は仲良し!ゆりゆり。

P1000801.jpg
ライブ前の3人…イメージ。

P1000704.jpg

他にも集合で、一人で、参加されてたコップレさんに色々なカットを撮らせていただいたのですが、当人以外が全体公開するものでもないので、代表的な写真だけ紹介します。

しかし、無念だったのは、ライブってことで荷物を極限まで減らしていくために1眼諦めてコンデジで撮影してたこと…モデルのコップレさんが皆、可愛い方ばかりだったので、悔しいったらりゃしない。

なんか、さわちゃん先生が運営さんメンバー(地元の方)に確認したところ、通常日でもコップレ撮影はOKらしいので、何かしらの手続き踏んでから、後日、ロケやってやろうと思った次第。


ここまでは、普通の舞台探訪レポートですね。
ここからは、けいおんがく!ライブイベントのレポートをば。

まずは小学校敷地内にですが、地元の商工会青年部の方が中心となって、飲食や地モノ品の物販をされていらっしゃいました。

P1000788.jpg

うどんにカレーに、フランクフルトなどの軽食屋台がありまして、アバウトな大盛り加減を武器に、全国から集まってきたファンとの交流を楽しまれておりました。

P1000823.jpg

また、図書館内には、有志ボランティア運営による、けいおん!カフェも実施されているなど、嬉しいぐらいの地元公益団体(←ここ重要)さんの協力が得られているイベントだったなぁと思います。

ライブは、当初予定では13時半開場14時スタートだったのですが、JRなどの列車遅延により30分遅れでプログラムが進行。

MCさんがけいおんをあまり知らない?ようで、gdgdになる懸念もありましたが、場内をうまく拾ってセーフだったのですが、ライブハウスのヲタ曲イベントでなくて、せっかくの聖地ライブだったから、もちょっとブレーンさんがネタを仕込んであげた方が良かったのかな?と思ったり。

マイミクさんがセトリを書かれていたので、そのまま転載しつつ、それぞれのバンドさんの印象を書いたりしてますが、音楽やバンドさんに造詣深くないウチですので、さらっと;

<fleur>
Cagayake!GIRLS
恋は戦争
Girly Storm 疾走 Stick
キラ☆キラ
じゃじゃ馬Way To Go

えと…このバンドさんは小梅あずにゃんが反則でしたw
外や中で写真撮らせてもらって感謝。


<魅狐>
superdriver
私の恋はホッチキス
HeartGoesBoon!!
メルト
レッツゴー

ED澪さんとメイドさんに釘付け…だったのですが、個人的にはゴスロリだったら…さらに萌え死んでた

(20分休憩)

<放課後Barタイム>
Joint
さくらんぼキッス
God Knows
ギー太に首ったけ
ふでぺんぼーるぺん

大人の魅力…ウチの世代的にはいちばんしっくりきた感じ。


<CRASHFISHBATH>
カレーのちライス
翼をください
ふわふわ時間
(アンコール)
Don't say "lazy"

メンバーのアピールや技量含めて、一番すげって思いました。ふわふわと"lazy"は逆にした方が良かったのかも。。。


4バンド19曲のステージが、リアル桜高講堂で繰り広げられていて、最初は遠慮気味だった参加者も、最後ぼバンドさんの頃には総立ちで盛り上がっている素晴らしい絵となりました。

まぁ、総立ち…については、ギリギリまで禁則事項になってたので、仕方なかったのですけどね;

けいおん曲だけのステージで間が持つのかな?とも思ってましたが、うまくネットなんかで盛り上がってる曲を混ぜるなどしてましたね。ウチは全曲知ってたので十分に楽しめましたよ。


17時半に全行程が終了。

『たぶんステージでもコップレ撮影させてくれると思うよ〜』

とか身内に言ってたので、最後まで講堂に残って、ちょりっと撮影させてもらったりで、最後まで遊ばしてもらって運営さんには大感謝。

帰りには、図書館内でOPENしてた、けいおん!カフェのケーキや地元特産品の売店も、屋外に出張販売してたり、カレーで余ったご飯をおにぎりにして販売してたり、なかなかの意気込みに嬉しくなって、すこしだけ協力。

本当に参加者も運営さんも楽しく遊ぶことができたイベントだったと思います。第2回があれば、また、ぜひとも参加させて頂きたいものです。




と、イベントレポートはここまで。





あとは引きこもりのキモヲタなウチからの雑感。
タイトルはそうですね…”アニメで町おこし”ぐらいでしょうか。

とてもとてもオープンな舞台探訪ができる、ここ、旧豊郷小学校ですが、関西の人で夕方のTVニュースとか見てる人なら誰でも知ってると思いますけど、有名な建築物ゆえ、建て替え取り壊し騒動なんかもあって、保存運動のときは、なんか絵的にすごく盛り上がってたのですね。結果的には保存という路線になって、現在まで現存されているのが、この旧豊郷小学校校舎なのです。

文化財的なものの保存の是非については、全国各地の建物で同様な騒動があったりしますが、ともかく、保存という方向になったのであれば、間接的にしろ直接的にしろ、そこそこの目に見える収益が町にもたらされないと、お題目だけ保存を掲げても、現実は難しいと思うのですね。

町としては、国の交付金を活用して、建物保存のための公的な支出支援を行っているようですが、旧豊郷小学校の校舎残しても意味ないじゃん!なんて風潮になっちゃうと、交付金も別な街づくり用にまわしちゃえ!なんてことになっちゃうかもしれませんね。想像ですが。

旧豊郷小学校に対しての収入を期待するだけではプラマイゼロになりっこないから、もっと町全体の振興(=町おこし)的な考えで、町全体の収入が上がるから校舎を保存する必要がある!なんて大義名分がある方が、旧豊郷小学校の保存支援としては良いのかなと思ったりします。

まず、旧豊郷小学校での間接的な収入を視覚化する方法としては「町でお金を落とすこと」なんでしょうね。けいおん!の聖地を言われるようになってから、少しは増えたことだと思いますよ。我々ヲタが偉そうにできる程の金額にはなってないのでしょうけど…
でも、今回のイベントとして考えるのであれば、感謝の意を各方面に表すことは大事なのでしょうが、本当は、商工会の売店で、地モノ名産品にお金を落とすとそういうことだったのかなと…

今の自由な探訪が、旧豊郷小学校校舎において許されるのも、公的に通じた方々が、ヲタを呼ぶメリットを公的機関に訴求して頂いているからなのかな…と想像において感謝しています。

初めは、物珍しさで、県外から人が来るよ!ってことで許されてたことも、やがて、何も益をもたらさなかったと気づかれたときに、今まで通りの「舞台としての許し」が継続されるかどうか…疑問に思っています。

イベントとしての収支はチケ代と記念グッズ収入を含めても50〜60万くらいじゃないかな…あの講堂で使用したPA卓や音響・照明機材のレンタル、輸送費と打ち上げくらいで、楽勝でふっとぶ額ですね。とてもじゃないけど、旧豊郷小学校に満足に寄付できるだけの額には満たないのかなと。

だからこそ、目に見える形での町に対して(ここでは、地元の出張売店)の現金投下というのは、今後の舞台解放やけいおん!にちなんだライブやその他のイベント開催などを運営する方にとっても強力な支援武器になると思うのですよ。

旧豊郷小学校としての間接収入は先に述べたとおり、町が外貨獲得することなのでしょうけど、次にイベントが開催されたときには、もっと地モノ名産品を買って帰る支援をしたいなぁ…

今度は旧豊郷小学校としての直接収入を視覚化する方法ですが、ずばり、ふるさと納税制度の対象となる「豊郷小学校旧校舎管理基金」への寄付でしょう。

1口5,000円を直接投下できるこの基金は、一番わかりやすいのでしょうね。
しかも、団体名での寄付が可能で、その名称が、町の財務関係の公的資料に掲載可能なことをアピールすれば、そこそこに集まるんじゃないかなぁ?

ウチもサークル名とか「律は俺の嫁」的な名前で寄付を考えましたが、現金収入は感謝されど、名前に関しては迷惑だろうなぁw

そんな私を含むヲタの自己主張OKなんだったら、マジで素敵な団体名で寄付してみたい…記念品は要らないから、コップレ撮影に使わせて欲しいですよw

まぁ、薄っぺらな自説を滔々と述べてるキモヲタの戯言なので聞き流して欲しいのですが、次に訪問した時には、なんとかして支援したくなる…そんな、あったかな気持ちになれるイベントでした。


<関連リンク>
今日の部室(けいおんの舞台 旧豊郷小学校)
アッホーブログ

posted by 佳由樹 at 09:52 | にっぽんヲタ街道

2009年07月22日

同人誌公開〜ミクと見てきた皆既日食〜



にっぽんヲタ街道

同人誌公開





 皆既日食2009〜ミクと見てきた皆既日食〜
















































posted by 佳由樹 at 12:17 | にっぽんヲタ街道

2007年03月02日

にっぽんヲタ街道を逝く 〜目次〜




にっぽんヲタ街道(同人誌公開)
皆既日食2009〜ミクと見てきた皆既日食〜

「今世紀最大の天体ショウが日本で体験できるんだよ」
5月頃、ニコニコ動画を巡回していた私に机上のミクが訴えかけてきた。なるほど、今年の7月22日に鹿児島県の離島の一部では、皆既日食が体験できるという。次の日本領土での皆既日食は数十年後ということなので、その頃にはミクは旧世代の骨董的価値のあるボーカロイドとなっていることだろう。とすれば、ミクといっしょに天体観測をするチャンスは今回しかない!そう思った私は、ミクにぜひとも皆既日食を見せてやりたいと思い、旅立つことにした。
そんなミクといっしょに奄美大島へ皆既日食を見に行ってきたレポート同人誌です。もう再販の予定はありませんので、ここで全ページ公開させて頂きます。2010/3up!!





にっぽんヲタ街道(同人誌公開)
うみねこのなく街へ

うみねこのなく頃にの惨劇の舞台『六軒島』
第1章が発表されてすぐに実在する六軒島へ飛んでまいりました。
そこで見た光景は…?
そんな街へ舞台探訪してきました同人誌です。頒布開始から2年経ちましたので、ここで全ページ公開させて頂きます。2009/12up!!




にっぽんヲタ街道(同人誌公開)
ひぐらしのなく街へ & ひぐらしのなく街へ解


いよいよこの夏に最終章が頒布される、同人サウンドノベル「ひぐらしのなく頃に」
その作品中で登場する街「雛見沢」に「興宮」
それぞれの舞台は岐阜県と千葉県にありますが、そんな街へ舞台探訪してきました
同人誌です。もう、再販は致しませんので、ここで公開させて頂きます。2006/04up!!




にっぽんヲタ街道〜ストラトスフォー舞台探訪 下地島の土曜日〜

行きたい。行ってみたいと思いながら数年。本土と2000km離れた沖縄県宮古島の
お隣のあの島 「下地島迎撃基地」 へついに行ってきました。
美風達が成長し、巣立ち、そして新作OVAシリーズで華麗に戻ってきた(w
あの島への探訪記です。【05年5月取材】 2005/06up!!




にっぽんヲタ街道〜ひぐらしのなく街へ解 雛見沢再訪編〜

ちょうど半年前の冬が始まる前の頃、雛見沢の舞台「岐阜県白川村」へ行ってきました。
あのときは見るものすべて感動に満ちていて、多少冷静さを失いつつ村内をぶらついて
いたのですが、今回、再度雛見沢を訪れる機会を得まして、前回の落ち穂拾いとして
再訪して来ました… 【05年5月取材】 2005/06up!!
※初めての人は3つ下の「雛見沢」編からお読みになることをオススメします。




にっぽんヲタ街道〜AIR(TV版)背景舞台探訪2
兵庫県香美町/京都府舞鶴市編〜


2005年4月16日神アニメ AIR(TV版) DVD発売記念企画
某巨大掲示板のAIRスレを見ていたときに、さりげなく神光臨。
なんと、和歌山県美浜町で不明だった作中使用の背景が兵庫県の
日本海側にあるというではありませんか!
いてもたってもいられない私は、いつも通り?即効で兵庫県香美町&京都府舞鶴市
へ行ってきましたが…? 【05年4月取材】 2005/04up!!
※初めての方は2つ下の「美浜町」編からお読みになることをオススメします。




にっぽんヲタ街道〜ひぐらしのなく街へ解〜

「ひぐらしのなく頃に目明し編」で大人気の詩音さんが暮らす街「興宮」
そしてバブル絶頂の頃、千葉県の公社によって開発された「チバリーヒルズ」
…このまったく接点の無い2つの街が意外にも結ばれていたというレポートが
ネット上で・・・? とりあえずそんな街へも行ってきました。 
【04年12月取材】 2005/03up!!
※2つ下の「雛見沢」編からお読みになることをオススメします。




にっぽんヲタ街道〜観鈴ちんと目指したゴール〜

 2005年3月28日「AIR (TV版)」 最終回記念コンテンツ
京都アニメーションは神!を不動のものにした話題作 AIR(TV版)ですが
作中で出てきた封筒記載の住所を解析した神がいらっしゃいまして、実際に
確認しに行かれた所、一部を発見されたとか…
私は原作ソフトの観鈴ちんが人生に多大な影響を与えるぐらい大好きなので、
実際に観鈴ちんの過ごした街を見てみたいと、和歌山県美浜町へ行ってきま
した 【05年2月取材】 2005/03up!!




にっぽんヲタ街道〜ひぐらしのなく街へ〜

話題作の同人サウンドノベル「ひぐらしのなく頃に」で登場する街「雛見沢」
茅葺屋根の建物が残るこの町は岐阜県山中に今も存在しているとか…?
そんな街へ舞台探訪してきました 【04年11月取材】 2004/12up!!




にっぽんヲタ街道復刻編〜北の大地に琴梨ちゃんを追って〜

 2004年10月28日「北へ。〜Diamond Dust+ Kiss is Beginning.〜」
 発売記念コンテンツ

DC発売直後に登場した初代「北へ。」画面の向こうの琴梨ちゃんは自分に微笑みかけていた。
本当に存在する北の大地のあの場所で…【99年5月取材】 2004/11up!!




にっぽんヲタ街道(同人誌公開)
はりぃGo!らんど〜セイバーと過ごした休日〜


Fate/Stay Nihgtが大層お気に入りでしたので、いろんなところで公開されている
情報を元に関東、関西で舞台探訪してきレポート同人誌です。こだわりとしては、
すべての写真にセイバーさんが写っていることでしょうか(w
同人誌のデータ原稿をそのまま画像ファイルにしてますので綺麗でないです。
綺麗なのが必要であれば、同人誌イベントにて買ってやってください。【04年8月取材】】




にっぽんヲタ街道〜会津若松の地に紫亜さんを見た

電撃コミックガオにて連載中の「ぴたテン」で登場した実在の地「会津若松」へ向かう記者。
そこで見た風景はまぎれもない「ぴたテン」の世界であった…【03年4月13日取材】

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年08月20日

ワンダーフェスティバル2006Summer 写真レポート


ワンダーフェスティバル2006Summer 写真レポート

2006年8月20日(日) 東京ビッグサイト東ホール


今回は速報版はなしで、最初っから宅番入りでご紹介させていただきます。
撮影にご快諾くださったディーラー様方、どうもありがとうございました。


C10−11 アゾンインターナショナル さん
月詠の葉月さん。10月下旬発売予定。


C30−05 ママチャップトイ さん
水月の雪さん。今冬発売予定。


アイドルたちのステージ…


春香さんに伊織さん。


千早さんに雪歩さん。

以上 C08−05 天使の吐息 さん



めいどinじゃぱんドールさん


こちらも、めいどinじゃぱんドールさん。髪型ちがい。


メイリッシュドールさん。

以上 F13−02 タイムハウス さん


C06−09 夢祭工房 さん
ローゼンメイデンの翠星石さん。


Fateのセイバーさんと


カレンさん

以上 C22−08 春風堂さん


東方の霊夢さんと…



ほか4名。

以上 C13−01 GRAY PHANTOMさん



C12−04 九九番地さん
もえたんのいんくさん。


ローゼンの真紅さんと…


水銀燈さま。

以上 C12−07 アトリエ S.B.M. さん


C21−11 ROZE WHP さん
ローゼンの水銀燈さま。


C31−02 ぱぱぱんだ さん
これが私のご主人様のいずみさんとFateのセイバーさん。


C31−09 RED FOX さん
オイダキドットコムのキリコさん。


C21−06 Silver Back Project さん
ARIAのアリア社長さん。


B24−10 はいぱーぎみっくR さん
伺か。のまゆらさん。


B34−10 丸利商会国内事業部 さん
ARIAのアリア社長。陶器製だそうで驚きです。


B22−08 アセトン さん
ローゼンの水銀燈さま。


B19−12 あしあととねんどばん さん
ZOIDのレミィさんとコトナさん。


これは…


例のバケモノさんです。ス○ーさんでは無いそうです。

B18−02 張り子とロケット屋 さん


びんちょうタンのびんタン。
B16−16 瓦礫屋本舗 さん


B15−09 仏滅☆Performer さん
ローゼンの蒼星石さんと翠星石さん。


B15−13 TAIL−SLAP さん
これが私のご主人様のみつきさん。


東方の幽々子さんと…


紫さん。

以上 B03−01 茂毛工房 さん


B25−07 バイス さん
ローゼンの真紅さんとくんくんさん。ペロペロキャンディー食ってますよ!うはっ!


A09−11 G.Kオペレーション さん
ローゼンの薔薇水晶さま。


ローゼンの水銀燈さま。


ジャンクにしてほしい…

以上 A27−13 WORKS−札幌 さん


宅番控えるのミスった…ごめんなさい(汗


B39−11 アーク倶楽部 さん
LAOXおでん缶の おてんちゃん。


B27−02 ブーミン・ブランド・R さん
ローゼンの真紅さん。


B37−02 Unsweet さん
ひぐらしのレナさん。


こちらも宅番控えミス…
ローゼンの翠星石さん。


A18−14 2nd.Gear さん
ローゼンの水銀燈さま。


A09−01 帝国外渉官 さん
Win2000さん。


A16−15 亜野MEGA朗 さん
おジャ魔女のハナさん。


A16−11 i−solation さん
オリジナル?のイチゴチャン。


ローゼンの蒼星石さんと翠星石さんに…


薔薇水晶さん。

以上 A28−13 withQ & 亜空館 さん


A26−12 Ausf−G さん
ローゼンの翠星石さん。


アイドルマスターのピンキーたち。


千早さんメインにしたのと、あずささんメインにしたの。


さらに、東方の幽々子さん。

以上 A16−05 美しい夜を さん


A05−01 Impact Blue さん
ステルヴィアのやよいさん


A24−15 有限会社アミエ・グラン さん
ハルヒの憂鬱より長門さん、ハルヒさん、みくるちゃん。


A24−12 Out of Service さん
AUのインフォBAR子さん。


A14−07 4XO7 さん
ローゼンの真紅さん。


A13−06 カトスペ さん
ぱにぽにのベッキーさん。


はやてきゅん。


かわいいはやてきゅん。

以上 A23−03 83℃ さん


今回は以上です。お疲れ様〜!!


いつもどおりとあるひのコタツガさまがワンヘスリンクを収集されていらっしゃいます♪
他の方の撮影された作品を見るのも楽しみです〜


posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年08月19日

TBSアニメフェスタ2006レポート

とりあえずアニメフェスタ6年連続参加。オメデトウ俺様。


ぶっちゃけ今回のは、出展タイトルだけで見ると、Kanonだけ!ってな状況でしたが、2年前にAIRを見たときの衝撃を期待して、やっぱり行ってきましたよ。

Kanonはね…確かに綺麗なデキでしたよ。
でも、AIRの綺麗さとは違うんですよね…

これ、言っていいかどうか分かりませんが、言っちゃいます。
2年前のAIRのときの方が、はるかに場面場面で場内が盛り上がってました(汗

大丈夫かな… Kanon…

舞台探訪好きとしては今度は北海道?なので、行くのが大変そうです。
守口市駅は使用されていましたが、横浜の元町商店街は使用されていない感じです。



さてさて、そんな幾分しょっぱ目な空気を匂わせつつ、とんだ伏兵が潜んでましたよ。今年のTBSアニメフェスタには。


その名も『WinterGarden』(ウィンターガーデン)

司会のTBS向井アナが 「パンフレットにも載せていませんでしたが…」

と前置きして上映された衝撃の第1話は…!?


−−−

(記憶をテキストにしてみた。でも自信がない…)

クリスマスの夜、街のケーキ屋で働く一人の「緑髪の女の子」

バイト仲間の子達は、それぞれ、彼氏と予定があるようで、「緑髪の女の子」にゴメンネ!と言いつつもお店を後にする。

『いいよ、私にはいい人いないし!』などと言いつつ、皆を送り出す「緑髪の女の子」


お店も閉店の頃、店長さん(人間の形です)が、『余りものだけど』と、いくつかのショートケーキを手渡します。

『ありがとうございます。妹と一緒に食べます』と、嬉しそうに受け取る「緑髪の女の子」

お店を出ると、外は雪。

なんだか嬉しくなって、アパートに帰る前に公園に立ち寄って、思わずブランコを漕ぎ出す「緑髪の女の子」

そんな光景を見つめる一人の男性。

見られていることに気づいて、恥ずかしくなって駆け出すと、つい足を滑らせてしまって、ケーキが大変なことに…

男性は駆け寄って、「緑髪の女の子」を起こしつつ、自分の持っていたクリスマスケーキを、ぐちゃぐちゃのショートケーキと交換してしまう。

そんな状況がのみこめず、お礼の言葉を出せない「緑髪の女の子」を後にして立ち去る男性。

「緑髪の女の子」は交換してもらったケーキを抱え、アパートへ帰る。


アパートに帰ると、待っていたのは一人の栗色の髪の女の子。
「緑髪の女の子」の妹で高校生。

ケーキをもらった経緯を聞きだすうちに、その男性に興味を持っていることを見抜いて、4コママンガで姉を茶化す「妹」


一方、ケーキをあげた男性も帰宅。
待っていたのは一人の女性。

『ケーキ買って来てくれた?』

『…いや、忘れた』

ケーキを交換したことを言わない男性。

しかし、目ざとくショートケーキの包みを見つけた女性は、「クリスマスケーキなしか…」と残念がりつつも、2人でクリスマスを祝うこととなる。


−−−

「妹」に茶化されつつも、昨日の男性が気になる「緑髪の女の子」

街を歩いていたとき、商店街のOPEN準備中のお店の中を、何気に見ると、そこには仕事をしている、あの男性の姿が…!


男性も気づいて、店の外で再会することとなる。


しかし、男性は仕事中。

店内からは「おい!拓郎!仕事中だぞ!」と男性を呼ぶ声が…

すぐに店内へ呼び戻され、「緑髪の女の子」のお礼もそこそこに離れてしまう二人。


「拓郎さんって言うんだ…」

はじめて名前を知った「緑髪の女の子」


アパートに帰ると、今日の出来事を「妹」に報告。


電話番号や、次につながるきっかけを作らない姉に、サッパリとしたツッコミを入れる「妹」

『でも、これでいいんだ…』と納得する「緑髪の女の子」

−−−

場面は正月。妹と初詣に行くが、境内は大混雑。

「緑髪の女の子」は妹と境内を歩くも、「妹」が『迷子になるなよ!』と言ってるそばから、迷子になってしまう、迂闊者の姉。

また、「拓郎」は、同居人の女性と一緒に初詣にやってくる。

そんな時、同居人の女性が、混雑する境内で

『あ、あの人、ドラマとかで有名な人! ちょっと行ってサインもらってくる!』

と、「拓郎」を一人残し、「うさ耳をつけた女性アイドル」を追いかけて行ってしまう。


「緑髪の女の子」は、妹とはぐれてしまって一人きり。
「拓郎」は同居人の女性が行ってしまったので一人きり。


偶然にも、境内で2人は再び出会うことになってしまった。


先日よりも、ゆっくりとお話をする2人。

だが、「緑髪の女の子」は、次につながる約束もせずに別れてしまう。

一方の拓郎は 「またね!」との言葉を残して立ち去る…


『またね! って言われちゃった…』

妹とようやく合流できたときに、拓郎の言葉を反芻して、嬉しくなってしまう「緑髪の女の子」

−−−

「緑髪の女の子」は今日もアルバイトに励んでいる。

この喫茶店は、ケーキの販売コーナーを持ちつつ、奥ではカフェを併設している、比較的大きなお店だ。

この日は、カフェの方が混雑してきたので、店長さん(人間の形です)の命によりカフェの手伝いをすることとなる。


ひっきりなしにお客さんが出入りするこのお店に、一人の男性がやってくる。


「拓郎」だ。「拓郎」が一人でやってきた。

「緑髪の女の子」との再会を、お互いに嬉しく思う2人。

もう、正直になろう…

−−−

あるとき、アルバイトが早く終わって店を出た。

外には、クラブを早引けしてきた「妹」が待っている。

『よっ!』


妹と2人でアパートに帰る。

『今日の晩ごはん何にする?』

『え〜、何も考えてないよぉ…』

困惑する姉。


そんなとき、歩道の向こうから見慣れた男性の姿が!?


「あれ?こんにちは!」

拓郎と3たび再会を果たす。

「喫茶店に今から行こうと思ってたんだけど…もう帰り?」

残念そうに話す「拓郎」


このとき「妹」は優等生を演じ、姉とは違った立派な挨拶を交わす。

そして、「学校に忘れ物した!」と立ち去ってしまう。


『あの子が忘れ物するなんて、めずらしいわね…』

「妹」の気遣いを、理解できない「緑髪の女の子」


そう、妹は姉を気遣って、立ち去っただけなのだ。

そうして、物陰から2人の様子をうかがう…


「よかったら、メシ食いに行かないか? お金ないからファミレスだけど」

『ハイ!ファミレス好きですよ!』


「拓郎」の誘いに、0.1秒でOKを出す「緑髪の女の子」

物陰から見ていた「妹」は


『ハイ!って…即答かよっ!?』


姉の姿を見て、私の晩飯はどうなるんだよ?と、ツッコミを入れつつも、野暮なことはせず、そのままアパートへ一人帰る妹。

結局、この日の妹の晩ご飯は「でかすぎのメロンパン」


−−−

一方、拓郎とファミレスにメシ食いに行った「緑髪の女の子」は、とにかく嬉しそうだ。

「今度一緒に、どこか行かないか?」

『今度一緒に、どこか行きましょうっ!!!』


「緑髪の女の子」はあっさりと初デートの誘いを受けてしまう。


−−−

拓郎は家に帰って仕事を進める。

同居人の女性は、今日も自宅に帰りたくないらしい。

拓郎は意に介さず、同居人の行動を見守る。

−−−

デートの当日。2人は海へ行くこととなった…

2人はいろいろな場所を歩いた。

場面がめまぐるしく移り変わる…



−−−

と、こんなところで、エンディングが流れます。



テロップは…


「製作 : ブロッコリー」


場内からは、なんだ、ブロッコリーの新作か…ザワザワ…


登場人物。

「デジキャラット : 真田アサミ」
「プチキャラット : 沢城みゆき」


場内大歓声!周囲から「やられた!」の声が上がる。


「監督 : 桜井弘明」

「JC Staff」

「TBS/WinterGarden製作委員会」


…なんだ、TVアニメになるのか!?


−−−

場内が明るくなって、TBSの向井アナ登場。


「これ、デジキャラットの新作って、どのへんで気づきましたか?」



気づくわけねーよ!!!!



はい。そんなわけで、ほのぼのとした、しかし、悪意に溢れる2人の出会いを書いた新作デジキャラットは、10年後の世界を描いているそうです。

一切のギャグなし。「にょ」なし。「にゅ」なし。


驚きのラブストーリーとなっているこの作品は、前編+後編の2話完結で、今冬放送とか。


…どう考えても、クリスマスにやるだろ。


この新作デジコ 「WinterGarden」の情報ペーパーは、首都圏のゲーマーズでは本日から、その他の地域では22日から配布されるそうなので、みんな取りに行ってくださいね。



…いや、本当にサプライズでした(汗

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年08月08日

オーサカ萌えキング ぷれぜんとばい アキハバラ@DEEP イベント参加レポート



飛び出せ! にっぽんヲタ街道 を逝く
     オーサカ萌えキング ぷれぜんとばい アキハバラ@DEEP

   〜体験!オタク文化〜

2006年8月5日(土) 大阪市中央区 大阪城公園オーサカキング2006



今年も開催されましたオーサカキング。

多分MBS毎日放送が見れないエリアの方は、そもそも何のイベント?と思われると思いますので説明します。

オーサカキングの説明(WalkerPLUS記事より)

オーサカキング公式


とまぁ、こんなイベントが毎年開催されているのですよ。
イベント自体はすごく面白いので、来場者が増加傾向なのもうなずけます。

さて、そんな様々なイベントが目白押しのオーサカキングですが、ついに今年は「萌え」分野に進出してきました。

その名も オーサカ萌えキング ぷれぜんとばい アキハバラ@DEEP

公式サイトをのぞいてみても、何やるのか良く分からない状況だったのですが、各方面の断片的な情報をつなぎ合わせると、だいたい以下のようなイベントが開催されるようです。

メイドさんがステージで歌う (まーめいどさん)
メイドさんがステージでメイドカフェの実演を行う (CafeDOLLさん)
・メイドサンがオタマップを配布する (かりん館さん、ホワイトローズさん、mo"Aさん)

オタマップWebさんがイベント告知で最も詳しかったです。


…とりあえず、どこもロクな告知していないので、どんなイベントになるのだろう?と、かなり気になりましたので、見に行ってきました〜



クソ暑い中、大阪城公園に到着すると、そこはオーサカキングの会場です。



この舞台でオーサカ萌えキング ぷれぜんとばい アキハバラ@DEEPが開催されます。時間は17:30ぐらいから。

そもそも、アキハバラ@DEEPって何?と思ってましたが、なんか東京製作の映画か番組?なんですかね。
このオーサカキングで開催するイベントも、その劇場版公開の宣伝イベントの模様です。

ここから、クソ暑い中、ひたすらメモを取る自分…
いったい、何やってるんでしょうか(汗


17時半過ぎにアキハバラ@DEEPの宣伝映像が流れ始めてイベント開始。

ステージに天津の向さんとオタマップ編集長武内さんと、アシスタントのお姉さんが登場して、ここで、ようやくイベントの趣旨が語られました。

「アキハバラ@DEEPの劇場版公開を記念して、オタク文化を会場で体験してもらいます!」

なるほど。ようやく分かりました(汗


向さんの秋葉原ネタとアシのお姉さんのかみ合わんトークの後、オタマップの編集長、武内さん登場。
武内さん、自称「萌え業界の孫正義」だそうです。そうなのかー。


このときに、かりん館さん、ホワイトローズさん、mo”Aさんのメイドさん達がオタマップを観客に配り始めたようですが…

キモヲタの自分の所には来ないよ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


ひとしきりトークをこなした後、映画の宣伝へ。
脚本の石田さんや主演女優の山田優さんなどキャストの紹介と映画の簡単なストーリー紹介。
なんか篠原涼子さんも出るのだったかな?向さんが「愛しさと切なさと心強さと」のネタふりしていた記憶がありますが、このあたり暑くてメモってないので、公式サイト見てください(汗


宣伝の後は、向さんの「アキハバラ@DEEP萌え所紹介コーナー」が始まりました。
映画の1シーンをスライド形式にして、その画像の萌え所を紹介してゆく形式です。

最初は「山田優さんの蹴りシーン」。ダルシムのヨガテレポート後の空キックだそうです。
…まぁ、こんな感じで映画の1シーンを、オタに分かりやすいネタで紹介してゆく感じでした。

…あれ、映画の宣伝は?(汗


ひととおり映画の宣伝を終えた後は、いよいよ「オタ文化」体験コーナーです。

最初の体験は、まーめいどのメイドさんたちによるミニライブで、まーめいどのひめさん、ひなさんが歌を紹介されました。

歌うは「ラムのラブソング」(懐かしいっ!)
なんでも、秋ごろにインディーズでCDを出すらしいので応援します。がんばれー。

全員で10人ぐらいのメイドさんたちが、振付してラムのラブソングを歌います。
…なんか、メイドさんが歌ってる姿、可愛らしくて良いですね(*゚∀゚)=3ハァハァ

私の前の、子連れのお父さんのすごく嬉しそうな顔が印象的でした。


歌が終わると、「体験メイドカフェ」のコーナーへ。

ステージ上にカフェのセットを置いて、向さんが客役、CafeDollのモモさんがメイドとなって、ステージ上でメイドカフェを実演するコーナーです。随所随所の萌え所?では、武内さんがストップをかけて萌え所の意義を解説したりしていました。

ちなみに、萌え所として、ストップをかけて解説していたのは

・「お帰りなさいませ、ご主人様」
 →ま、基本ですよね。うん。

・ひざをついてのオーダー
 「ご注文は?」 「ホットティ−で」
 …このクソ暑いのに!と武内さんに突っ込まれてましたが

・砂糖とか入れてからのまぜまぜ
 →これをしてもらうための、ホットティーだったんですね(w

そうそう、このときに向さんが発した言葉 「いかにしてメイドさんを引き止めることができるかが勝負どころ!」ってのが、なるほどすごく納得できました。

 「モモさんはアニメ好きですか?」 「鈴宮ハルヒが好きです〜」 「オーサカキング主催のMBSと放送局違うやん!」


・チェキ撮り
 「チェキの撮り方分かりません(武内さん)」 「私も分かりません(汗」

…モモさん面白すぎ( ^ω^)



まぁ、そんなこんなで、およそ40分ほどのイベントは終了。

最後にCafeDollで、アキハバラ@DEEPのタイアップ企画を行っている告知をして、取材用の記念撮影。

ここで、ようやく一般撮影解禁!!!



パシャりっ!

ありがとうございました〜♪

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年07月24日

THE IDOL M@STER 1ST ANNIVERSARY LIVE


飛び出せ! にっぽんヲタ街道 を逝く
     THE IDOL M@STER 1ST ANNIVERSARY LIVE

   〜プロデューサーさん!新木場ですよ、新木場!

2006年7月23日(日) 江東区新木場 STUDIO COAST




と、いうわけで赤羽に続いて参加してきましたよ。アイマスライブ。
日曜日の夜に開催という、地方民&勤め人には厳しい日程でしたが、そこは『愛』の力でなんとかしましたってことで。

このイベントは、郵便振替の整理番号順で入場整理番号が割り当てられているようで、友人が確保してくれたチケットには1300番台が…


(´・ω・`)ショボーン


…まぁ、どこにいても楽しけりゃ無問題!ってことで。


新木場駅に到着したのは、15時過ぎ。
まぁ、物販でものぞいてる間に開場するかな…と思いきや



開場前の歩道に溢れる、人、ヒト、ひと…

それもそのはず



会場前の広場には、ぎっちり人津波(汗

なんか、物販列に並んでいた知人情報によると

「全然、購入列が動かねぇ…(汗 15時半で一旦物販終了らしいが、自分の番が回ってくるかどうか…」

とのこと。


この時点で、開場前にグッズ購入を諦め、閉場後に買うこととして、歩道でマターリすることにする…
コスプレの律子さんを眺めながら(*゚∀゚)=3ハァハァ

他にも、ちらほらとコスプレさんがいらっしゃいましたね。眼福。


そして、16時に入場が開始されたようなんですが…


スタッフの声が小さくて1人しかいなくて、前の方でボソボソ
つぶやいているだけで、何言ってるか聞こえませんよ( ^∀^)ゲラゲラ



…整理番号順に入れてゆくのに、あんまりじゃありませんこと?(汗


実際、会場に入ろうとしている人間の情報源が、ミクシや2ch、
DSのチャットに頼っている状態ってどうよ?(゚д゚)ポカーン



会場前には、有志が贈った花かごが整列しています。
でも、赤羽に比べたら、全キャラ揃っていなかったのが、ちょっと悲しかったかな…

やがて、自分達の整理番号が呼ばれてホール内へ。

1階と中2階、2階、3階?があるようで、2階両サイドのテラス席が空いていてよさげだったのですが、たまたま1階にいた知人に確認したところ、なんでも取材関係者席だとかで断念。

それじゃ、全力で跳ぶために1階席中央寄りに陣取ることにする。




さて、いよいよ開始なのですが、今回は全くメモ取る暇が無かったので、詳細なレポートはどこかでUPされるでしょうから、そっちにお任せして、こちらではレポートではなく感想をちょいちょいと…



17時15分。小鳥さんのアナウンスでライブ開始。
前回は声だけだったけど、今回はビジュアル付きで可愛かったよ(*´д`*)ハァハァ

最初の曲は「アイドルマスター」を全員で。

ここで、大変なことに気づくw

前の兄ちゃんがデカ過ぎて、舞台はおろか、画面も見えない・゚・(つД`)・゚・
左右にアタマを動かしながら、チラチラ見るライブ…

続いて、太陽のジェラシー→FirstStage→9:02pmと3曲続く。どれも、コール入れにくい感じ。

その後は「765プロの1日」というボイスドラマが始まったのですが…

小鳥さんサイコー!!ヽ(´ー`)ノ

ボイスドラマで小鳥さんと誰かが舞台左ソデで会話をして、そのトーク内容に即したアイドル(達)が右ソデで会話をしながら歌う曲に持ってゆくのです。

最初は小鳥さんと千早さんの765プロでの会話を受けて、律子さんとやよいが芝居 → おはよう朝ご飯!
次に小鳥さんと雪歩さんの会話で、真きゅんと亜美真美が芝居 → エージェント

…あ、真+亜美真美が出てきた段階で、会場の至る所から『とかちちゅくちて』の

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

が沸き起こっていたのは面白かった!

当然、歌のときのコールも『とかちちゅくちて!』になってたりw
…個人的には、どう歌ったのか聞きたかったので、コールが無い方が良かったかな?

最後は小鳥さんと雪歩さんの会話を受けて、あずささん、春香さん、伊織さんの3人で芝居 → HereWeGo!

ここでは春香さんが「没個性」だの「黒春香」だののネタが登場しまくっていましたが、これって同人設定じゃないのかな…?と一人ワクテカしてました。

ドラマの最後は小鳥さんが単独で、765プロを飛躍させるためのネタについていろいろ妄想してくれましたが、それが少女漫画仕立ての映像マンガ付きで出てきて場内大爆笑。

小鳥さんの脳内設定にはすごいものがありました(w

伊織 vs 千早

やよい × あずさ

亜美真美 → 真


あたりは、かなりツボった(w

トークドラマでひとしきり笑った後、アイマスラジオの公開録音。

これについては、ラジオを実際に聞いてくださいw

しかし、その前に真実が一つだけ…

亜美真美は1人ずついたから、確かに4人いたよ!(意味深)

おそらく放送は来週でしょうね。


公開録音の後は、今日、一番人気の『社長』登場!

社長のシルエットの背景に後光がさしてましたよw

盛り上がる場内。社長コールw


ライブで『社長コール』聞くなんて、ブッコロリーのライブ以来だw

とりあえず年末発売のアイマスfor×箱の紹介と、それに収録される新曲のお披露目。
多少違和感ある曲だけど、これはこれでいいのかな?

…ちなみにコールは入れやすげ。魔法をかけて!並みかと。


もう残された時間は、あと少し!

ポジティブ → 蒼い鳥 と曲が続いたのですが…


このあたり、ボロ泣き。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン


ポジティブはコール入れる部分をきっちり覚えていれば、超気持ち良い曲で、蒼い鳥は千早さんのソロですよ!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

って感じで、全力でサイリウム振ってました…

この2曲のあたりが場内的にも最も纏まった感じだったかな…と思います。

そして残り1曲を前にして、アイドルたちが1人ずつ舞台に出てきて、
プロデューサへのメッセージを贈り、最後はもちろん「魔法をかけて!」


…。゚(゚´Д`゚)゜。 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 ( TДT)


なんか、こう、グッときてダメでしたよ…
分かりにくい例えでいうと、BTLのPartyNightが来た時みたい。

この後半戦あたりの部分は、会場で時間を共有できたことを真剣に幸せに感じた瞬間でした。

魔法をかけて!が終わったあとは、お約束のアンコール → アイマスロング版 ときて本当に終了。

終わったあと、しばし放心…

同行者や周りと称えあって感動の共有を図りまくる。

次回があるのかどうか分かりませんが、あれば必ず参加しますよ。
そんなライブでした。

早くDVDが欲しいな…




と、感動の余韻に浸るまもなく、あっという間に魔法が解けて、現実の物販コーナーへw

「つーか、なんも残ってNeeeeeee!!!!!」

ってな状態で終了。CDだけ買って、おまけのドラマCD?は貰いましたけど。


【豆知識】

やよいさんのポーチ」ですが、皆さんゲットつかまつられましたか?



身内のヤツ、いきなり「舌」が引きちぎれましたよ(w
開封して1日と経ってないのに…

良い子の皆さんは注意してくださいね!

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年05月01日

あしや人形感謝祭レポート & ワールドホビーフェスティバル神戸#23写真館


飛び出せ! にっぽんヲタ街道 を逝く
      あしや人形感謝祭 & WHF神戸#23写真館

                 〜お人形さん漬けのGW前半戦

2006年4月29日(土)福岡県遠賀郡芦屋町  あしや人形感謝祭
2006年4月30日(日)兵庫県神戸市 ワールドホビーフェスティバル神戸
※写真館は、下のほうにありますよっ!



と、いうわけで始まりました2006年ゴールデンウィーク!
いろいろと俺的イベントが目白押しですが、前半戦の初日に、早速行ってきましたよ、九州へ。

まずは1日目。

金曜日の夜より、奈良ナンバーの軽自動車におっさん3名が乗車して、山陽自動車道
をひたすら西へ570km…

到着したのは、福岡県遠賀郡芦屋町。
本日、この街で『あしや人形感謝祭』という、いつも可愛がっているお人形さんに感謝
する神事が執り行われるということです。


観鈴 「ちょっと遠かったねっ にははっ」


8時間ほどかけて、芦屋町に到着です。

この神事自体は昔から行われていたらしいのですが、今年はローゼンメイデンとの
タイアップで話題となり、私もこのような神事が行われていることを知ったのです。

いつも、妻(観鈴ちん)をつれて全国飛び回っている私としては、感謝することは当然
ですよね!(汗


しかし、アニメとタイアップするって、すごいな〜
と感心していたのですが、その答えはここにありました!(本当か?)


観鈴 「芦屋町は麻生太郎センセイの地盤だったんだね!」


そう、ここ芦屋町は、オタの良き理解者?自民党・麻生太郎センセイの
選挙区だったのです。

…祭りに関係あるかどうかは分かりませんが(汗


観鈴 「芦屋町役場だねっ! 車がすくないかなっ?」

まずは、役場へ向かう。
他府県ナンバーは止まってないかな? ってことでw


「京都」 「大阪」 「三河」 を発見。


最遠距離参加者は「三河」の方に決定。


とりあえず、役場に車を置かせていただいて、町を散策。
今回のお祭りに向けては、町をあげての歓迎ムードです。


観鈴 「商工会館にもポスターがあるねっ!」


お寺のブロック塀にも… っていいのか?神道行事なのにw


公民館の掲示板にも…


ローゼンメイデンあしや人形感謝祭がいっぱい!




そして、町民会館では


観鈴 「けっこう並んでるかな…?」

あしや人形感謝祭の記念グッズを求める長蛇の列!

って程もなく、10時の販売開始時点で、200人ぐらいでした。
1時間前から並んだ自分達で70人目ぐらい?


ホールの中で、こう、淡々と販売されています。


「いい子」しか乗車できないバスツアー専用窓口があったり。


写真入ケーキが展示してあったり
JUMパン が売られていたりw

まぁ、仕掛け人の心意気は十分に伝わってきましたよ?


実行委員会の名札下げた2人の女性の方がそうだったのかな…
グッズ販売の「最後尾プレート」の扱いについて、警備員さんに
「我々にとってとても理解しやすい」運用方法を指導されていたし。


そして、町民会館の外では、「芦屋サンドアートフェスタ」のシャツを着られた
サンドアートの作者さんが黙々と作品製作中…


なんか、この形って…

と思い、そばに置いてあった「紙」に目を向けると



ちょwwwおまwwwww くんくんwwww


…しばらく時間がかかりそうなので、あとで見ることにして正面駐車場へ。


バスツアーのバスが到着していましたが…


すばらしいラッピングバスw
ちゃんとJR九州のレッドライナーを使用しているところにこだわりを感じましたw


さて、神事の時間が近づいたので、岡湊神社へ移動。


しーぽんがお出迎えw


いや、実は身内の持参品なのですけどね(汗

主催コメントより 「ぜひ、お人形を連れ出して!」ってことでしたので。


境内横の特設ステージにて神事が行われます。

なんか、特徴的な人形はないかなー、と探してみると…



殺人プーさんwww

さらに目を凝らすと…



これは、ネタ奉納やろwwwwww



美凪 「基本的には、真面目?な普通のお人形が多いのです…」



神事自体は、ごく普通に執り行われました。

芦屋町長がいらっしゃったり。
自民党麻生太郎センセイの秘書がいらっしゃったり。

神主さんのご挨拶のときに、集まってきた「大きなお友達」への心遣いのお言葉に感動したり。




神事が終わると、神聖な境内のいたるところが混沌としてきました。


しーぽんに…


雛苺さん。


真紅さんに神主さん。

…すごい絵やわw


観鈴 「水銀燈ちゃんもいるねっ! にははっ」


聳え立っています。


実に楽しいイベントでしたw




そうそう、くんくんのサンドアートは、目入れ式を行って、昼ごろには完成していましたよ。



そんなこんなで、福岡遠征も終了です。

実際に参加された方は思われたと思いますが…

「なんで、俺達ヲタをここまで歓迎ムードで迎え入れてくれるの??」

という空気でした。

地元の婦人会の方の振舞いぜんざいとか、奉賛会婦人部の方のお茶サービスとか…
とにかく歓迎ムードなのですね。こそばゆいぐらいに。

ぜんざいも 「どれだけ集まってこられるか分からなかったから多めに」 70食用意されて
いたのですが、200人〜300人?集まっていたので、当然いきわたらず、しかもそれを
凄く気にされていて、何度も何度も謝っていらっしゃったのが印象的でした。

神主さんもご挨拶の席上でおっしゃられていましたが、たしかに芦屋町って知らない町でした。
海水浴場はありますが、それ以外にすごい観光資源があるわけでもないですからね…

そんな芦屋町に(きっかけはともかくとして)コレだけ、近隣の市町村や他府県から人が集まる
イベントってなかったでしょうし、昨年までの「あしや人形感謝祭」は今回のような盛り上がりも
なかったと想像できますし…

今の段階では、参加者の目的はどうあれ、「人が集まった」ことに対する事実が、町の協力者の
方々の気持ちに変化を与えたことは間違いないと思います。

…ですので、来年もサプライズに期待しておりますよ!


是非はともかくとして個人的には「自慢のお人形さんの屋外撮影イベント」のポジションになれば
いいかな…とかw


ってとこで、1日目終了!


…実は、この後、別府温泉の某ホテル内ゲーセン(本当)にある、IDOLM@STERを遊びに行ってきたのですが、その話また後日。




さて、2日目!!

昨日の『あしや人形感謝祭』につづいて、今日も「お人形」です。
九州からとんぼ帰りして、いつもどおりワールドホビーフェスティバル神戸#23
へ行ってきましたよ〜

会場到着は早かったのですが、昨日から引き続きだったので、あまりに眠くて
しばし車中でオヤスミ…

…してたんですが、これが運命の分かれ道だったのですね(汗

随所で話題になっている?ようですが、開場直後に偽札騒ぎがおきて、場内封鎖
されてしまったため、12時過ぎの入場再開まで締め出しくらってましたよ…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

11時ちょいすぎに、会場への扉が閉められてしまったので、
「設営準備にてまどってるのかな〜?」

とか暢気に構えてたんですが、さすがに30分以上経過しても、なんの周知も
ないのは困りました…

しかも、パトカーも緊急出動で駆けつけだしてたりしたり。


まぁ、事情聴取とかもスムーズに?行ったみたいで、12時過ぎにはようやく入場。



さて、写真のご紹介です。
今回全体的に暗めです。シャッター速度を遅くするの忘れてた…( ´Д⊂ヽ

なにはともあれ、撮影にご快諾下さったディーラー様、どうもありがとうございました!
以下、『作品名』キャラ名 (ブースNo ディーラー名)で紹介させていただきます。


『ちいさなほしのゆめ』より ゆめみさん (ヒ05 温泉天国さま)
まさか立体があるとは思っていなかったので驚きでした。
パッケージ版も発売された(…でしたっけ?)んですよね?


『しにがみのバラッド。』より モモさん (ノ03 技巧堂さま)
原作のノベルは読んだことないのですが…可愛かったので。


『ローゼンメイデン』より 真紅さん&水銀燈さん (ノ05 withQ1さま)


『ナルキッソス』より セツミさん (ナ05 り〜ん・うぃずさま)


『君が望む永遠』より 遥さん (ナ12 ちぐさ☆りょさま)
…この遥さん、すごくいい顔してました。


カラフルドロップスの表新のおにゃのこさん (ナ01 INFさま)


『Fate』より ライダーさん (ナ03,04 how(s)さま)


『リリカルなのは』より なのはさん、フェイトちゃん、はやてさん (チ09 Expertenさま)




きつねみみメイドさん&すみれさん (以上、チ01 VIXENさま)


WHFのマスコット子さん…名前あったっけ? (チ02 Composition-Dさま)


『ぱにぽにだっしゅ!』より ベホイミさん (ス04 かぐや姫さま)


『ローゼンメイデン』より 金糸雀さん (ス05,06 83℃さま)


『宇宙のステルヴィァ』より 藤沢やよいさん (ス07 Impact Blueさま)


『ローゼンメイデン』より 蒼星石さん (ス15 つぐつぐさま)




『ツーハート2』より タマ姉さん、いいんちょさん (以上、ス01-03 STickさま)


『リリカルなのは』より なのはさん、フェイトちゃん (カ13 教会騎士団さま)


TOPうささん (カ08 Go To GARAGE!!さま)


WHFのマスコット子さん (コ16 うーまくぅさま)


『かしまし』より とまりさん (ツ05,06 硫黄泉さま)


『ローゼンメイデン』より 真紅さん (卓番メモが…スイマセン)


『ゆのはな』より 穂波さん (ニ08 obaさま)



今回もとあるひのコタツガさまでWHF神戸レポート集リンクを作成されてらっしゃいますよ。
いつもお世話になっております♪

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年04月16日

涼宮ハルヒの憂鬱 舞台探訪



飛び出せ! にっぽんヲタ街道
      涼宮ハルヒの憂鬱 舞台探訪
      朝比奈ミクルの冒険 舞台探訪

〜 み み みらくる みっくるんるん♪ Episode00 〜

2006年4月16日 兵庫県尼崎市&西宮市



春アニメも膨大に放送開始となりましたが、いったいマトモに見てて、DVDまで買い揃えようと思うのって、正直いくつあります?

…ネガティブに今晩わ。佳由樹です。


そんなこんなで、半分以上見ることを諦めた春アニメのなかで、賛否両論うずまいている「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが、原作を知らなかったものの、京都アニメーション(京アニ)謹製のクオリティがありますので、絵とか見てても気持ちいいですね〜♪

京アニといえば、伝説の神アニメ『AIR (TV版)』も手がけられており、その、あまりの上品質ぶりに度肝を抜かれつつ、舞台探訪好きの私に数々のクエスチョンを投げかけて頂いたステキなスタジオさんですが、「涼宮ハルヒの憂鬱」でもやってくれましたよ〜♪


…というわけで、「涼宮ハルヒの憂鬱」舞台探訪ではなく、ひとまず、伝説の第1話?「朝比奈ミクルの冒険」舞台探訪に出発ですぅ〜


ちなみに、私の生まれ育った町の商店街が舞台でしたので、アニメを見て0.5秒で各ポイントを見つけることが出来ました。近年稀に見る楽勝な舞台探訪です。



「朝比奈ミクルの冒険」の冒頭にいくつか街の風景が出てきますが…


いきなりキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!


こーいう、何気ない置物こそ、必ず現物があるんですよね〜


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

オラ、ワクワクしてきたぞ〜


アーケードが改装されちゃったので、作中とは違いますが、まぁ、ここなのです。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


商店街の「1番街」右下がここです。まぁ、そのまんまですね。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


ミクルが商店街を疾走するシーンも…


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


これ、このとおり♪ 


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


どーでも、いいのですが、商店街は人が多いので撮影に苦労します(汗


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

ちなみに、この商店街の中に、プラモ屋や薬局も実在しますよ。端から端まで歩けば必ず見つかります。



この写真…地面から取っていますが、背後のビルの非常階段から撮れば


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

↑ちょうど、この地点なのですね。


悪い魔法使いで宇宙人さんは、本日お休み。出てこなかった(汗


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

ミクルみたいなキャラよりも、個人的には置物系が好きです。はい。


さぁ、ここでまた、ごっそり過程を省いて、次なる場所へ…


ミクルが突き落とされた池ですね。ため池です。


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


…ちょうど、このポイントに来たときに、『お、明らかに舞台探訪やってるな〜?』ってお兄さん方がいらっしゃったので、ご挨拶しつつ、いろいろ情報交換させていただきました。この場でお礼申し上げます。

お名刺頂いたので、リンクさせて頂きます。

神奈井総社さま(水越柚耶さん)のサイトです。ちょうど、昨日、商店街を回られていたのですね〜♪商店街のお店の写真を置いてらっしゃいます。

今日の写真が楽しみですね。一緒にいた後輩の方が、どのように料理されているかw




c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団


この写真…向き間違えです。右90度に向けば、下のシーンと同じになりますよ?


c 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団




と、いうところで、朝比奈ミクル編はオシマイです!

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年04月01日

カラオケ&BARまーめいど に逝ってきました

さて、いよいよ新年度が始まりました。


新社会人として4月を迎えられた「隠れヲタ」の皆様、おめでとうございます。

ネクタイを締めて、平日の9時−17時が勤務時間な、いわゆる「普通のカイシャ」といわれる組織に所属された方は、歓迎会等で、しばらく宴席が続くかもしれません。学生のときとは違った「飲み会」の光景をみて驚きつつも、早めに順応して、立ち居振る舞いを学んでゆきましょう。

また、社会に出ると、今まで立ち寄ることすらなかった「飲み屋」で飲む機会も多くなってくるでしょう。そう、いわゆる「スナック」「バー」といわれるお店です。

繁華街に行くと、ピンクや紫、青一色の看板に「華」だの「順子」だの「四季」だの、漢字であっさりと店名が書かれた看板を見ることはありませんか?そして、お店の扉には「会員制」などの文字も…
そんなお店の看板が林立するビルは全国どこの繁華街でも見られる光景ですが、お店の中での光景はどこも似たようなものです。

やや暗めの店内には、カウンター席と、ボックス席と言われるテーブル席。
店長としての「ママ」がいて、他にも給仕する女性が数名。

お客は背広姿の中高年が多く、一人か二人でカウンターで飲まれる方も居れば、同僚同士や接待で4〜5名固まってボックス席で飲まれる方々も。

給仕される女性が席毎に配置され、煙草を取り出せば火をつけ、グラスが空になれば、もう一杯。

そして、店内に響き渡るBGMの「カラオケ」

まかり間違っても、「ハッピーマテリアル」など歌うことが出来る雰囲気ではなく、係長の長渕や、茶目っ気ある課長のモーニング娘。 そして重役の舟木一夫など、ヲタにはつまらないカラオケのオンパレードに、愛想笑い浮かべて手拍子&拍手する劣悪な環境。

「お前歌えよ!」といわれて、微妙に古めのJ−POPで茶を濁しつつ、給仕する女性との会話も、なんだか表面的な話となりがちで、休日の過ごし方など問われている時間に、「ああ、こんな会話してる時間が勿体ねぇ!家に帰って、春の新番アニメをみなきゃ!」と、上の空ですごす地獄の時間。

ああ、ツライですね。

本音は、


「オレは酒が好きだ!そしてアニソンを歌うのが好きだ!」

「オヤジの舟木一夫に拍手するのではなく、見知らぬヲタのハッピーマテリアルに拍手したい!」

「フラストレーションの溜まる平日のカイシャ帰りに、酒飲んでアニソンを歌って帰りたい!」


と言った所でしょうか。

…そんな、隠れヲタを癒してくれるスポットが、大阪梅田の東通り商店街にOPENしました。

ものすごく長い導入でしたね。
実に1年ぶりの大人版です

−−−

知りたい!見たい!やりたい!貴方に代わって潜入取材!

最新カラオケBAR突撃レポ

とび出せ!にっぽんヲタ街道を逝く 〜大人版〜
  〜 カラオケ&BAR まーめいど に逝ってきました 〜


まんだらけ大阪梅田店を左に見て、東通り商店街のアーケードを抜けると、風俗店の呼び込みの兄ちゃんがウヨウヨいる地帯へたどり着く。

オタロードのクズアンケート女をスルーするように兄ちゃん達の間を抜けて50mほど進んだ左手の道路に見える看板は、メイドイラスト入りのV字看板。

この看板が置かれたビルは、どーみても「スナック」がひしめく飲食店ビルです。
アキバのパーツ屋がひしめいていた雑居ビル以上に近寄りがたい雰囲気があります。

ともかく、意を決して2階に上がると、ビルに似つかわしくない看板がお出迎え。


カラオケ&BAR まーめいど というお店。

扉の奥からは、聞きなれたアニソンが聞こえてきたりします。
そして、重い扉を開けると、メガネをかけたメイドさんがお出迎え。

店内は中々に盛況ですが、とても狭く、6〜7名ぐらいのカウンターと、8名ぐらいのボックス席のみ。
普通はカウンターの向こう側にいるおばさんの「ママ」も、給仕の女性達も、ここでは、み〜んなメイドさん。

とりあえず上着を預けてカウンターに座り、システムを聞いたところ


2時間3000円で飲み放題。(30分前ラストオーダ)
なんと、ビールまで飲み放題対象。
カラオケも歌い放題。



…安い。安すぎるw
新地でセット8000円/1hと比べたら、雲泥の差ですわw


初めに注文して出てきたぬる目のビールを飲みつつ店内観察。

一人のメイドさんが、知り合い?が来ているボックス席で盛り上がってたりしたので、この方が責任者かな?と思って聞いてみれば、ペーペーだそうでw

周りへの指示の出し方とか見てたら、それと分かるメイドさんが居て、おそらくはこの方かな…と思いつつ水割りモードへ。

ボックス席の方々がアニソンや際々の歌謡曲で盛り上がるのに合わせつつ、店長さんの所在を尋ねれば、なんと隣に居た男性が店長でした
どの程度のヲタ知識があるかは分かりませんが、客層にあわせてガッチャマン歌ってたところなんかは好感持てましたよ(*´д`*)

カウンターで水割り飲みつつ、J−POPで超有名な方のアニソンカラオケが流れる中、詳細なフリードリンクの対象リストを眺めていると、なんと、コロナビールまで飲み放題に入ってます。

これ、外国産のビールで、ビンの口にライムがぶっ差してあるビールなんですが、こんなのまで飲み放題になってます…

メイドさんに本当かよΣΣ(゚Д゚;) と聞いて見たのですが、
「今はライム無しですけど、今後は用意します。もちろん飲み放題です。」

嬉しいですね(;´Д`)ハァハァ 


水割りを重ねつつ、素朴な疑問があったので聞いてみることに。

「昨日(3月31日)まで普通のスナックで、今日(4月1日)から業態変更したような感じ?」

と問えば、本当に今日からOPENだとか。
お店に並ぶ酒ビンが開封済みのものが多かったので、てっきり業態変更かと思いましたよ…


盛り上がるボックス席と、しっぽりしたカウンター席。

私の他にもお客さんが居ましたが、隠れヲタさんは時間一杯まで座ってて、新規店で安いからってことで覗きにきた人は、かなり早めに出て行ってました。

今後のお店の方向性はどうするのか不明ですが、一般的なスナックでは、給仕される女性のほうから積極的に話しかけてくるものなんですが、この店はどんな方針にするんでしょうかね…?

メイドさんに話しかけると、いろいろ楽しめるのですが、一般的なスナックの感覚で一人で行くと、放置プレイになりそうです。いいのかな?これはこれで。

さらに水割り。そういえば、煙草を切らしていたので、あるのかどうか聞いてみたのですが、

「置いてないですけど、買ってきますよ〜♪」



うれしいけど、その格好で

外に出るのはあかんて!wwww



良いメイドさんです・゚・(つД`)・゚・


とにかく値段的には安いと思うので、なんで?と店長さんに聞いてみたら、店にたどり着くまでの難易度の高さを値段でカバーする。そうです。*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*

ちなみに、ここまで、滞りなく接客を受けている様に書いてますが、実際は、まだまだオペレーションが確立されておらず、(*゚∀゚)=3ハァハァなドジっ娘展開もあったりで、愉快な時を過ごせました。

気がつけば、ラストオーダ時刻を過ぎていたのですが、時間通りに退散することを宣言して、サービスで最後の1杯。
カウンターの端っこに、コミュニケーションノートが3冊ありまして、

けいさんノート
コミュニケーションノート
スケッチブック


が置いてありました。

メイドさんにそれぞれの役割を聞いてみましたが、それは各自、行かれたときに聞いてみてくださいな。
とりあえず、「けいさんノート」の1ページ目はテラワロスwwwwww

スナックの施設で水割りを頂きながら、メイドさんが並ぶカウンターでアニソン歌って、コミュニケーションノートにお絵描き…


ありえない光景ですわ'`,、('∀`) '`,、


でも、(・∀・)コレイイ!! 


楽しい時間も2時間でお開き。つーか、閉店時刻。

スナックお決まりのエレベータまでのお見送りなんですが、当然、メイドさんにお見送られ。

恥ずかしいけど、いいもんですね( ´∀`)


周りの店のママ達がどう思うかは知りませんが。

外は雨が降ってきたようで、店長の計らいにより新品の傘GET。
…水商売としての基本を、この価格でやってくれたことに感謝。・゚・(ノД`)・゚・。


■ すごーく個人的な総括 ■

カラオケ&BAR まーめいど は、お昼と夜でメニューが違います。

お昼は1時間500円のフリードリンクと、これまた激安なのですが、そこらのメイド喫茶に比べたら、店のつくりからして、やや居心地が悪いかもしれません。


この店の本領発揮は、おそらく夜でしょう。それも平日の夜。


〜 正しい?利用法 〜

土日はヲタ友達と楽しく遊んだりするけれど、平日は隠れヲタの一般的なサラリーマン。
客先でボロクソに叱られて、気分が晴れない水曜日。

バタバタと仕事を片付け、さぁ、家に帰ろうとカイシャを出たのが20時15分。

「ああ…今日も疲れたなぁ… ちょっと酒でも飲みたいなぁ…」

先輩に誘われたり、後輩を誘ったりなどして飲む酒も楽しいでしょうが、たまには仕事を忘れて飲んでみたいもの。
でも、平日だと、せいぜい家に帰ってビール飲みながらネットで遊ぶのが関の山。

そんなときには、このお店は如何でしょうか?

平日の夜、東通り商店街の「現実世界」の喧騒を抜け、お店にお帰りすれば「仮想世界」のメイドさん。
上着をあずけ、おしぼりで顔をフキフキ、ネクタイを緩める。

店内には、一般人の殻を被ったヲタリーマンがポツポツと。

見知らぬ紳士と、スーツ姿で、昨日から始まった新アニメと、今晩から始まる新アニメについて、酒を飲みながら会話を交わす。
ここでは、政治の話もスポーツの話も芸能の話も何も無い。

ああ、向こうの席の紳士がカラオケを歌うようだ。SMAPだけど「笑顔のゲンキ」だ。
BBサイバーダムなので、背景の動画でバレバレだw

歌も終わって、見知らぬ紳士へ拍手を贈る。

コミュニケーションノートを見てみると、昼と夜では、明らかに内容が違うw
夜の書き込みは、微妙に年齢が高い。

向こうのボックス席では、紳士達がスーツ姿で、あのエロゲの話に興じているようだ。
では、私がモモーイの歌で煽ってあげよう。

時間は22時半。

ああ、もうそろそろ出発の時間だ。
心身ともにリフレッシュ。

メイドさんに見送られ、ここからは現実の世界へお帰りだ。

酔客と疲れたサラリーマンが吊革に並ぶ電車に身を預け帰途に着く。
明日はまた、いつもの満員電車で、カイシャに行くんだ。



…毎日に疲れている、すべてのヲタリーマンに捧げます。



(おまけ)

500円で1個スタンプが押されるのですが…

昼と夜のスタンプ押すレートが同じだから、夜だと2回でいっぱいだよ!
…大丈夫か、店長w

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年03月07日

IDOL M@STER 舞台探訪第2弾



飛び出せ! にっぽんヲタ街道
      
IDOL M@STER 舞台探訪第2弾

〜新発見ですよ、プロデューサーさん!〜



おはよう!朝ごはんだ諸君。(挨拶)

2月12日のアイドルマスターONLYイベントで、自分のサークルに座っていたときに、通りすがりのお兄さんより情報を頂きました。


(ウチのアイマス舞台探訪本を見ながら)
「あー、一部載っていない場所がありますねー」

『お?そうなんですか!? 結構不明なところが多くて困ってたんですよ〜』

「たとえば○○はねぇ…」



お名前を聞きそびれましたが、会話の中で出てきた地名を、とりあえずアタマに叩き込んでおきました。


そして翌週はワンフェス。
再び首都に降り立って、先週頂いた大まかな情報を元に現場を散策すると…



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

前回の舞台探訪の時に、道路系3連発として紹介していましたが、1つだけ不明であった第4の道路系ポイントがここにありました。

冬だったので、街路樹が丸裸だったり、アイマス制作当時とは違ったビルの建設が始まってたりとかして、微妙に違うような気もしますが、真正面の電信柱や看板など一致するところが多いので、確かにここだと思います。

実際、前回の舞台探訪時に撮影した道路の近くでしたし…



次も、通りすがりのお兄さんより頂いた情報で確認してきました。




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO (c)ENTERBRAIN

LV3の事務所ですね?

…実は、LV3事務所の画面写真が残っていない、というか、飛び級?したみたいで、いきなり事務所が高層ビルになってて、画撮できなかったポイントなのです。

画撮できてないので、プラチナアルバムから現場を引用しましたが、トリミング位置はこれであってるのでしょうか…?



次は、自分で伊織さんを弄っている時に、コミュをみて気がついたポイントです。


伊織さんのABランクコミュ「ある日の風景7」では、仕事に疲れた伊織さんが強引に空港に向かって、旅行に向かう…というものでした。




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

まさにそのままですねw

でも、空港のシーンなんて、伊織さんのコミュ以外であったのかな…と思うと、結構認知度の低い画面かも?


と、いうところで、アイマス舞台探訪第2弾は終了。

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年02月21日

ワンダーフェスティバル2006Winter 写真レポート


ワンダーフェスティバル2006Winter 写真レポート(完全版)

2006年2月19日(日) 東京ビッグサイト西ホール


※完全版をUPしましたので、速報版(2月19日の日記)は削除いたしました。



タイトル写真:C19−12 いたんぢさまのワンダさん&リセットさん。かなりお気に入り〜♪




というわけで、ワンフェスに行ってきました。

いろいろと欲しいものもあったのですが、11時過ぎ入場じゃ、売り切れはおろか、列に並ぶことすら拒否られる始末…(汗
ほとんど目当てのものも買えることなく、会場を彷徨っていた感じです。

今回も自分的にグッときたキャラ、作品、造型を中心に、様々なディーラー様のご好意により撮影し、掲載いたしております。撮影にご快諾くださったディーラー様、本当にありがとうございました。
また、各ディーラー様へのリンクは、ググって出てくるかどうかで判断して張りました。

なお、新作&未出作品中心に撮影いたしましたので、過去に撮影させていただいたものについては掲載しておりません。他の写真にも興味がございましたら、左側のリンクから、過去の写真レポをご覧下さい。


今回よりサーバの容量の許される範囲で、一部、高解像度画像も公開いたします。
キャラクター名および写真にリンクがあるものが、その対象となっておりますので、どうぞご覧下さい。




11時ごろに入場〜。列は長いけど、ずるずると入っていける感じでした〜。


ゲートイン〜




では、Aブロックから行ってみよ〜。



【A19−05 嗚呼っでんつーもけんZさま】

ヒビキさん。 原作のコミック、すごい好き。まさか立体があるとは…♪


【A17−03 剛本堂さま】

レミリアさんに咲夜さん。


パチェさん。


【A18−03 SAMURAIさま】

結さんは…はにはにだったかな…
あと、こちらのディーラーさんでレナさんの斧1/1?がありました。撮影させてもらえばよかった…


【A18−09 MJD−さま】

すいぎんぴんちゃん。


【A17−09 りゅんりゅん亭さま】

ぷにカラー23シリーズの新作、ちよ(千代田区)ちゃんとシマ(…島?)ちゃん。


シマちゃんのパーツなし。こちらも光量が足りてない・・・(汗


【A15−02 風雷堂さま】

水銀燈さん。 …格好いいですね〜。


・・・で、アップ。


【A15−03 GREEN LILYさま】

エマPinkyさんとシャーリーPinkyさん。


【A15−10 シャイニングウィザード@沢近さま】

すごい水銀燈さん。造形もすごいけど、生花もすごい…


【A13−03 轟屋さま】

ひとやすみ凛さん。


ネコセイバ…でいいのか!?


【A13−01 Vispoさま】

リオさん。


【A11−02 Nutsさま】

マローネさん。


【A10−07 Wisdomheatさま】

寝そべり雛苺。こうしてみると可愛いなぁ… TVではウザですが(汗
ノートに落書きされてたりして細かいギミックに好感です。


【A05−06 うどん工房さま】

新作。まねきレンちゃん。


なんか、2人向かい合わせると和みますなぁ〜


いいわぁ、本当にいい…


【A05−13 smile@deepさま】

シャボン玉が膨らんでいるみちるさん。


【A04−04 建速PROJECTさま】

ちびなのはさん&フェイトちゃん


【A03−12 VIXENさま】

ちびキューレの伝説たん♪


【A03−11 猿天下さま】

セイバーさんとカレンさん。ちびカレンさん見るのは初めて〜♪


【A17−06 にぼし筋肉さま】

おぢょう。




次はBブロック〜



【B14−08 TEAMドニューニョさま】

新作の半脱ぎこのみさん♪


【B08−09 工房ねんどくんさま】

オリキャラ…だったかな? 見えてます(汗


【B22−12 POWER GATEさま】

なのはさんと…


フェイトちゃん。


【B21−12 いじめて撃退企画第八回!!さま】

うたさんいっぱい。


【B35−05 エム×ホリックさま】

ちびセイバーさん&ちび凛さん。


【B06−04 Autarkieさま】

ライダーさんとイリアさん。手ぶれした…ショック(汗


【B16−07 Safety Factorさま】

ゲイツちゃんwwwww  キーーーーー!!!!!


【B15−06 ティークラブ 安眠(あみん)ガレキのばぁーさま】

子猫さん。尻ビューの写真も撮らせて頂いたけど…掲載できませぬ(汗


【B03−07 鋼鉄飯店さま】

エロメイドいずみさん。


【B36−01 Genocide!Kittenさま】

これ、かなりツボりましたw


ちび咲夜さん。


【B02−05 BUBBAさま】

ゆりえさん…だったけど、光が足りねぇ〜(汗 フラッシュ出てなかったのかな…


【B02−12 アデアットさま】

原作は知らないのですが、魔法少女紗枝の橘紗枝さん。可愛かったので、撮らせていただきました。


【B02−01 だてんしのゆうわくさま】

ねこみみ2000のにゃーけーさん。


【B34−03 妖精の箱庭さま】

お絵かき板むしゅめさんとかにむしゅめさん。ぷにカワ〜♪


【B06−11 eyewaterさま】

WAGA魔々かぷりちおのメリッサさん。さすがにすごい出来…(汗


【B04−11 むげん@WORKSさま】

うどんげさん。


いいんちょさんとタマ姉さん。


ルリ艦長〜♪




どんどんいこ〜。Cブロック〜♪



【C19−10 猫の事務所さま】

プレネールさん


…のアップ


【C19−12 いたんぢさま】

超絶可愛いワンダちゃん&リセットちゃん。百合にならない可愛い絡みが最高です。


かなり惚れたので、勝手にTOPにも置かせていただきました。スイマセン…


【C18−01 パナクエ委員会さま】

セイバーさんと新作のちびタイガーさん。


【C16−03 Second baseさま】

東方シリーズなのですが…


小町さんは、めずらしいかも。


【C16−08 THE HITMANさま】

フェイトちゃん。


【C14−06 スト印さま】

いぬてぃさん。


【C13−05 もったらけずるの?さま】

美羽さん。ごっつい塗りが綺麗だったなぁ…


【C11−13 ザキ・ブランドさま】

新作の紫さんと幽々子さん。


【C09−02 PHANTOM PROJECTさま】

梨花ちゃんお持ち帰りぃぃ〜」な梨花ちゃまとレナさん♪ほのぼの可愛い〜。


【C09−08 TETRAさま】

アキバエクスプレスの晴海(はるみ)ちゃん
こんなのまで立体化されるんだ…(汗


【C21−08 エトワール侍さま】


マジキューだったかで掲載してる麒麟町ぼうえいぐみのみなさんですね。


じつは、マジキュー買ってなくて、あんましよく知らないのですが…


でも、この子たち、すごく可愛いです。


【C20−09 project GSさま】

美羽さん。


…のアップ。


【C21−01 Bカンパニー&平八座禅さま】

黒セイバーさんにキャスターさん。


でも、こっちのヘタレキャス子さんが一番気に入ったかも…


【C16−07 P団さま】

冬服セイバーさん。この衣装の作品って初めてかも…


【C16−05 ふぁくとりー・ありあさま】

オリジナル?のクマー釣りフィギュア(w 真剣な面白い作品でした〜。


【C16−10 LittleStepさま】

タマ姉さん&いいんちょさん。 あ…タマ姉の腰に…


【C14−04 ゆうなぎ人形館さま】

この、なのはさんは以前撮影させていただいていたのですが…


この角度が撮れそうだったので、再び撮影させていただきました(汗
スイマセン…


魔理沙さんとアリスさん。攻×受。


【C12−02 Romantic−Union 鹿鳴館さま】

あかりさん。


…のアップ


アリスさん。


…のアップ


社長〜!




では、Dブロックヘ〜

…ゴルド来てたのに、写真撮れなかったのが一生の不覚orz



【D23−03 カルガモさま】

アリスさん。前回は彩色なしでしたが、今回は色つき〜♪


【D14−12 Suger Minthiaさま】

ちびナオさん。


【D05−04 茂毛工房さま】

レミリアさん。


バトル咲夜さん。


【D03−04 ドリームクリエイツさま】

ちびFateズ。


体操服が良かったのでピンポイント。


【D02−08 りんごじゃむさま】

ベッキーさん(+メソウサさん)


【D02−13 ブロンドパロットさま】

触手ジブリール・アリエスさん。うひ。


〜♪

触手〜♪♪


【D02−06 瓢箪山電気さま】

ストローさん。


【D10−02 SPICE/ONINGYO hanさま】

新作のちびミルフィー&ふつうミルフィー


【D20−01 G・Kオペレーションさま】

小早川ゆたかさん。らき☆すたですね。前回はこなたさんを撮らせて頂いたかな…


【D01−05 アトリエ:カモでドキッ!?さま】

翠星石さんに水銀燈さん。


Peace@Piecesの玉ちゃん。




まだまだ続くよ〜。Eブロックへ〜



【 E22−01 (株)ウェーブさま】

最近、どこだったかで使徒子ちゃんを見かけていたのですが、このメーカーさんだったのですね…


【 E01−01 arenaSIGHTさま】

新作のGAミントさん。ぽにぽにの橘さんは撮りそびれた…(汗


このライダーさんは…体操服っぽい?


【E10−12 すきやき工房さま】

この沙都子さん、めっちゃアイデア賞!
9999の瞬間は…さすがに撮れなかった(汗


鉄平に無理やり?風呂らされていたカワイソウな沙都子さんタイマー(w


【E10−01 ROUND FACERさま】

オリジナルの水着娘さんとウエイトレスさんです。


【E10−04 和風堂玩具店さま】

近日発売予定の作品をパチリ…


【E10−07 水戸こんどり屋さま】

うにゅうの鉢植えがくるくる回ってました〜♪
なんか、殴りつけたくなる愛らしさですね〜


【E01−08 ソリッドシアターさま】

日向さんはもこもこ。完成品は5月〜


【E11−06 Reply From.さま】

プラムさん。


【E11−07 まぐろはうすさま】

春香さん。アイマスでは唯一でした。


【E02−06 乙女座さま】

黒キューレさん。


白セイバーさんと黒セイバーさん。光量多すぎた…


【E03−04 えんどるふぃん&エルステッドさま】

このみさん。見上げポーズが好き。


【E13−04 たこす工房さま】

新作の初音さんPinkyです。


【E05−11 ROUND TABLEさま】

電車男OPの娘さんでしたね…名前なんだっけ…(汗


【E05−07 Tetra Packさま】

コトナさんとフィーネさん。 そういえばレを見かけなかったような…


【E14−08 青葉蘭さま】


新作のいいんちょさん&タマ姉さんのアタマパーツ。タマ姉が重たそう…


【E15−11 押日屋さま】

ゆりえさんPinky。いいわぁ〜。


【E06−05 アトリエS.B.M.さま】

げんしけんの筆子ちゃん(違う)と真紅さん


ましまろの2人は手をつないでます。はじめ、アナさん一人だったのですが、撮影をお願いしたところ、まつりさんとセットだったことが発覚! 無事2人で撮影できました♪


【E25−01 Karakuri−BOXさま】

ライダーさんとセイバーさん。


【E07−07 ペ・天使堂さま】

店長〜!


【E07−05 秀吉さま】

デジペちゃん…は創作キャラでいいのかな?


こっちは鬼姫さま〜シオンちゃん。立体も可愛いけどPOPも惹かれます。


【E18−07 (有)R.C.ベルグ PLAGUILDさま】

新作のみつきちゃん。


【E03−05 PPO−14さま】

ペーパークラフトのローゼンズさんたち。スゴイ…ここまでペーパークラフトって再現できるんだ…




Fブロック〜。この辺からだいぶ疲れたきた〜(汗



【F18−07 アルゴス工房さま】

前回撮影させていただいたロケット娘X15−A2ちゃんが成長したのかと思ったら、ヴァルキリーさんだったのですね。失敬。


【F15−02 何なんだかなぁーさま】

翠星石さん。


【F13−04 天使の吐息さま】



アイマスのドールで、雪歩さん、春香さん、伊織さん。
…春香ドールがホシカッタス…


【F11−02 NEO−FUKUOKAさま】

幼綾波さんと幼アスカさん。


【F30−01 YAMATOさま】

6月発売予定のウェンディギャレットさん。




アトリウムのGブロック〜



【G05 コナミさん】








【G09 グッスマ&MAXさん】

















【Cのどこか〜 とらのあなさん】







…と、いつもより多めに?紹介させていただきました〜


そして、地方民はすぐに帰還…(汗


夏は8月20日!コミケ明けすぐ! orz


さらば、ビッグサイトロン!!

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2006年02月18日

アサミンゴスPとの遭遇

つか、もし、別人の釣りNAMEだったら、全世界に大恥晒すのですが、あえて…

だって、聖地からのINだし…






では、早速…



キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!




今日のラッキープロデューサーは…私ですっ!私ですよっ!


…というわけで、律子さん、やよいちん、亜美さんの3人からワクテカが来ていたので、仕事を早めに終えて近所のゲーセンへ。
最近、普通の夜はそれなりに人が多くなった気がするこのお店も、さすがに金曜日は先客が1人だけ。

いつもどおり端っこのサテに陣取って、画撮用のケータイを取り出してプロデュース開始♪

ワクテカ消化で全国50kを受けた後、減衰期に突入してしょっぱ目だった律子さんとやよいちんは残りクレジットを2.5kのノーボムでこなしていたのです。

極力、対人を避けようとベタ待ちしていたのですが、あるとき、3回目の待ちであることを忘れていて、

「次も対人戦だったら、あきらめて入るかな〜」

とか思っていたら… 強制イン(汗


「あー、やっちまったー。 こんな状態で50kとか入れられたらやだな…」


とか思っていると、レアオーデ?だったかの、3.5k2枠のオーデへ。


先に1人のhumが居て、自分が3枠へ。

まぁ、枠内だし謝らなくてもいいかな、と今の心境をコメント入力。



「とばされたーーー」


そうして、残り20秒ぐらいになって4枠5枠が入ってきました。

「あー、じゃんぽんじゃないのか〜。使えないなぁ〜」


と、正直思っていたのですが、5人目のhumの名前を見ると…





( ゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



  _, ._

(;゚ Д゚)








キタY⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y!!!






すごいっ!すごいですっ!

プロデューサーさんっ!!
(春香調で)




アサミンゴスPってことは… 千早さんの中の人(=今井麻美さん)ですよっ!中の人っ!



感動のあまり、手ぶれしながらも、猛烈にケータイで、とにかく画撮!画撮っ!!


ああっ! miniSDへの書き込みが遅くて腹立つーーーーっ!!!!


…などとやっている間に、締め切られてしまう。



「あーーーー!!! コメントがさっき入れた、そのままだーーーっ(大汗」



と、そんなドキドキ、ワクワク、バクバク状態の私にアサミンゴスPは…




「あ♪」











    ( Д )  ゚  ゚










「あ♪」 って何ですかっ!?


「あ♪」 って!!!!????





この、「あ♪」の真実を永遠に知ることはないのでしょうけど、自分では勝手に脳内変換してエールを送ってくれたと解釈しますっ!!!


         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウワ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。
.:*::+。゜・:+::*                        *::+:・゜。+::*:.



ありがとう!アサミンゴスP!!!

折角、エールを送ってくれたんだから、こっちも全力でがんばるぞっ!!!



…と、いうわけでオーディション開始。



アサミンゴスPと私の位置が離れています。



…せめて、隣に行きたいなぁ。




そんな純粋?な気持ちでボム投下。




(*゚∀゚)=3ハァハァ



よし!隣に並んだぞ!!!!

※馬鹿者です。




今度は、アサミンゴスPと1・2の

フィニッシュを決めるぜ〜!!






そんな純粋?な気持ちでボム投下。









    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ






あかんっ!!!


ブチ抜いてしまったぁぁぁぁぁっっ!!!!

※馬鹿者です。




ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい(ひぐらしのレナさん調で)




そうして、なんとが順位を落とそうと努力をしてはみたものの…





ごめんなさい…




       ||
     ∧||∧
    ( / ⌒ヽ
     | |   |
     ∪ / ノ
      | ||
      ∪∪
       :
      -====-

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年11月22日

IDOL M@STER 舞台探訪



飛び出せ! にっぽんヲタ街道
      IDOL M@STER 舞台探訪

〜想い出の場所ですよ、プロデューサーさん!〜

2005年11月22日 横浜市&東京都内近郊(+大阪市)



おはよう!朝ごはんだ諸君。(挨拶)

23日にひぐらしONLYイベントに出展いたしまして、おかげさまで持ち込み分完売できました。お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。…で、その前日にかねてから予定していたIDOLM@STER舞台探訪も決行してきたのですよ。



まず、降り立ったのはJR京浜東北線の石川町駅。
超有名な「横浜中華街」の最寄り駅ですが、目的の地へは逆の出口へ…

目的の地へは商店街を抜けていきます。
石川町駅からアプローチすると、「うぐぅ」いう人が出てくる超有名エロゲの有名な聖地も探訪できてお得です。


【写真】「うぐぅ」いう人がタイヤキ食い逃げした商店街。



外人墓地を横目に山を登ると、見えてきたのは「港の見える丘公園」

公園に入って、すぐ右側を見ると…



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

解散コンサートその他で出てくる、あの庭ですね♪
ここのコミュ、いつも失敗してるので、良い思い出がないのですが(汗


他にも、「庭」系の背景が無いかと思って園内を…


ウロウロ…

ウロウロ…


ウロウロ…したのですが、どうも違うようです。
諦めて次へ…


東急新線に初乗〜♪ 横浜は今、地下駅なんですね…


そして、都内へ。


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

ハチ公が見つめるその先には、あずささんの痴漢コミュとかで出てきた場面が広がっています。
あとは、この近くで…




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

街頭キャンペーンのコミュとかで出てくる、某レコード店もあります。
左側の街灯のデザインが作中と現物は違っていますね。

そして、皆がプロデューサー道を歩みだす第1歩の地へ…



キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
!!!!!





(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

765プロ(旧社屋)です!
見習いプロデューサーはラーメン食いながら、アイドルマスターを目指して奮闘努力する…

…そして、疲れたときには高木社長とともに、だるい屋へ(w


ところで、ラジオコミュに出てくるスタジオって、いわゆる公開録音系のスタジオですよね?


(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

ほら、こんな感じで、スタジオから外が見えるやつ。
とりあえずメボシをつけて、都内の公録スタジオをめぐってみたのですが…



まずは、TOKYO FMの渋谷スペイン坂スタジオです。
スタジオから道路を見ると…



んー…違いますね。

次は、FM−FUJIの公録スタジオへ。



雰囲気は似てるような気がします。



スタジオの前には、場所取りの時間&記名入りダンボールがびっしり(w
…俺も、中にあずささんが居るんだったら、場所取りしますよ。



スタジオを背に道路を見ると、ここも違う模様。

手詰まり!誰か情報求む!!


−−−

まだまだ続くよ〜♪

−−−

プロデューサーランクが上がると引っ越すことができる高層ビル


(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

はい。これですね。



んー、やっぱり違いますかね。むぅ…


次はズバリのこの場所!!



キタY⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒Y !!!





(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

春香さんがヘッタクソな発声練習やってるい野外ステージですね♪



さらにさらに、道路系3連発。


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

各種レッスンを行うときに出てくる背景ですね。
下2つは、昔、青葉区からアキバまでしょっちゅうR246をバイクで快走してましたのでゲーム画面見たときに一発で分かりましたので難なく撮影〜。

−−−



どんどんいこ〜♪

−−−

さて、コンサート会場も色々ありますが、特定しやすいのはこの2つ。


東京ドームと…

※ゲーム中で行ったこと無いので、ebのムックに掲載されてた画面写真見て撮影。


♪屋根の上に〜



光るタマネギ〜〜♪




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

武道館ですよ、プロデューサーさん!!!

この間、初めてB入学した私は、ようやく作中で武道館背景を見ることが出来ました…




「だれでもトイレ」という不思議な名称の施設を見ながら新宿へ…




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

あずささんを捕獲した場所と…




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO

アルタ前〜♪

…アルタ前はキャッチの兄ちゃんがウロウロしてて、撮影しにくかった(汗


さて、舞台探訪もいよいよ終盤。



りんかい線に乗って…



聖地へ(w



夢の大橋へと続く、さびしいプロムナードをぼつぼつ歩く…


…そう、別れの地を目指して。




・゚・(つД`)・゚・





(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO


別れがあるから出会いがある。

でも、決して「さようなら」ではなくて「またね!」で別れたい。


GO TO! NEXT PRODUCE!!!


〜オマケ〜




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO




(c)窪岡俊之 (c)2003NAMCO



以上、ウチで既出の大阪3会場です。

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年10月30日

ワールドホビーフェスティバル神戸#22写真館


【写真】神戸空港への延伸工事の進むポートライナー「市民広場」駅

ワールドホビーフェスティバル神戸#22へ行ってきました〜

沢山は撮らせて頂いておりませんが、自分的にツボった作品を中心にご紹介させていただきます。撮影にご快諾下さったディーラー様、どうもありがとうございました!

以下、『作品名』キャラ名 (ブースNo ディーラー名)で紹介いたします。

※サイト領域の容量の都合上、かなり圧縮したファイルサイズといなっております。そのため、撮影させていただいた作品全般にザラザラしておりますが、実際の作品はとても綺麗なものです。この点、ご容赦下さいませ…
※それと、今回、今まで撮ったのと比べてやたら色合いが悪いです…精進します。スイマセン…




『ひぐらしのく頃に』竜宮レナさん (カ02 安眠(あみん)ガレキのばぁーさま)
憂う目!スリットを大胆に活用した太もも見せ!胸のぽっちり!(下写真参照) 俺敵ツボの三重奏です。完成品とかあったらスゴイ欲しい作品ですね…


うっすら見えるぽっちり(゚∀゚)


『マビノギ』サキュバスさん (コ08 S−MISTさま)
同じ作品でもナオさんなんかは商品化されるようですが、サキュバスさんは珍しいですね。エロ可愛くてよい感じです。


オリジナルキャラのねこさん。 (オ09 ぐりむろっく!さま)
ほっそりしたラインに惹かれたねこさん。です。モロネコミミ系なおにゃのこよりも、普通っぽいおにゃのこに猫耳のほうがツボですな。
…しかし、光量不足で暗くなってしまった(汗 スイマセン。


『ToHEART2』柚原このみさん (コ15.16 えんどるふぃん&エルステッドさま)
見上げるポーズがツボ!のこのみさん。通路を歩く自分に目で訴えかけてきましたよ!目線と遠近感を強調できればかなり可愛く撮れるのですが、普通になっちゃった…


『デモンペイン』アルさん (コ04 A−Frameさま)
見上げ系のアルさん。作中で出てきたのとおなじポーズでしたでしょうか…?(違ってたらスイマセン)


『ToHERAT2』小牧愛佳いいんちょ! (ケ13 蓬ガレージさま)
完売してたいいんちょ!ピンキー。個人的にはこのみ好きなのでこのみキボン(汗


『Wind』のひかりさん (ケ05.06 パパン亭さま)
前回、撮影失敗したひかりさんのリベンジ!…でも、確か湯のみとかありませんでしたっけか?


そして、同じく『Wind』のみなもさんです。完成品を拝見できるのはいつかな…(´-`)


『リリカルなのは』なのはさん (ス13 ぷるるん亭さま)
このなのはさんとフェイトさんを展示されてたのですが、フェイトさんは目線が合わずに掲載断念…なのはさんって立体にしごたえありそうですね。


『瓶詰妖精』れれさん (ス05 もぐらのやまさま)
かわいい瓶詰のれれさん。他にも妖精たちがいたのですが。この子がツボ!
こちらのディーラーさんのTOPページにれれさん+もも?の組み合わせの写真がありますが、この絵好きですー。


『灼眼のシャナ』シャナさん (チ04 教会騎士団さま)
ゲームはやったことないのですが、最近、深夜アニメやってまして、結構キャラ的にお気に入りなシャナさんです。ただ撮影しただけ…な構図になってしまったのが残念です… もっとアップにしなきゃ…


『リリカルなのは』なのはさん (スイマセン、ディーラー様名のメモ紛失…)
元気な感じが出ているなのはさんです。目線優先で撮るかパンツ優先で撮るか、結構悩んだ気が(汗
ピンクでした。(確か?)


『Fate』桜さん (ノ03.04 夢のカグツチノ公園さま)
うわ!作中同様に桜さんが光ってます(驚 カッコエー!
結構撮影している人多かったけど、なかなか綺麗に撮るの難しかっただろうなぁ… フラッシュ焚いたら目も当てられなくなりそう…


『ぱすてるチャイム』コレットさん (フ05.06 温泉天国さま)
すぱっちゅですよ。すぱっちゅ。耳とすぱっちゅとツインテで俺的3Hitコンボ。


こちらのディーラーさんの観鈴ちんは、夏のワンフェスの時に撮影させていただきましたが、観鈴ちんなのでもう一枚パチリ。


ピンボケしてごめんなさい…の 『Fate』キャスターさん (フ15 あんきもさま)
Fateのディフォルメ作品を出品されてるあんきもさまのキャス子さん。こちらのディーラーさまのディフォルメFate作品はツボですわー。


『Fate』遠坂凛さま (ヘ01-10 ArtroaDさま)
こんな凛々エロしい凛さまの他にも、ライダーさん(18禁)、セイバーさん(18禁)など格好いいFateキャラが揃っておりました。


ライダーさん(18禁) 自己責任取れる大人のみクリックで拡大


セイバーさん(18禁) 自己責任取れる大人のみクリックで拡大


『Fate』セイバーさん (ヘ01-26 岡山フィギュアエンジニアリングさま)
いろんな意味欲しくなったようなセイバーさん。王様もおにゃのこ〜♪

かなりの18禁なので自己責任取れる大人のみクリックで拡大


…とまぁ、このような感じの作品の数々がツボった訳なのです。
繰り返しになりますが、紹介させていただいたディーラーさま、どうもありがとうございました。


もっと、いろいろなディーラーの作品が見たいぞ!とか、写真ヘボイぞゴルァ!な方は、今回もとあるひのコタツガさまでWHF神戸レポート集リンクを作成されてらっしゃいますので、そちらからどうぞ♪
【写真】神戸空港への延伸工事の進むポートライナー「市民広場」駅

ワールドホビーフェスティバル神戸#22へ行ってきました〜

沢山は撮らせて頂いておりませんが、自分的にツボった作品を中心にご紹介させていただきます。撮影にご快諾下さったディーラー様、どうもありがとうございました!

以下、『作品名』キャラ名 (ブースNo ディーラー名)で紹介いたします。

※サイト領域の容量の都合上、かなり圧縮したファイルサイズといなっております。そのため、撮影させていただいた作品全般にザラザラしておりますが、実際の作品はとても綺麗なものです。この点、ご容赦下さいませ…
※それと、今回、今まで撮ったのと比べてやたら色合いが悪いです…精進します。スイマセン…




『ひぐらしのく頃に』竜宮レナさん (カ02 安眠(あみん)ガレキのばぁーさま)
憂う目!スリットを大胆に活用した太もも見せ!胸のぽっちり!(下写真参照) 俺敵ツボの三重奏です。完成品とかあったらスゴイ欲しい作品ですね…


うっすら見えるぽっちり(゚∀゚)


『マビノギ』サキュバスさん (コ08 S−MISTさま)
同じ作品でもナオさんなんかは商品化されるようですが、サキュバスさんは珍しいですね。エロ可愛くてよい感じです。


オリジナルキャラのねこさん。 (オ09 ぐりむろっく!さま)
ほっそりしたラインに惹かれたねこさん。です。モロネコミミ系なおにゃのこよりも、普通っぽいおにゃのこに猫耳のほうがツボですな。
…しかし、光量不足で暗くなってしまった(汗 スイマセン。


『ToHEART2』柚原このみさん (コ15.16 えんどるふぃん&エルステッドさま)
見上げるポーズがツボ!のこのみさん。通路を歩く自分に目で訴えかけてきましたよ!目線と遠近感を強調できればかなり可愛く撮れるのですが、普通になっちゃった…


『デモンペイン』アルさん (コ04 A−Frameさま)
見上げ系のアルさん。作中で出てきたのとおなじポーズでしたでしょうか…?(違ってたらスイマセン)


『ToHERAT2』小牧愛佳いいんちょ! (ケ13 蓬ガレージさま)
完売してたいいんちょ!ピンキー。個人的にはこのみ好きなのでこのみキボン(汗


『Wind』のひかりさん (ケ05.06 パパン亭さま)
前回、撮影失敗したひかりさんのリベンジ!…でも、確か湯のみとかありませんでしたっけか?


そして、同じく『Wind』のみなもさんです。完成品を拝見できるのはいつかな…(´-`)


『リリカルなのは』なのはさん (ス13 ぷるるん亭さま)
このなのはさんとフェイトさんを展示されてたのですが、フェイトさんは目線が合わずに掲載断念…なのはさんって立体にしごたえありそうですね。


『瓶詰妖精』れれさん (ス05 もぐらのやまさま)
かわいい瓶詰のれれさん。他にも妖精たちがいたのですが。この子がツボ!
こちらのディーラーさんのTOPページにれれさん+もも?の組み合わせの写真がありますが、この絵好きですー。


『灼眼のシャナ』シャナさん (チ04 教会騎士団さま)
ゲームはやったことないのですが、最近、深夜アニメやってまして、結構キャラ的にお気に入りなシャナさんです。ただ撮影しただけ…な構図になってしまったのが残念です… もっとアップにしなきゃ…


『リリカルなのは』なのはさん (スイマセン、ディーラー様名のメモ紛失…)
元気な感じが出ているなのはさんです。目線優先で撮るかパンツ優先で撮るか、結構悩んだ気が(汗
ピンクでした。(確か?)


『Fate』桜さん (ノ03.04 夢のカグツチノ公園さま)
うわ!作中同様に桜さんが光ってます(驚 カッコエー!
結構撮影している人多かったけど、なかなか綺麗に撮るの難しかっただろうなぁ… フラッシュ焚いたら目も当てられなくなりそう…


『ぱすてるチャイム』コレットさん (フ05.06 温泉天国さま)
すぱっちゅですよ。すぱっちゅ。耳とすぱっちゅとツインテで俺的3Hitコンボ。


こちらのディーラーさんの観鈴ちんは、夏のワンフェスの時に撮影させていただきましたが、観鈴ちんなのでもう一枚パチリ。


ピンボケしてごめんなさい…の 『Fate』キャスターさん (フ15 あんきもさま)
Fateのディフォルメ作品を出品されてるあんきもさまのキャス子さん。こちらのディーラーさまのディフォルメFate作品はツボですわー。


『Fate』遠坂凛さま (ヘ01-10 ArtroaDさま)
こんな凛々エロしい凛さまの他にも、ライダーさん(18禁)、セイバーさん(18禁)など格好いいFateキャラが揃っておりました。


ライダーさん(18禁) 自己責任取れる大人のみクリックで拡大


セイバーさん(18禁) 自己責任取れる大人のみクリックで拡大


『Fate』セイバーさん (ヘ01-26 岡山フィギュアエンジニアリングさま)
いろんな意味欲しくなったようなセイバーさん。王様もおにゃのこ〜♪

かなりの18禁なので自己責任取れる大人のみクリックで拡大


…とまぁ、このような感じの作品の数々がツボった訳なのです。
繰り返しになりますが、紹介させていただいたディーラーさま、どうもありがとうございました。


もっと、いろいろなディーラーの作品が見たいぞ!とか、写真ヘボイぞゴルァ!な方は、今回もとあるひのコタツガさまでWHF神戸レポート集リンクを作成されてらっしゃいますので、そちらからどうぞ♪

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年10月01日

大和町探訪(復刻編)



飛び出せ! にっぽんヲタ街道 復刻編

      まほろばの里 舞台探訪

やまときゅんとまほろちゃんに挑む邪馬台国畿内説論争(汗

2003年12月5日〜7日 佐賀県大和町
 まほろば祭



10月1日 1つの町がなくなりました。

いや、正しくは「町名」が無くなっただけかも知れません。
しかし、1地方自治体に過ぎなかった「町」が一人の担当者によってネット限定とはいえ、全国的に知られるようになった事実は、行政経営の時代においては多大なる功績であったと言えるでしょう。

その町の名は「大和町」

佐賀県内の小さな行政区域でしかなかった同町の広報キャラクター「まほろちゃん」
この子が居なければ私も、そして多くのファンも同町を知らぬまま、今日を迎えていたことかもしれません。


【参考資料】 旧大和町ホームページTOP画像

「町」が消えることなど予測だにしていなかった2003年12月。
同町にて開催される「まほろば祭」へ来訪してきましたので、当時の写真とヲタ街道コンテンツを復刻版としてお届けして、皆様には「あー、1つの町のために、こんなことしてたバカがいたんだなー」程度のお気持ちでご覧いただければ幸いです。




さぁ、そんなわけで、いつもの駄文です(汗

まほろば祭直前の12月上旬のお昼ごろに、いつものように仕事をしていると、ひじりか。さんから1通のメールが届きました。

なんか、突然わけわからん文面を送りつけてきやがったので、ついカッとなって


こんな感じでメールを返して見ました。

そしたらなぜか、数日後にクルマで九州は佐賀県まで行くことになってしまったのです(汗
目的は「まほろば祭」、そして「まほろちゃん携帯ストラップ」!


まほろば祭前日の夜、関西方面を発ったクルマはR2にて岡山へ。
わざわざ、下道で行くには理由があって、R2の船坂峠兵庫県側の上り口に地元優良企業「うかいや」グループの『とらぽーと』なる民間ドライブインがあるのですね。

この、ドライブインは以前から愛用しているのですが、トラッカーの腹を存分に満たすためだけに存在する激安鍋料理を24時間堪能できるスポットとして、狭いエリアで大好評なのです。


今回も、深夜3時ごろに鍋料理で存分に腹を満たして峠越え。
山陽道の和気インターより高速を使って、ひたすら九州をめざす…


美凪「私…クルマは苦手です…」

一晩中走り通しで山口県に差し掛かるころ、トラックのパンク&玉突き事故現場の横を渋滞で通り抜けながら…


やってきました!関門海峡!
名物「ウニまん」(ウニ入り肉まん)をほおばりつつ、「あー、ついにここまで来たなー」と感慨深く朝もやのかかる関門海峡を眺めるのでした。


関門海峡を越え、九州道から長崎道へ入ってしばらくすると…

キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

ついにやってきましたよ。佐賀県大和町!

軽自動車にオトナ4人乗りで爆走すること10時間(汗



美凪「意外と大きな役場ですね…」

まずは、役場へ表敬訪問が基本です。


役場の側の駐車場に車を止めて、どこか遠くのナンバーはないかと見回せば、


おお!愛知県からご苦労様です(w
…他には、我々の関西ナンバー以外に遠いと思えるものもなく、意外と少なめ?な感じでした。


町には「まほろば祭」のポスター(まほろちゃん入り)が翻る中、会場へ。


ついに発見!まほろちゃんストラップ販売コーナー!!


歴代まほろちゃんイラストが展示される中でストラップの販売。
いっぱい買いました(汗


地元のお酒といっしょに(w


そんなお買い物をして、会場内で名産や名物を買ったり食べたりしていたときに思い出した旅の主目的、それは…

邪馬台国は佐賀ではなく、畿内にあった! 説を佐賀県人に唱えてくる

ことだったのです(汗


幸いなことに、このまほろば祭のアンケート用紙が手元にあったので、うどんを食いながらサラっと

「ブラックまほろちゃん(仮称)」

を描き上げて、邪馬台国畿内説を唱えさせましたよ(w
そして、その紙を…


まほろちゃんの作者であり、最も有名な広報担当の公務員となってしまわれた、I山さんに手交!!!(w

ゴメンナサイ…orz


まぁ、I山さんや、その上司の方を交えて終始なごやかに会談?が進んだわけなのですが、そんなときに上司さんの計らいで、我々の酒瓶に直筆イラストを描いてもらえることに!!!


「やまとの原酒」 に やまときゅんがっ!!


これを大量生産(汗


まぁ、歴史論争(そうか?)を繰り広げたわりには和やかなムードの交流会も無事終了し、職務を遂行されるI山さんと別れて、我々は博多へ…


とりあえず、ヲタショップをまわりつつ…


私の大好きなトキハラーメンへ。
いわゆる、豚骨〜な感じではないのですが、しっかり豚骨なラーメンで、ココにはよく行ってます。


時間は夕方となり、長浜の団地の横の屋台街でちょっと飲んでから帰ろうかと思ったけど、皆くたばっていたので、駅前のヨドバシに寄った後、そのまま門司港へ…

新門司から大阪南港まで出ている名門大洋フェリーに乗船です。

「名門」ですよ、「名門」

名門というからには、さぞかし「名門」なんでしょう(意味不明)


…まぁ、1万トン級のカーフェリー自体はきわめて普通のものでしたが、舞鶴〜小樽以来久しぶりなので、超快適に過ごせました〜

翌朝には大阪南港到着。

とても駆け足(ほとんど日帰り?)だった大和町探訪もこれにて終了♪


I山さんに描いていただいたスケブも宝物です。


そんなこんなの旅路でしたが、当時のコンテンツが同行者のページにそのまま残っていたので、リンクしますね。

ひじりかさんの まほろば祭特攻記〜まほろちゃんに会いに行こうツアー〜

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年09月23日

おねがいツインズ オトナの舞台探訪



飛び出せ! にっぽんヲタ街道

      おねがいツインズ オトナの舞台探訪

宮藤深衣奈ファースト写真集〜はじめまして16歳の秋〜

2005年9月18日〜19日 長野県松本市・大町市


〔評〕 おねがいツインズのヒロインで大活躍の宮藤深衣奈ちゃんが水着姿で初挑戦!無邪気な表情と、時折見せるハッとするような女性的な魅力まで,移ろいやすい少女の表情を大胆に捉え、限界ギリギリまでに、その美しく豊潤な肢体を魅せています。
(はいてくきゃろっと/刊 税込価格/108,000チロル)



とまぁ、よくある少女写真集にありがちな前文をでっちあげてから今日の話題です。


先週、コトブキヤからおねがい☆ツインズの宮藤深衣奈さん○水着版○完成品フィギュアが発売され、以前に出ていたスケスケTシャツ深衣奈さんフィギュアを買い逃していた私は即効で買いにいってきました。

とりあえず、お家でパチパチと撮影していたのですが、なんか背景が物足りなくなって野営大好きオヤジを3名招集かけて、クルマにテントやドカシーやコンロを積み込んでおねティ&おねツイの聖地「長野県松本市/木崎湖」へ1泊2日のキャンプに飛び出しました(汗

何年も前から白馬方面へスキーに行くときは、必ず立ち寄っていたおねティ&おねツイ舞台なのですが、雪の無い時期に木崎湖目的で行くのは実は初めてだったりして、非常に楽しみに旅立ちました。

あわせて、最近地道に育てているアイドルさんなんですが、「そろそろ地方巡業するかー」の同行者の一声でキャロット南松本での地方公演計画も決行!

…では、しばらく恥さらしな(汗 写真たちでお楽しみ下さい。





観鈴「ちょっとヘンな舞台探訪が始まるよっ。にははっ」
【ロケ地】松本市/城山公園


観鈴「朝も早いから、誰もいなくて気持ちいいね。にははっ」
美凪「人がいないのをいいことに、やりたい放題ですね」
【ロケ地】あがたの森/松本高校ベンチ


松本高校中庭のベンチから校舎を望む…
【ロケ地】あがたの森/松本高校ベンチ


公園内の水飲み場でヌレヌレ。この水飲み場も作中で使われてましたね。
【ロケ地】あがたの森/水飲み場


朝早いのに、人の流れが切れずに撮影に難儀した正門(汗
【ロケ地】あがたの森/松本高校正門


【ロケ地】JR大糸線/信濃木崎駅


【ロケ地】JR大糸線/信濃木崎駅


樺恋さんが寝てた待合室です。深衣奈さんも同じように寝かせたのですが、体が硬くて見栄えだめですね(w
【ロケ地】JR大糸線/信濃木崎駅


【ロケ地】JR大糸線/信濃木崎駅


雨宿りスポット。昔はここにもノートとかあったのですが、今は無いのですね…
【ロケ地】JR大糸線/稲尾駅


【ロケ地】JR大糸線/稲尾駅


【ロケ地】JR大糸線/稲尾駅


駅のすぐ近くにある看板だったのに、冬季は雪に埋もれて撮影できなかったコレもようやく撮影♪
【ロケ地】JR大糸線/稲尾駅近く


美凪「最近は落ち着いた感もありますが…有名な駅ですね」
【ロケ地】JR大糸線/海ノ口駅


一時期は大変なことになっていた(汗 駅舎内のノート周辺も落ち着いていました。
まぁ、このぐらいにしておいたほうがいいのではないでしょうか…
【ロケ地】JR大糸線/海ノ口駅


【参考資料】大変な頃の海ノ口駅(汗


【参考資料】稲尾駅からのノート撤去案内。結構早い段階で撤去されてたことを思い出しました…


【ロケ地】JR大糸線/海ノ口駅


【ロケ地】JR大糸線/海ノ口駅


観鈴「キャンプ用の食材買出しだねっ!」
いえいえ、それもありますが、聖地巡礼の一環です(汗
【ロケ地】白馬村北城/ジャスコ新白馬店


作中で福引きやってたジャスコ。
【ロケ地】白馬村北城/ジャスコ新白馬店


そして、やってきましたよ。ヤマザキデキリー♪
【ロケ地】木崎湖畔/ヤマザキデイリーストア


観鈴「ヘンなジュースは置いてないかな?」
【ロケ地】木崎湖畔/ヤマザキデイリーストア

縁川商店ことYショップ・ニシ。
来るたびに店内のアイテムが変わるこのお店。

うどん・そばスタンプカードを3年かけて8個貯めた想い出の店。
(今シーズンのスキーで10個行きそう♪)

一時期はレジ後ろの商品棚におねツイ関連グッズ(非売品)で埋め尽くされたり(資料?@)し、DVDプレイヤ+液晶テレビを寄贈したツワモノ(資料?A)がいて、そばコーナーでおねティ(PV)を見ながら食させて頂いたり、みずほ先生の等身大POPが入口脇のガラスに貼り付いていたり(資料?B)、縁川商店のゴム印が導入されたり(資料?C)、店の軽1BOX側面に縁川商店のロゴが貼り付けられたり(資料?D)、今は定番メニューになった「小石のうどん」がイラスト付きで大々的に売り出されていたり(資料?E)、日本地図を張り付けて「どこから来たの?」コーナーで寄せ書きっぽいことをやっていたり(資料?F)など、数々の遍歴をとげたお店も最近は大きな変化は無いようで、「寄せ書きシールボード?」みたいなのが追加されているのみでした。


〜 縁川商店の遍歴 〜

【写真】左:資料?@ 右:資料?A


【写真】左:資料?B 右:資料?C


【写真】左:資料?D 右:資料?E


【写真】資料?F


今はこんな感じで平和です。
【ロケ地】木崎湖畔/ヤマザキデイリーストア


小石のうどんも小ぢんまり…
【ロケ地】木崎湖畔/ヤマザキデイリーストア


有名な踏み切り。
【ロケ地】大糸線/一津踏切


一津踏切から海ノ口駅方向を望む…


プリッツ系が充実している(w ローソン
【ロケ地】大町市/ローソン大町木崎店


深衣奈さんの足洗い場。ここでいろいろしでかしたツワモノ数知れず…
【ロケ地】大町市/ローソン大町木崎店


私はまぁ、水場なので水着撮影ってことで(w
【ロケ地】大町市/ローソン大町木崎店


とりあえずビールを2本…っと。


木崎湖畔のちょい出スポットを順番に巡礼…
麻郁の家も実際に湖畔にあったりするのですが、どの程度、実際の家人に伝わっているのかが永遠の謎なのです…だれか知りませんか?(汗
【ロケ地】木崎湖畔/西側


観鈴「巡礼でなくてもロケーションは最高だねっ。にははっ」
【ロケ地】木崎湖畔/西側


木崎湖看板のある道を、麻郁バイクは疾走…
この場所、何回も通り過ぎたのに気づかなかった(汗
【ロケ地】木崎湖畔/東側


観鈴「今日はここでキャンプだねっ♪」
というわけで、桟橋のある、このキャンプ場で大自然をまんきつ〜


苺桟橋を望むこの場所に、住居建築〜
【ロケ地】木崎湖畔/木崎湖キャンプ場


住居建築完了〜。ただ、このキャンプ場は直火できないからちょっと残念です。
某イスカウトとかで火起し大好き人間だった自分としては…(汗
【ロケ地】木崎湖畔/木崎湖キャンプ場


木崎湖をバックに…
【ロケ地】木崎湖畔/木崎湖キャンプ場


みずほ桟橋にて
【ロケ地】木崎湖キャンプ場/みずほ桟橋


そして、夜更け… こっちは苺桟橋
【ロケ地】木崎湖キャンプ場/苺桟橋


だらだらと皆で焼肉して、一升瓶を空けながら…


持ってきたDVD+ノパソでおねツイ鑑賞会(w


今日も一日お疲れ様でした〜♪
【ロケ地】木崎湖キャンプ場/苺桟橋


そうそう、キャンプ場の事務所にもサインありましたよ(w


キャンプ場の朝〜♪


スキー帰りには必ず立ち寄るゆーふる木崎湖(温泉)
作中で出てきた女湯側が今日は男湯でした!
はじめて男湯に充当されていたので、純粋に嬉しかった(w
【ロケ地】木崎湖/ゆーふる木崎湖


キャンプと酒でコテコテになった体を洗い流して、ゆーふる休憩室のコーヒー牛乳で一杯。


観鈴「日本一、オトナが乗り回してるブランコだねっ」
【ロケ地】木崎湖畔/星湖亭そばの公園


昨日は、日本バス釣り大会?のクルマでごった返していた公園も、今日は平和に撮影〜
【ロケ地】木崎湖畔/星湖亭そばの公園


滑ってる写真撮ろうかと思ったけど、今更過ぎるので普通に…
【ロケ地】木崎湖畔/星湖亭そばの公園


そして、最後の聖地「星湖亭」へ突入〜
【ロケ地】木崎湖畔/星湖亭


気軽にお入ります。
【ロケ地】木崎湖畔/星湖亭


まりえカレーを食いながら、女将さんに昨日の状況(バス釣り大会)を聞くと…

「隣の公園にクルマがいっぱいで、アニメで来た人見んな泣いてたよ〜」
「釣りの人も全国から集まってきて、コレ(店内に溢れかえるおねツイ関連ブツの数々)何?って興味深々だったよ〜」

昨日巡礼された方、ご愁傷様でした。

でも、女将さんの話によると、釣り人も「ここにクルマ止めてたら悪いだろうな〜」と結構気にされていたそうなので次回頑張りましょう。


釣り人にも人気?だった「まりえカレー」

「まりえうどん」とか「まりえソバ」等の裏メニューもあります。注文してね♪
…と女将さんが宣伝しておられたので、約束どおり書きます。


8月の終わりに着ぐるみさんたちの来訪があったようで、ヲタテーブル(6番席)に写真があったので、一緒に撮影〜♪


そんな、釣り人にも巡礼者にも優しい星湖亭は、積極的に来店しましょう。
アニメと現実の良い関係をしっかりと実感できます。

…とか言いながら、冬場しか来ない我々は、今回が初来店だったのですが(汗
巡礼者さんたち(私も含む)、地元還元はしっかりとね♪
やっぱり、地元から受け入れられるには、経済効果が一番重要だとおもうのですよ…
信濃大町駅で東京までの切符を買いまくるのが、もっとも駅関係では好意的になってくれるんだけどなぁ…

★★ CM ★★

みんなに優しいオススメスポット
星湖亭さんの公式サイト

あと、ヤマザキのYショップ・ニシもね。



そして明日から始まる仕事のために、一路、中央道で帰路につく…
この、森憎/木殺看板もあと少しで撤去ですね…


★★ 閑話休題?@ ★★

巡礼者さんたちのカッティングシート・アート。
オーナーさんが周辺にいなかったので、勝手に撮影しました。ごめんなさい。

でも、みなさん、すごいですね…
自分も実はやってみたい派なんですが(汗 屋根が幌なので人形を飾ることすら儘ならない…





この、桜&凛が超絶お気に入り♪


★★ 閑話休題?A ★★

今回の聖地巡礼は、「地方営業」も兼ねてたんですね〜(汗
そんなわけで、朝の開店直後を狙って、プラボ南松本店へ。


郊外型店舗なのでかい〜


アイマスも8台完備。待ち時間なしが嬉しい。


そして、Eランク初週で2万人一歩手前。
まだまだ先は長い〜

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年08月24日

ワンダーフェスティバル2005 写真レポート


ワンダーフェスティバル2005 写真レポート(完全版)

2005年8月21日(日) 東京ビッグサイト東ホール



※ようやく完全版をUPしましたので、速報版(8月21日の日記)は削除いたしました。


というわけで、ワンフェスに今年も行ってきました。
今回はコミケ翌週ということもあり、身内は資金切れで誰も同行者がいなかったので一人参加のつらい戦いでした…



ちょうど会場に到着したのは10時少し前。
コミケほどではないにせよ、会議棟からやぐら橋を越えてパナソニックセンター経由24時間ゲーセンまで長蛇の列です。

入場までにどれほど時間がかかるかとびびってましたが、11時過ぎには入場できたので、まぁ助かりました。

とりあえず、ボトルキャップ付きオフィシャルお茶を買ってから、各ディーラー様のブースへ…


今回も自分的にグッときたキャラ、作品、造型を中心に、多くのディーラー様のご好意により撮影させていただいたものを掲載させていただいております。撮影にご快諾くださったディーラーさま、本当にありがとうございました。
また、ディーラー様へのリンクは、ワンフェスカタログのカットにURLの記載があるかないかで判断して張らせて頂いきました。


★★★ 東方シリーズがいっぱい ★★★

いろいろなディーラー様を拝見して、東方が意外と多かったなー、と思いました。
ゲーム性もキャラ性も良いので流行るのも分かりますが、造形の世界にまでここまで進出しているとは…すこし驚きでした。

 


博麗神社の境内まで用意されてました♪ ちなみに、個人的には霊夢さんの作りが好きです。

以上、B15−03剛本堂さま


 

 


こういう、ちんまりした作品が好みです。すごく可愛い〜



以上、A24−11 Genocide!Kittenさま



こちらはリアルな霊夢さん。お札が渦巻いてます。

以上、A39−04 造型結界さま




 


レミリアさんとアリスさんですが、アリスさんの作品は初めて見ました。

以上、A15−16 カルガモさま


 


霊夢さんにミスティアさん、ルーミアさんです。ミスティアさんの表情がいいです

以上、A26−16 プリン亭さま



こちらはレミリアさん。

以上、A21−02 お気楽工作倶楽部さま


東方シリーズも最新作で沢山キャラがでてくるので、次回のWFではもっと多くのディーラー様に立体化していただけるかもしれませんね〜



★★★ やっぱり強い TYPE MOON ★★★

Fateに月姫にポキータに(w 型月系の作品はリアルなものからディフォルメまで本当に多くのディーラー様でお目にかかります。
今回は、ちっちゃいFATEにすごく惹かれたので、そのような作品を出されているディーラー様の写真が多いです。



まずは凛さんピンキー

以上、C13−03 FURSEALさま



ライダーさんの小っちゃいって事は〜

以上、C02−06 こみの工房さま


 


セイバーさんかっちょいい〜。目線が好きです〜。

以上、C01−05 Karakuri−BOXさま





Fateの新キャラ、カレンさんももう、立体化してらっしゃいます。早っ!

以上、B21−12 ペーパームーンさまの所で makeplusさま


 
アルクさん&シエルさん

以上、B30−15 地球外生物とゆかいな仲間たちさま


 

 
みんなFateかも思いきや、一人だけ都古さんがいますね(w より小っちゃいです。

以上、B18−14 Autarkieさま





こちらもFate新作のカレンさんです。先回の神戸のとき上手く撮れなかったのでリベンジ!

以上、B16−08 鉄虎竜さま



おすわり桜さん。唇が艶っぽいですね。

以上、B37−13 低Q志向Boxさま


 


EMIYA模型製の(w ブルセイバーさん。困り顔萌え。

以上、B35−08 猫の事務所さま


 

 
小っちゃいFate4人組です〜

以上、B35−02 猿天下さま


 

 

 
こちらは、より小っちゃいFate6人組〜
ライダーさんは小さくし応えがあります…と思います

以上、A18−06 乙女座さま





ひとやすみセイバーさん。お茶で一服〜

以上、A17−06 轟屋さま



今回も買えなかったレンたん。

以上、A23−11 アトリエ:カモでドキッ!?さま



良子。
 
八千代と妹。



そして、ポキータ(w まさか、こいつらの立体が見れるとは思ってませんでした(w

以上、A21−13 紅塑会さま



薄幸のさっちん。今回の新作だそうです。

以上、B14−06 La Favoriteさま


 
チビライダーさんとちびイリヤさん。イリヤのほうが背高いよ(w

以上、A01−03 春風堂さま



Fate学園のイリアさんです。ブルマかと思ったら、トランクス?

以上、A41−04 How(s)さま


Fateはさすがに沢山ありましたが、特にちっちゃいの中心に撮影させていただきました
どれも可愛いですね〜



★★★ Key系はAIR効果で復活? ★★★

時期がずれていたせいか、今まであんまし見なかったKeyキャラ(特に観鈴ちん)を今回は多く見た印象があります。どれもこれも可愛いなぁ…




 






美凪さんにかのりん、神奈さん…あれ?観鈴ちんは?(汗

以上、C34−04 ムサシヤさま





お座りあゆたん。

以上、C22−08 ファクトリーゼロさま






観鈴ちんとことみさん。裸足萌え。

以上、B12−10 夢祭工房さま





観鈴ちん♪可愛いっ!

以上、A19−17 温泉天国さま


 




AIRピンキー。観鈴ちんが欲しかった…

以上、A24−07 電ねこ団さま





にははっ、って感じかな? 観鈴ちん。

以上、A33−12 phiさま





プロの作品。観鈴ちん&そら。

以上、A44−01 T’s systemさま


結構観鈴ちん出されてるデーラー様多くて嬉しかった〜





まだまだ、続くよ〜





★★★ 等身大 ★★★

ぺーぱーむーんさんの等身大シリーズは様々な嗜好に応えるバリエーションに圧巻。
…一人、欲しくなっちゃいました(汗


アルはいい…いつもながらに吸い込まれるように可愛い…




等身高めなのはちょい違和感あるかな…



スクミズちゃんと



ゴスロリちゃん。目の作り次第ではヤバいぐらいに欲しいかも(汗

等身大アスカさんは「日焼け」を再現。ゴイス。


留まるところを知らない等身大ワールド。お手ごろ価格になれば、人生崩す人多いだろうなぁ…



★★★ リリカルなのはさん ★★★

隠れた人気!なのはさん。立体にしごたえがあるのでしょうかねぇ…



B06−05 IWGKさま


A09−07 じゃぽにあ、じゃぱんさま


A28−06 at.Lastさま


A07−09 LAHさま


★★★ LeafはTH2でタマ姉多し? ★★★

いいんちょとタマ姉以外、あまり2次創作を見かけないTH2ですが、立体の世界でもタマ姉が多いなーという印象です。えろえろ。




イルファさん



タマ姉さん

以上、B34−08 パラダイス・カフェさま



花梨さん


TH2じゃないのですが、同じディーラーさまのローゼンメイデンの真紅と雛苺


と、アンリエッタさん

以上、B10−02 h−unitさま



B30−14 俺のッ!フィールド立体形さま



B25−15 夜叉姫さま





可愛いルーシーさん

以上、A27−02 CARREYさま



★★★ ひぐらしのなく立体 ★★★

レナさんの市販品も出ましたが、会場でもいろいろ見かけましたよ〜
お持ち帰りぃぃぃぃl〜




A26−13 ファイヤーラビットさま




A07−13 雛型さま



A21−07 Stickさま


 


こちらはマックスファクトリーで商品化予定のレナさん







…ふぅ、ひとやすみ。




★★★ 小っちゃい子たち ★★★

改造ピンキーとか含む「小っちゃい作品」が好きで、集中的に撮影させていただいたのが今回の特徴かなーと思っております。
上記ジャンルに該当しなかったもので、小さくて可愛かったものを紹介させていただきます。


 

 
オリジナル作品。ロケット娘「極超音速ガールズX−15ちゃん」
それぞれのイラストを元に製作されたようですね。可愛いっ♪

以上、C06−06 アルゴス工房さま



戦車少女ロジーナちゃん

C05−03 YOIDOLLE KOMPANIEさま







おすわりピンキーさん。座りパーツはぜひ欲しいですよね。

以上、C14−04 こぐま座さま


 

 


ゴスロリメイドピンキーさんとレイレイピンキーさん。
ゴスロリのほうは早々に完売されてらっしゃいました…

以上、C12−09 Love.Birdさま





ドリューさんの各色。代表してノーマルカラーさんだけ単体で撮影させていただきました。
展示のジオラマが凝ってて素敵です。

以上、C12−17 東京G−0さま



ストラトスフォーの美風さんメテオスイーパーピンキー。
見つけたとき、かなり嬉しかった…

以上、C12−02 C.C.C.さま


 
ミリタリーなちびリリスさんとまねき綾波さん

C22−05 オフィスエフアンドオーさま



タブブラウザの擬人化キャラぷにるたん。


小っちゃい系ではないのですが、「動き」を表現していたのに惹かれたエアギアの蜜柑さんも同じディーラー様で販売されていたのでご紹介。

以上、B09−03 IB!−!Choiceさま



新作。仲本はるなさん。尻側から撮りたかった(汗

B19−16 H.B.Companyさま



マロン先生〜すいません、最近はアイドルの方に金を…(汗

B19−11 Z・Projectさま



リオさんピンキー♪

A25−02 押日屋さま


★★★ その他 ★★★

他に気になった作品をいろいろと…



新作のスバルちゃん。横の360とお揃いなんですね。

C18−07 てくてく堂!造型部さま





さすがにメーカー品は安定していると思った瓶詰妖精のくさちほさん。強烈なアホ毛です(w

以上、C36−02 (株)やまとさま





プリさんとノービスさん。

以上、C25−05 サルガレGTさま


 



以上、C15−06 ケイ・ブックスさま



デーラー様名のメモが見当たらない…すいません〜(汗



ともみん。

C34−04 ムサシヤさま





苺ましまろのアナさん

以上、C−24−10 (株)ウエーブ/ビージェイさま





やんごとなき将軍様と乳お嬢。

C14−11 D−techさま



小雪さん

C03−05 裏Be−Bさま



シャルロットさん。 大槍先生の絵を立体化できるのはすごいと思います。

C22−06 TSURUYA★PLUS!



ぷてぃ子ちゃん。激可愛い。

C22−09 エリエナのパン屋さん


 




デモペの紅の少女とジブリールのアリエスさん。アリエスさんの顔が好きです。

以上、C11−08 硫黄泉さま


 


ポチーナさん(オリジナル作品)です。イラストも可愛いけど、立体も可愛いですね。

以上、C11−09 ん?三匹が造る!?



アテナさん。パッケもすごい良かった…

B32−09 BURIVARY+ひよ研+GIGABRAINさま





リオさん。格好いいですね〜

B08−02 Unsweetさま



ある意味、義貴よりヘンタイと思われる安奈さん。

B08−01 CERBERUS Projectさま





たまちゃん&ちびたまちゃん(+妖精さん)

以上、B30−11 こえだちゃんデータベースさま



らき☆すたのこなたさん。元気!

B14−08 G・Kオペレーションさま


 
むすーさんと森林鉄道妖精さん

そして、ちび闇さん。 テーマにあわせた背景や解説などディスプレイも含めたまとまりに感心しました〜

以上、B24ー06 めぬませんさま



Qコさん。

A19−03 Wisdom heatさま



アップで撮れなかった…ワルキューレさん。
ちなみに何らかのゲームで復活希望(否サンドラの大冒険(w)

A28−07 KAZYAさま



ぱにぽにのベッキーさん。これも立体があることに驚き…着せ替えできるらしいのでオトクですよ!

A28−04 カトスペさま



撲殺天使さま。

A16−12 AH!!電柱もけんさま


 
へいマンとお嬢。 …なんか、お嬢撮るときって、必ずベクトルが違うものと一緒にしてるなぁ(汗

以上、A04−07 にぼし筋肉さま


 
不思議の国のデジ子&ぷてぃ子。 毒気が抜けて純粋に可愛さが残ってます。いいなぁ〜

以上、A13−16 Team30さま






そして、神レナの原型師さま。キツテフさんのオリジナル新作。
なんつーか、可愛さに神がかってますね…


 


東京都の「区」を擬人化してらっしゃいました…ゴイス。

A12−17 りゅんりゅん亭さま


 

 
マックスファクトリーでいろいろ大規模に展示していたんで、好き好きキャラのみ撮影(w







そうして閉場5時ギリギリまで、いろいろな作品を見させていただいてましたが、本当に立体にされる方々はすごいですね…
2D描くのにも泣きそうなのに、3Dなんて、とても…




外に出ると、もう夕方の光



どうも、お疲れ様でした〜

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年08月20日

TBSアニメフェスタ2005 初日参加レポート



TBSアニメフェスタ2005 初日参加レポート(完全版)

2005年8月20日(土) 東京都・文京シビックホール



夏の恒例?今回で5回目のTBS新作アニメ内覧会イベントに参加してきました〜。
昨年はAIR(TV版)の第1話あまりの出来(素晴らしいの意味ですよ)っぷりに場内が沸いたものですが、今年はどうだったのでしょうか…?


【ホールロビー】
ロビーではアニメイトとTBSが限定物の物販中。何が販売されているか、事前にWeb等で見つけることが出来なかったのでぶっつけで突撃しましたが、AIR関連の限定商品がテレカぐらいしかなくてしょんぼり…
昨年はTシャツとかいろいろあったのですけどねぇ…

…とは言いながらしっかり買いました

また、ロビーにはこの夏、ローゼンメイデン海の家?とかいう企画が江ノ島だったかであったらしく、その海の家で置いてあった寄せ書きの展示と、等身大まほろさん(まほろまてぃっく)、等身大サガさん(小さな雪使いシュガー)、等身大(w真紅(ローゼンメイデン)とベル、ウルド、スクルドの人形が展示されていて、撮影大好きの私にとっては死ぬほど撮りたかったのですが『撮影禁止』の壁に阻まれて断念。

等身大サガさん、かわいかったです。1人欲しいかも。


【オープニング】
14時ちょうどに8時間耐久TBSまんがまつりがスタート。
今年もTBSの向井アナが進行やってます。

向井アナ、序盤は「日本のアニメが如何に世界に進出しているか」ってお話の中で

「数ヶ月前フィリピンのミンダナオ島に行ってて、ホテルのTVつけたらアニメやってるんですね。でも、プリキュアみたいなやつでタイトルは分からなかったのですが、どうみても、ああ、日本で製作されたたつなんだなー、こんな所まで輸出されてるのか、すごいなー、って思いましたよー(意訳)」

とか良さげな前ふりやってたのですが、この話のオチは

「…ミンダナオ島へは旧日本兵探しに行ってたのですけどね(w」

場内が沸いていよいよ開始♪

以下、紹介作品順にレポートして行きます。


【劇場版・鋼の錬金術師】
まずは、ハガレン劇場版からスタート。上映されたのは、映画直前にどこかで放送された「映画ダイジェスト映像&デーモン閣下の語るハガレン」な映像。

閣下、年取ってるなぁ…と、全然本編に関係なくしみじみしてしまう(w


【エマ】
ゲストで登場した声優さんはエマ(冬馬由美)さん、ウイリアム(川島得愛)さん、ハキム(うえだゆうじ)さん、挿入ナレーションの方(名前失念)の4名。

トークの後で行われたイベントは「エマのもしもの世界」
もしもエマの世界で○○だったら…を台本を元に演じるイベントです。演じたのは2本。

「もしもエマとウイリアムがクリスマスをすごしたら」
 クリスマスにウイリアムがエマを訪ねてやってくると、ちょうど気を利かせた先生が不在にしてくれていて…なお話。本編でやっても良い感じのシナリオでした。

「もしもハキムが執事だったら」
 ハキムが訪問してきた奥様エマをもてなす?話なのですが…

 場内爆笑。

 強引且つ偉そう(エマ談)なハキムが苦いまでの甘さの紅茶を出すわ、スパイスの効いた紅茶を出そうとするは、しかもその出し方と接待が偉そうだわ(w と、かなり笑えました。

 本編上映は第1話で、上映後のゲスト挨拶で冬馬さんが「第2期あるかもー」な発言に、えっ?と思ったのですが、DVD売れ行き次第なそうなので、皆さん買ってやってください。


【特報上映?@】
プレビュー映像紹介で小休止。
「エウレカ」「種DETH」「BLOOD+」「ジパング」のプレビューが連続で上映されたものの、あんまし見てなかった…


【BLACK CAT】
ジャンプのエロまんががついにアニメ化!

…すいません、買ってる同人誌がそーゆーの多いので(汗

ゲストで登場した声優さんはトレイン(近藤隆)さん一人。あとはビデオ参加。

近藤さん、主役として作品に出るのも舞台に出るのも初めて?だったらしく、嬉しそうなのが印象的でした。でも、向井アナが結構サラっと流してるようで・゚・(つД`)・゚・ 

上映されたのは先行で第1話。

イヴとかほとんど出てこないので、イヴでハァハァしてたワタシ的には評価できず。男ばっかりなのでちょっと…(汗


【ああっ女神さまっ】
20分の休憩を挟んでいよいよ最初の波。我らがおねーちゃん登場確定のこの作品です(w

あの方が合田監督と2人で出てくるので、向井アナ退陣。
ほっといても、十分に場を作れますからね(w

さぁ、ゲスト声優は…出てきましたよ、あの方が(w

自己紹介。「井上喜久子。17さいでーす!」

マイク場内へ向けるも、ツッコミの声と拍手が入り乱れて騒然。そしたら、おねーちゃんが

「あれ?声がちいさいぞーっ!? もういっかいー!」

…楽しませてくれます。おねーちゃん。

再度17さいのおねーちゃんが自己紹介して場内へマイクを向けると、今度は全員で「おい!おい!」

よくできました(w

あー、この掴みのせいでトーク内容よく覚えてないや(汗

とりあえず、2人のトークが長くなることが予測されてか、背景のスクリーンに「上映まであと5分!」「上映まであと1分!」のカウントダウンが映し出されて、出るたびに場内が沸いておりました(w

上映はTV未放送の25話「ウルドの小さな恋物語」

天からのエネルギー供給が止まって小学生サイズになってしまったウルドが街に出て、小学生の男の子と出会って…、なありがちな話。

…なのですが、合田監督のスパイス?が利いてて素晴らしく気持ちよくなりました。26話のスクルド編にも期待ですよ!


【石田耀子ライブ】
歌ったのは3曲。まだ、この時点では十分に場内が暖まっていなかったせいか、手拍子中心で立つ人も少なくてやや寂しい感じのライブでした。

?@OPEN YOUR MIND 〜小さな羽根ひろげて〜(女神さまOP)
?A夏色のカケラ(この醜くも美しい世界ED)
?BSugar Baby Love(小ちゃな雪使いシュガーOP)

…どれも好きな歌なので、ジーンときますた。


【特報上映?A】
プレビュー映像紹介で小休止2回目。
中身は…見てなかった(汗


さぁ、いよいよ大盛り上がり連発の後半戦は…!
苺ましまろからスタートです。

【苺ましまろ】
ゲスト声優は5人。伊藤伸恵(生天目仁美)さんの進行で、伊藤千佳(千葉紗子)さん、松岡美羽(折笠富美子)さん、桜木芙莉(川澄綾子)さん、アナさん(能登麻美子)さんの4人が「このなかで○○なのはだ〜れだ?」というお題に対して、ラの中の人の誰が当てはまるかをフリップに書いて多数決をとるイベントを行いました。

お題は2つありまして、

?@この中でのんびりさんはだ〜れだ?
に対しては本人除く全会一意で能登さん。

?Aこの中で行動的なのはだ〜れだ?
に対しては本人除く(w 全会一致で川澄さん(本人は千葉さんを指名してましたが)と決まりました。しかし、川澄さん曰く、「行動的なのは千葉さんが操ってるから」とか(w

本編は9月放送予定の「真夏日」を先行上映。

やー、もうすごい盛り上がっていました。

一人で家で見てるときに画面にツッコんでいる、その言葉が場内のいたる所から漏れ聞こえて湧き上がっていたというか…(w

場内爆笑で本編上映が終わって、最後は4人集でライブ。歌は苺ましまろOPの「いちごコンプリート」

こちらも、すごい盛り上がりでした(汗

正規最前列と後方からの乱入最前列が入り乱れてコールを入れまくり、それにつられて徐々に後方の方までオールスタンディングといいますか…
石田さんのライブのときに淡々としていたし、サイリウムの数も少なかったので「あれ?今日はこんなもの?」と思っていたのですが、みんな本番まで(w 温存していたのですね。

とにかく2階から見ていて羨ましかったです。コール入れたかった…

さぁ、歌も始まって盛り上がり最高潮! といったときにハプニング発生(w


折笠さん、ソロの部分の歌詞、忘れちゃった(汗

…どうも、場内の勢いに圧倒されていたようです(w


【ローゼンメイデン・トロイメント】
ゲスト声優は、真紅(沢城みゆき)さん、ジュン(真田アサミ)さんと、新キャラの金糸雀(志村由美)さん、薔薇水晶(後藤沙緒里)さんの4人。

貫禄のついた沢城さんと、まだ初々しさの残る?志村さんが対照的でした。
また、対照的といえば「志村さん小ぃせぇぇぇぇ〜〜!」なのが第1印象。140cmぐらいとかなので、等身大人形みたいで可愛いですね(w

今回登場の4人は、残念ながら誰もコスプレしてなくて(志村さんはコスっぽい衣装でしたが)、前回の沢城さん真紅コスに萌え狂っていた私には物足りなかったのですが、これには理由がありまして…(後述)

そうそう、後藤さんは今回敵方として出演ですが、その説明のときに「私、敵役で出るの初めて〜」みたいなこと言ってたような気がするのですが、GAの烏丸ちとせは敵役でなかったのでしょうか、そうですか。

イベントとしては「ローゼンメイデン検定 貴方たち、この問題の答えをお書きなさい」クイズで、沢城さんが読み上げたときに場内に「お〜〜〜」などよめきが。

問題は全部で2問。

?@「バラ」を漢字でお書きなさい
 これはムズかしいかな?と思ってたら、向井アナが「ローゼンに出るからには当然勉強してて、書けますよね〜」と釘を刺して全員の回答発表。
 志村さんは正解。あとは、微妙に形はあってるけど違うのばかり…

?A「くんくん探偵」を絵でお書きなさい
 こっちはアレンジしまくってた(w 後藤さんへ個人的には正解をあげたかったかな。雰囲気は後藤さんのが一番近かったです。

そんな前座をこなしつつ、いよいよ本編の先行上映。

中身についてはネタバレを含みますのであまり書けませんが、やや絵的には苦しかったかな?というのが見た目の印象です。

そして、ローゼンの最後にサプライズ登場!

場内に響き渡る高笑いの声。


…あれ?、この声はもしかして…??

と場内が騒然とするころ、舞台ソデから田中理恵さん登場!しかも、コスプレ付きで(w

本日の大きなサプライズはコレ!

2期でも水銀燈が復活するそうですよ!

まさか、もう一度出られるとは思ってなかったので…と少し涙ぐんだ雰囲気で紹介する田中さん萌え。

コスプレ衣装は「自前で作ってもらった」という謎の発言があったことも付け加えておきます。

…周辺でツッコミの声があがっていました。なんじゃ、そりゃ?って(w


【これが私の御主人様】
またまた20分の休憩を挟んで、いよいよ終盤へ。
ゲスト声優は4人で中林義貴(皆川純子)さん、沢渡いずみ(浅野真澄)さん、沢渡みつき(清水愛)さん、倉内安奈(植田佳奈)さんが浴衣姿で登場。

皆川さんが「こんな格好(浴衣姿)してて義貴できるかなー!?」とか言いつつ、「第1回クイズ&ゲーム大会」のイベント開始。

…だったのですが、ちょいと離席しててイベント見れなかったのですね(汗

戻ってきたときには、セクシーボイスを浅野さんが披露していた所でした。
その後は生アフレコを公開して、本編のダイジェスト版上映へ。

個人的にはダイジェスト版とかより、作画の良い回を1本流したほうがDVDセルに効果があるんじゃないかな…とか思ったり。

上映後はお待ちかね!これが私の御主人様EDテーマ「愛情のカタマリ」を3メイドが歌います!
もう、場内ノリノリです。最前列で回りまくってた人、大丈夫でしたでしょうか(汗

興奮冷めやらぬ場内に3メイドが「どうせなら、OPも聞きたいよねー」と上手いバトンで奥井さん登場


【奥井雅美ライブ】
紹介では4曲とか言ってたけど、歌ったのは3曲。

1曲目は当然として、残りの曲も「TBSさんにゆかりのあるアニメのテーマから…」と懐かしくもノリノリのあの曲をチョイス。
もう、1階席は総立ちでノリノリ。まるで、BTL(ブッコロリーTHEライブ)みたい。

…対照的に寂しい2階席(汗

?@TRUST(御主人様OP)
?ABirth(アキハバラ電脳組OP)
?BOnly one,NO.1(デジキャラット初代OP)

選曲は自分的には最高です。
…1階でジャンプしたかったorz


【TBSアニメ新作特報】
ここからはニュースの連発です。
皆の興味有る無しは場内の反応を見ていてあからさまに理解できましたが(w

特報?@ びんちょうたんアニメ化!
と、これ自体はすでに告知されていたのですが、生みの親である江草天仁さんから、声優の発表がありました。

びんたん=野中藍さん、クヌギたん=野川さくらさん

あいぽん出てきたとき、タイヘンな盛り上がりでした。ああスゴイ。

そして、第1話の一部だけ、このイベントにあわせて作ってきたようで、一気に公開!

…見た感想としては、非常にまとめにくいのですが、背景の超きれいなセリフの少ない環境映像といったところでしょうか(汗
面白いとか、そーいうレベルではないんですね。乞うご期待!

特報?A RECアニメ化
…知りません。

特報?B Fateアニメ化
これも既出のニュースだったのですが、ONAIR局と声優の公開、動くプロモ映像(声入り)の公開
など、私にはハァハァものの連発で、思わず果ててしまいそうでした(汗

声優さんは以下の通りですが、セイバーが川澄ですか…むう。

「問おう、貴方が私のマスターか?」の名セリフも流れましたが、聞いてみると、そんなに悪くなかったかな?

セイバ川澄綾子
衛宮士郎杉山紀彰
リン植田佳奈
アーチャ諏訪部順一

しかし、不思議なのは公開されたネット局。

ちばテレビほかU局で1月より放送開始!



  _, ._

(;゚ Д゚)



TBSアニメフェスタなのに、どうしたんだろ…?

…つーか、BS−iで放送して欲しいですよ
U局では神の領域に近づけないかも。


【AIR】
そして、ついにやってきましたこの時間…

この先行上映のために遠路はるばるやってきた、と言っても過言でないぐらいの期待作。


AIR 夏特別編


会いたかったよーーー!!観鈴ちん!(出ません)


ゲスト声優は2名。神奈(西村ちなみ)さんと裏葉(井上喜久子17さい)さん。
ちなみに、おねーちゃんはここでも「17さい」を高らかに叫んで場内一同よりつっこまれてました(w

で、ここからトークに入ったのですが、作品に関係ない内容(超プライベートクイズ!)だったので割愛。
できれば、監督交えて語って欲しかったなぁ…


中身を詳しく書くとネタバレになるのでやめときますが、とりあえず


京アニの神っぷり


は十分に堪能できる作品でしたよ。


…でも、観鈴ちんの話じゃないので、個人的にはややポイント低め。


【最後】
ってな感じで今年も繰り広げられたTBS8時間耐久まんが祭りもつつがなく終了〜

いつも通り時間もおしてスケジュールどおりになってないのもご愛嬌ですが、年々イベントのやり方など良くなっている感じがして気分いいですね♪

2000円ちょっとで、これだけ盛りだくさんなイベントに参加できるのはオトクですよ!
ぜひ、皆様も!



posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年08月07日

世界コスプレサミット2005in愛地球博

見たい!知りたい!貴方に代わって潜入取材!にっぽんヲタ街道

『世界コスプレサミット2005 in愛地球博 雑感』

2005年8月7日(日)愛知県・愛地球博会場EXPOドーム




というわけで、遠路はるばる愛・地球博へ行ってまいりました。
お祭り好きの自分としては、万博とかそーいうの大好きで、大阪花博全パビリオン制覇という偉業を成し遂げていたりもするのですが、今回はさすがに遠いのでまだ全パビリオンは制覇できていません…

あと2回は行くので、なんとか達成できるかな…かな?

と万博マンセーぶりをアピールしつつ、今日の本題は「コスプレサミット」です。

コスプレ業界のことは良く知らないのですが、ライブドアのホリえもんが買ったコスプレ情報総合サイトだったかが首謀者で仕掛けているイベントのようで、世界予選なども行っている大掛かりなイベントのようです。

私は万博会場での外国人レイヤーとの国際交流を期待して、コスプレサミットの参加申し込みをして、めでたく当選しましたので、盟友を連れてモリゾー&キッコロ会場に行ってまいりました。



ちょうど7日はテレビ愛知デーだったようで、EXPOホールではコスサミットの前にアンジェラ他の出るイベントをやっていたようで、あわよくばそっちの整理券も欲しいな…と朝9時の開門目指して会場に行っていたのですが、アンジェラは瞬殺。

仕方ないので、グルーバルコモンの中近東を中心に、ビールと食べ物があるパビリオンを回って酒を飲みつつ国際交流に努め、マンモスと三菱未来館と押井守ショウあたりを当日整理券でさらっとまわりつつ14時のコスサミット受付を待つ…



14時にEXPOドーム内の更衣室がオープンすると、レイヤーさん達が次々とチェンジして万博会場内へ駆け出して行かれたので、キャラの分かるレイヤーさんに声かけして撮影させていただきました。許可とって無いので写真はUPしませんが、撮らせて頂いた皆様へありがとうございました。

16時半にはドーム内への入場が開始して、そこそこに人は埋まりつつあるものの、思ったより事前登録は少なかった模様。当日配布の整理券が結構出回っていたように思うのですがどうでしょう?

17時半、古谷徹さんと篠原ともえさんの2人司会で世界コスプレサミット開幕。

イベントの目玉は予選を勝ち抜いてきたレイヤーさんの最終審査で世界一を決めるというものですが、その審査員として、松本零士先生や我らが影山ヒロノブさん、一本木蛮さんにテレビ愛知の東京ミュウミュウプロデューサなどが呼ばれており、個人コンテストや団体コンテスト参加の面々を評価されるようです。

個人部門では諸外国から予選を勝ち抜いた10人のレイヤーさんが参加され、今のコスプレでは見られなくなった数分間のパフォーマンスを披露する形式で次々と熱唱・熱演されていましたが、どの方も興味深いものばかりでした。

何名か撮影したので、こちらは公人扱いということで公開します。


米国代表のこの方は歌がよかったなぁ…


英国のこの方は歌詞を忘れるハプニング!?


日本のWeb選考で残ったこの方はネギま!ですね。
ハピマテの振り付けを観客席に求めていましたが、難しすぎて場内が白けムードでした。

ああ、そういえば古谷さんはアムロしてます(w


アムロな古谷さんは、レイヤーさんの足元がとても気になるようです(w


実際にご本人も「足」だの「へそ」だの言いながら注目していたので、上記の写真は古谷さんを貶めるための捏造ではありません(w

【補足】さざなみ壊変さま(カトゆーさまより)のレポートでも古谷さんの下半身集中が書かれていますね。良かった…他にも証人がいた(w



個人部門のピカイチはイタリア代表のこの方。
デビルマンをテーマに、短時間で歌と舞台パフォーマンスの両方をこなしていました


自作のデビルマンの首を使ったパフォーマンスは場内が呑まれるほどの圧巻。詳細はどこかでレポートされているのではないでしょうか?


そのころ、舞台袖にいた主催側?のガンダムがボロボロくずれて大変なことになっていたのもご愛嬌。


団体部門のコンテストに入る前の中座として、宇宙戦隊NOIZのライブ。
全然知らないのですが、かなりの数の女性レイヤーさんがノリノリだったので、その筋の方には有名なのでしょうね。

個人的にはボーカルの兄ちゃんのトークが面白かったことと…


ドラマーのベジュアルインパクトで、かなり応援したくなりました(w


…この中座の時点で結構時間が押し気味だったので、早めの進行で団体部門のコンテストへ。
団体部門は各国、すごいものがありました。こちらも公人として写真で紹介。


まずは鋼の錬金術師グループ。どこの国だったか失念したけど、大佐が女性なんですね。
美し格好よくて、場内のレイヤーさん大興奮。私も大興奮。


中国代表はサムスピ。
…いいのか、侍魂で(汗


米国代表はローゼンメイデン3人集。この子達はコント仕立ての寸劇と、その寸劇に絡めた歌を日本語でやっていたのですが、ネタのチョイスが日本のヲタ向けだったのはポイント高し。BranNewHeartとか。

最後のオチにドラえもんの歌をもってきたのは、ドラえもん=ホリエモン=ローゼンメイデンの公式からでしょうかねぇ…



日本人チームは無難なチョイスといったところでしょうか。


セーラームーンとか。


ルパン一家はパペットマペットのうし君とかえる君をチビルパンとチビ五右衛門にキャラチェンジして小ネタ


セーラームーン登場の時には、古谷さんはタキシード仮面でしたね(w
芸の細かさに笑わせてもらいました。

セーラーチームがパフォーマンスを終えて、審査員の講評を聞く前に舞台から居なくなってしまった時に「どこへ行く?セーラームーン!?」などのアドリブ聞かせた司会で進行していたのは、さすがに年季を感じつつ好感度UPでした。


他に諸外国の代表は魔法騎士レイアースや


東京ミュウミュウをやっていましたが、このミュウミュウが団体賞をとったのは、テレビ愛知が噛んでたからだろーなー、と穿った見方するのは考えすぎでしょうか。
(ヘタすりゃ、ミュウミュウ自体が仕込み…?)


団体部門の圧巻はイタリアチームのソウルキャリバー2の演舞。
とにかく戦がかっちょいいの一言。 まじいいもの見れました。

演舞自体は写真1枚に収めると米粒だったので、ここではアップの写真を1枚。


団体部門のパフォーマンスが終わると、中座?Aとして上記のイベント。


出演:田辺とおる さんはドイツでオペラ歌手をしているそうなのですが、サイドビジネスとしてドイツ向けに日本のアニソンを吹き替えで歌って商売されているそうです。

やたら、ジャパニメーションの偉大さを強調され、ドイツのアニメ雑誌を会場に持ち込んで賞賛されていました。


ドイツでは「KAWAII(カワイイ)」とかいうのがアニメ誌のタイトルだそうです。

日本ではギャル向けのスゴイファッション誌のタイトルですね。


7ヶ国語で合唱かと思って期待したのですが、出だしの部分だけを各国代表が順に歌っていく形式だったので、ちょっと残念でした。

あと、気になったのはオペラ歌手のこの方、残酷な天使のテーゼを歌ってたときに声量が足りてないような気が…(汗
…各国代表の声をつぶさないようにした配慮だったのかもしれませんが。


そんな中座?Aの間に選考が終わって、審査発表。


総合優勝はイタリアグループ。

団体のソウルキャリバー2の演舞と個人のデビルマンを見れは納得です。おめでとー。
賞品はルフトハンザ航空の日本までの往復航空券の模様です。



グランドフィナーレはコレ!影山さんの生歌付き!!!



場内ノリノリでした〜 前に出たかったけど、出遅れて残念orz



最後は記念撮影でイベント終了♪

なんか、こんな感じのコスプレイベントって初めて行ったのですが、結構楽しいものですね〜

でも、諸外国のコスプレの主流と今の日本のコスプレの主流の違いをキャラ以外の「楽しみ方の部分」で決定的に見せられた気になりました。しいて言うなら、その昔のコミケ(幕張の前の晴海頃)では花いちもんめやコスプレショウが行われていたと言いますが、その頃の楽しさを謳歌しているのは、この諸外国の方ばかりなのかな…と。

あと、外国人をモチーフにしたキャラクターは、やっぱり日本人がやるよりも激似合いであることも視覚的に納得させられました。まじ、格好いいですわ…あれ。

【補足ありがとうございます】
UME_BLACKのモバイルイズムさま
花博はちょうどテストが終わってヒマな時期に一気に回りました…って、うちはオサーンなのバレバレ(汗

【コスサミットレポートリンク】
takaxoの食い物屋レポートさま(カトゆーさまより)
時間を追って詳細にレポされてらっしゃいます。特攻ハチマキのサポーターさん、いい写真です(w

ゴルゴ31さま(カトゆーさまより)
あのモナーって後ろから見ても相当目立ってましたけど、そうだったのですね。へぇぇ(w

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年08月01日

ネギま!コカコーラ8時間耐久ロードレース サポート参加写真レポート



見たい!知りたい!貴方に代わって潜入取材! にっぽんヲタ街道

『ネギま!コカコーラ8時間耐久ロードレース サポート参加写真レポート』

2005年7月30日(土)〜31日(日) 三重県・鈴鹿サーキット


−−−


ネギま!8耐サポート公式は → ここ

8耐ってナニよ?って方は → 7月30日の日記

WHF神戸写真館目当ての方は → 7月20日の日記


−−−


というわけで、バイクの夏のお祭り「コカコーラ・鈴鹿8時間耐久ロードレース」へ行ってきました。

最近ホンダしか勝っていないことと、前夜祭で千石さんトークがなくなったことなどもあって、直前まで行くかどうか迷っていたのですが、結局今年も行くことにしました。

ウチのサイトをご覧頂いている皆様的には、ネギま!の話のほうが興味おありだと思いますので、レース自体のお話とか響鬼とかは後日追加ということにして、今回は先にネギま!の方をこってりと紹介します。

ただ、こってりとは言いましても、バイク兼アニオタの佳由樹が観戦ついでにノリノリでスナップしてきた程度の写真と内容なので、ツッコミの甘さは許してくださいませ(汗


【出発までの話】

少し前に8耐公式サイトや各メディアに以下のような文面でネギま!8耐サポートのお話が上がっておりました。



週刊少年マガジン(講談社)にて大好評連載中の「魔法先生 ネギま!」が8耐参戦チームをサポート。鈴鹿8耐参戦の数チームのマシンには、特別に書き下ろした「ネギま!」ステッカーが貼られます。ステッカーを貼って8時間を激走するマシンをチェック! (8耐公式より転載)



なんでも当日にミニサイブやグッズ販売もあるようで、バイク好きとアニオタはかぶってるとこ多いので、ちょうどいいかな〜、ぐらいの気持ちで見守っておりました。…これが数週間前。

そして、8耐決勝のちょうど1週間前の7月24日。鈴鹿Mini-Moto 4時間耐久ロードレースに参加していた人より携帯へ1通のメールが入ってきました。


ネギま!グッズ先行で出てましたので買っちまいました。タオルTシャツ2枚ずつ、ステッカー10枚。


おお、もう発売開始したのかー!と思いつつも、その時点では「どーせ、余りまくるし、サイン会にも参加できたら嬉しいから8耐当日買います」と見送り。 …この判断が大きな誤りであったことはこの時点で知る由も無い…orz


【7月30日(土)前日(前夜祭)】



そして、7月30日(土)に鈴鹿サーキットへ到着。

SpecialStageの観戦が主目的だったので、昼過ぎに到着したのですが、遊園地側から入ると右側のサーキットショップに「明らかに異彩を放っているワゴン」が鎮座していました。






(・∀・)ニヤニヤ







とりあえず、買うものは買っとくかー、とワゴンに近づいてみると…











( ゚д゚)







まさか…ねぇ?(汗





店員 「あー、あれは今日の分売り切れました。残りは明日です。」



店員 「ここ以外にも、もう1つのショップで置きますが、数はこっちの方が沢山置きますよ」



店員 「明日はゲートオープンより営業しています。(つまり、朝6時半販売開始と。)」







…意外と、人気があったようです(汗



踵を返して、少し離れたところの取り扱い売店へ。








(・∀・)ニヤニヤ





こっちも、素晴らしく異彩を放つポスターがありました。

見つけにくい場所にあったので、こっちは余ってるだろうと覗いてみると…






  _, ._

(;゚ Д゚)







いっこも残ってない…





店員「ネギは売り切れました…すいません…明日も置きますのでー」



店員「20着置きますが、ステッカーやタオルはもうありません…」








(´・ω・`) 20着…



(´・ω:;.:...



(´:;....::;.:. :::;.. .....












失意の中、明日のサイン会場へ。明日菜とネギの看板が異様に目立っています。



表の掲示によると、サインはどこでもしてくれるらしい(掲示板)ので買いたてのTシャツとかにサイン入れてもらって転売する人が出てくるんじゃねーの?と思ってたら、やっぱり出てました。(CMになるのでオークションのURLは割愛)





。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン







明日のネギま!イベント会場(舞台)の前には…





先手をうってありました(w










             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__      | どうか明日は買えますように…
    /  ./\    \________________
  /  ./( ・ ).\          o〇     ヾ!;;l;::lilii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\    ∧,,           |;;l;;::|liii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (-  ,) ナムナム      |;;l;;::||iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  )..           |;;|;l;::i|ii|    (○)
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .⊆ ___)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jrヽ|〃







【7月31日(日)当日(決勝)】



朝、6時半ゲートオープンとのことで、頑張って早起きして列に並びます。
自分の前には500〜600人ほどの列が出来ていますが、





「朝も早くから、わざわざネギま!

のために並んでる奴ぁいないだろ〜!」





とか思っていたものの、前に方にそれっぽい方々もチラホラ…(汗











ゲートオープン後は一目散に、ネギま!ワゴンヘ。

すでに20〜30人の人だかりが出来ている模様です。







キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!







今日は豊富にあります。良かった〜。





…と思ったのですが、ステッカーだけはどこにもない。





↑これが一番欲しかったのに…





なんでも、ステッカーは昨日の時点ですべて完売していたようです。

…ちゃっと告知しといてくれよ(涙







それでも、Tシャツとタオルを買ってからその場を離れて、2時間後に戻ってくると…





がら空きワゴンと





昨日には無かった、完売告知テプラの打ち出し貼り付け。





もう1軒の取り扱い売店はといえば…





こちらも完売。9時過ぎですべて終了の模様。





8耐の観戦客を呼べたかどうかは疑問ですが、グッズ商売としては完売したので成功でしょうか。

おめでとうございます。 >関係者さま







10時半から決勝レース前にコース1週のパレードがあるのですが、そこでも

神田朱未さんと野中藍さんもゲストで手を振っていました。





シャッターのタイミング早すぎて、コカコーラのお姉さんが中央になってますが(汗

隣の席にいた、ノリノリのネギま!目当てのお兄さんの集団の声援に、笑顔で応えている瞬間の写真です。目線が、そっちに行ってますね。









施設内のお食事処「あじさい」ではタイアップメニューも登場!

「マ」はひらがなにしてたら、より面白かったのですが。





レジには応募箱。手を突っ込んでみたら、200枚以上ありましたので激戦が予測されます。





私も、?Dか?Eが当たることを祈りつつ投函…





これはプレゼント用ではないので、お店にしばらく貼られることでしょう。F1観戦行く方、見に行ってください。





そうそう、ネギマ丼セットは普通に安くて美味しいセットでした。

周りのヲタ、非ヲタ共に、結構注文されています。





伝票も残念ながら、ネギ「マ」でした(汗







ミニライブ会場では大勢の方がこぶしを振り上げてらっしゃいます。

大盛り上がりの中心集団を周辺のバイク好きだけどアニメも好き層が取り囲み、その外側を「漢のコブシパワー」に圧倒されている一般人集団の3重輪となって、すごい人だかりが出来ていました。



30分ほどの時間だったので短いトークと4〜5曲歌っていたようです。

(詳しくないので曲目は分かりません…すいません)



最後の曲はハッピーマテリアルだったのですが、TVサイズ版でみんながっかり…

フル版でのアンコールを求めるも、フル版が用意されていなかったとの事で、TVサイズ版でもう一度アンコール。



そんな、アンコールを求めているる頃に、鈴鹿周辺では雨がポツポツ…



そんなとき、明日菜役の神田朱未さんだったと思うのですが、ハピマテの1フレーズ「雨降りでも平気 虹になるよ〜♪」をアカペラで歌っていたのが可愛かったですね。






昨日は閑散としていたサイン会場も、今日は大盛況。

道行く人々も、この大集団を遠巻きに見つつ

「これ、なにやってんの?」
「アニメのなんかじゃないの?」

といった会話が交わされている程度で、特に強く注目されるものでもなく、非難されるものでもなく淡々とイベントが進行していたように思われました。レース場はとんでもなく広いので、少々の集団が来ても十分に許容できるんですね。



低迷を続けるサーキット側の思惑と、スポンサードして注目を浴びたかった講談社側と講談社に話を持ちかけた広告代理店側のそれぞれの思惑が上手く作用して、それなりにコラボレーション自体は成功したようです。でも、ネギま!目当てで集まった数百人の新規来場を多いか少ないか、という点で考えると、あんまし双方にメリットはなかったのかな…とか思います。

それよりも、8耐を盛り上げるにはホンダ一人勝ち状態からの脱却と思ってますので、他のメーカーさんにはもっと頑張って欲しいものです。


(未完)
※後日、ピット裏の写真とか響鬼ショウの写真とか上げます。まずは、ネギま!を優先に。

【8月4日追加更新 〜ネギま!以外の8耐〜】

さてさて、今更かも知れませんが、真っ当に8耐を楽しんできましたので、スナップをちょりっと紹介させていただきます。



SpecialStageの間にピット裏を散策。 まだ、まったりしています。


元スマ○プの森君が監督を務めるチーム。プレス向けに上のような看板まで準備して万全。最初、森君が走るのかと思ってたよ(汗


かっちょいいセンブンスター・ホンダのトランスポータ。まさに王者の風格。


ウィダー・ホンダ学園の寄せ書き横断幕。こういう心の結束ってのいいですねぇ…


ちなみに、ホンダ学園マシンはネギま!ステッカー入りです(w


響鬼ホンダはスポンサーボード横でミニ響鬼がお出迎え(w

ちなみにSpecialStageってのは、決勝レースに進む上位20チームが1人ずつタイムアタックをして、その最速順に決勝の時にポールポジション以下のグリッドについて行くグリッド決めのイベントと思ってもらえたらいいのかな、と思います。

ヲタ的にSpecialStageの時に楽しめるのは、タイムアタック中に「自分の好きな曲をコース中に流すことができる」点で、学校の校歌や古めのポップスなどが流れる中、たまにアニソンが流れたりするのがニンマリできるんですね。
今年は北川選手がプリキュアのOPをかけてたりしてたので、ネギま!目当てで会場に居たお兄さん達も反応したのではないでしょうか(w


ちなみに、北川選手は「娘のために」プリキュアのOPをかけたそうなので、お間違えなく(w
上の写真は、前夜祭のトークショウの一コマ。

SpecialStageが終わると、前夜祭までに時間があるので施設内のレストランヘ。
レストランでは先に紹介したネギま!以外にもいろいろなタイアップメニューを置いてありまして、


今年はセブンスターホンダの宇川&清成が作ったレシピメニューがありました。恒例なので、とりあえずすべて食す。


前夜祭ではグランドスタンド前のコース上を使ってバイクのパレードがあったり、バイクと絡めた響鬼ショウがあったりと、なかなか飽きさせません。でも、今年はよくわからん芸能人とか呼ぶの止めて、実にシンプルな前夜祭でした。
米米とかTRF以降は燦燦たる面子だったからなぁ… シンプルになってよかった。


そんな、前夜祭で盛り上がっているときも、チェックに余念なし。明日の8時間のためにみんな全力です。



私も全力です(汗





             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__      | 明日はどこも良い走りを見せてくれますように…
    /  ./\    \________________
  /  ./( ・ ).\          o〇     ヾ!;;l;::lilii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\    ∧,,           |;;l;;::|liii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (-  ,) ナムナム      |;;l;;::||iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  )..           |;;|;l;::i|ii|    (○)
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .⊆ ___)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jrヽ|〃




いよいよ決勝の日。 ネギま!グッズのために早起きです。


スタート時に陣取ったスタンドは響鬼チームの応援席。響鬼と威吹鬼の登場で盛り上がります。


子供たちに大人気の響鬼と…


孤高の威吹鬼。


響鬼チーム応援スタンドでは、スタンド全面にチーム応援幕(でいいのか?)を出して応援です。写真では近すぎてナニの絵が写っているのか分かりませんが(汗


私も、響鬼と一緒に写真撮ってもらいました(汗


ネギま!ステージをやってた舞台では、響鬼ステージも行われています。子供たちに大人気。…なんか、轟鬼が妙に面白い(w


ちなみに、響鬼の中の人「細川茂樹」のトークショウではお母さんたちに小人気(w
撮影禁止だったので、スタッフの背中を1枚。
なんか、ヒビキ(茂樹)はそのまんまの性格でヒビキをやっていることを思い知らされたトークショウでした。映画の宣伝で来てるのに、MCの揚げ足とったり、チームカラーのセンスの悪さを滔々と語りだすなどぶっちゃけすぎ(w


そんなイベントを挟みつつ、まったりと過ぎ行くバイクと時間を堪能するのが8耐の楽しみ。


園内の仮面ライダーブースでは


歴代の仮面ライダーチームのバイクと


まひろちゃんの帽子が展示されていました。
これ書いた仮面ライダービレッジのスタッフのセンス、大好きです(w


そうして、レースは5時間、6時間が過ぎて…


19時には暗くなってライト・オン! こんなライトオンを観ることができるのも8耐が唯一なんですね。


8時間先頭で走り続けたチームには表彰台で祝杯を


表彰台に上がらなくても、8時間を完走したチームのすべてが祝杯を


それぞれのチームのピット裏はすごい熱気に包まれています。


そんな、表と裏の熱気をクールダウンさせる8耐花火。コレを観戦者、ライダー、運営者の皆で共有して来年もまたこの場所で会うことを誓う。


8時間走り続けたライダー、サポートし続けたピットクルーと運営者、そして8時間観戦し続けた観戦者。花火を見ながら、今年の夏のバイクの祭典が終了したことを噛み締めて、帰途に着く。




…でも、ヲタである私にはコミケが終わるまでが夏!
まだまだ2005年の夏は続くんだぞ〜!(w

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年07月30日

コカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース前日

※今回は文章長い上に、バイク知らないとつまんないですね。すいません。
数日後にはネギま!で愉快?なレポートが上がりますのでしばらくお待ち下さい。
また、WHF神戸の写真館目当ての方は、7月20日の日記をご覧下さい。
リンク返しは、8耐レポートの時に一気にさせていただきます。
WHF神戸レポ紹介いただいた皆様、スイマセン…




…さて、本文。


「8耐」という名前はバイク好きの方でなくても、どこかで聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

「8耐」の正式名称はコカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードレースといい、三重県・鈴鹿サーキットで第28回大会決勝レースが7月31日、つまり明日開催されます。
※一時期、スプライトやスプライトクールが冠の時代もありました…ションボリでした。



ちょうど私が中学生の頃ですから、およそ15年〜20年ほど前になると思いますが、バークブームと相乗して8耐は大変盛り上がっていました。
コース周辺の足の踏み場もないぐらいの雑踏。サーキット周辺に並ぶ他府県ナンバーのバイクの数々、さながらバイクのコミケといわんばかりのお祭りが毎年1回この時期に開催されていたのです。また、当時は2輪車メーカーの威信にかけたワークスも勢ぞろいで、様々なチームのスポンサーには今となっては想像もできないような大手企業ロゴが踊っていたのも懐かしい話です。

そんなとき、1つのプライベータが話題になっていました。チーム・シンスケです。
運に恵まれない熟年ライダー千石清一氏を走らせてあげたい一心で島田伸介氏が結成しチームです。
結成からレース活動開始までの紆余曲折はここで下手なテキストを並べるよりも以下の本が出版されていましたので、お読み頂ければ幸いです。

「風よ鈴鹿へ」(1988年小学館ISBN4-09-363291-X)

島田伸介氏がラジオ等のメディアを使って8耐のドラマを「絶対、泣ける」の一言で訴え、千石清一氏のドラマを訴え、バイク好き以外もレースに呼び込んで盛り上げに成功し、大いに賑わっていたのが当時の8耐でした。

チーム・シンスケは当時、NEOGEOで快進撃を続けていたSNKがスポンサーとなり、「チームシンスケSNK」として、なかなかに華のあるチームとして脚光を浴びていましたが、そして1991年、ライダー千石清一氏が引退を期にチーム自体も消滅してしましました。もともと千石氏を存分に8耐で走らせてあげたいだけのチームであったので、これはこれで仕方ないでしょう。最後の8耐参戦の時には「チームシンスケSNK・LASTRUN!」として多くのグッズが販売され、感動に引きづられていろいろ購入していましたが、今はステッカーしか新品で保存できていないことが悔やまれます。



…しかし、思えばちょうどこの頃が8耐の盛り上がりの頂点だったのかもしれません。

1990年代には高校生の憧れはバイクから自動車へと徐々に移り変わり、高校生の間だけミニバイクを足代わりに所有するだけで、卒業と同時に自動車取得といった流れとなってしまったように思えます。バイク自体がある意味好きな人しか乗らない乗り物になってしまったのでしょうか… バイク自体は最近(といっても結構前か…)でも某ドラマの影響で単発的にTWなどが流行ったりなどしましたが、残念ながら往年を取り戻すほどの勢いはなく、一過性のものだったと思います。

ブームの沈静化と同じくして、8耐の来場客数や客層にも大きな変化が見られるようになりました。
ともかく、最近は空いています。びっくりするぐらい。そして以前は若いライダーでいっぱいだったのが、近年は私も含めオヤジ世代が非常に多いように思えます。高校生がレーサーに憧れて鈴鹿という聖地に巡礼するというよりは、家族連れで車にて来場しまったりとレースを観戦しているのですね。

当然、主催者側も入場者数の減少を食い止めようといろいろな工夫をレース内外でするように努力しています。


たとえば1999年に開催された「スプライト・鈴鹿8時間耐久ロードレース選手権」は前夜祭にかなり気合を入れていました。

元米米クラブの石井竜也氏を総合プロデューサーとして、超ヒットソング「浪漫飛行」をはじめとして前夜祭にライブ的なノリを取り込むなどして、大いに盛り上がったものです。また、米米ステージのあとには、オヤジ専用として(w 天下の一発屋「アラジン」の高原兄&鈴鹿サーキットのマーシャルライダー千石清一氏のトークショウ等もあるオマケ付でした。

2000年は前夜祭にTRFだったかを呼んで、鈴鹿をダンス会場に!だったかの掛け声で盛り上げようとしましたが、自分的にあんまし興味なし。それよりも、高原兄がフライドオムライスなる奇メニューを開発し、わざわざ歌を作って披露していたのが強烈に印象に残ってます。


そういえば、2000年の表彰式では彼らが脱いでたなぁ(w


2001年、2002年もコミケに行くかのごとく巡礼していましたが、実は決勝レースよりも前日のSS(Special Stage)とか前夜祭が好きだったりします。高原兄&千石清一氏のトークショウ?と「風よ鈴鹿へ」という歌の合唱に涙するオヤジ層の中に揉まれたくて…(汗


♪ 心を込めて作り上げたモンスター  ワゴンの中で静かに眠れ
   お前の吐息が聞こえてくるようさ  鈴鹿までわずかあと15マイル
  1度だけでいい8時間唸り続けてくれ!
   ライダーが苦しそうな顔をしたらお前が慰めてくれ…
  風よ鈴鹿へ  風よ鈴鹿へ
   風よ優しく吹いてくれ  俺たちの夢を乗せて… ♪





さて、いよいよ?2003年… 仮面ライダー555(ファイズ)HONDAの参戦です。

チーム自体が参戦するのは、面白いなーと思って見てたのですが、応援団を結成するためにお父さんに子供を連れてこさせようと、場外のブースでキャラクターグッズを売ったり、アトラクションを行ったりなど、なかなかにヲタ心くすぐる年でした。


ライダーとの記念写真は良い想い出です(w

また、2003年はマーシャルライダー千石清一氏の引退の年でもありました。


レースを止められた後も、鈴鹿サーキットのマーシャルライダーとしてNRに跨り、レースの前後にコースを1周して場内を沸かせるほど愛されていた千石清一氏も本当のラスト・ラン。 ステージの前でマジ泣きしましたよ…


昨年の2004年は仮面ライダー剣(ブレイド)HONDAの参戦です。
また、前夜祭に仮面ライダーショウ登場。コースのグランドスタンド前を使った前夜祭の1イベントとして仮面ライダーショウが大掛かりに開催されました。


…子供向けのはずなのし、ネタが妙にオヤジ向けで面白かった(w
今年も期待。



また、レストランでは選手とのタイアップメニューも初登場するなど、周辺の小ネタには欠かない8耐でありました。

また、ヲタ・ライダーグループの我々は上記のようなネタが大好きなので…


当然、両ディナーとも食べて来ましたよ(w

今年は、あじさいで ネギま!丼セットらしいので、当然突撃してきますが…(汗




そして今年、2005年は波乱の年の予感…





仮面ライダー響鬼HONDAが参戦!


ネギま! が8耐参戦チームをサポート!!





…どっちもあんましレースに関係ないような(汗



響鬼はワルキューレに先日の放送で乗ってたけど、基本はバイクに乗らないんですよね…?
ネギま! はそもそもなんで8耐なんでしょうか(汗


当日は、こんな看板が掲げられているのでしょうか?





そんなこんなだけど




新時代に突入してしまったコカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース選手権決勝が明日開催される。



決勝スタートまであと 1日9時間58分26秒…

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年07月20日

ワールドホビーフェスティバル神戸#21写真館

ワールドホビーフェスティバル神戸へ行ってきました〜

佳由樹的に元ネタを熟知していて、且つ「はうううぅぅぅ〜お持ち帰りぃぃ〜 (c)レナさん」なフィギュアをディーラー様のご好意により撮影させていただいたので少しだけ紹介させていただきます。

撮影にご快諾くださったディーラーさま、どうもありがとうございました。
以下、『作品名』キャラ名 (ディーラー様名)で掲載しつつ、若干のコメントを入れさせていただいております。


ほんと、どれも可愛いですね。飾りたいけど、塗る技量なし…orz
とりあえずは、リペぐらいから始めてみようかな(汗



『メルティブラッド』のレンたん (アトリエ:カモでドキッ!?さま)
WHF神戸の新作だそうです。超絶欲しかったのですが、午後ではすでに売り切れ…orz
次回のWHF神戸でも再販するそうなのでロックオンします(汗
白レンたんも可愛いかった〜♪


『トリコロ』の七瀬八重さん (パパン亭さま)
前回も撮影させていただいたのですが、色合いが妙だったので再度撮影させていただきました。立体で見るとすごい髪の毛ですね…(汗
新作のひかりさん(Wind a breath of heart)も撮影させていただいたのですが、ピントが甘くて掲載が失礼に思えましたので心の引き出しにしまいます(スイマセン…)


『AIR』の観鈴ちん (夢祭工房さま)
WHF神戸の新作だそうです。1/6なのでさすがに迫力があります。
AIRロケ地の海岸に連れてって、写真撮ってみたい感じです。


『Fate』のセイバーさん (VIXENさま)
WHF神戸の新作だそうです。ちっちゃいもの好きな私にはかなり惹かれるセイバーさん(私服)でした。背景にはイラストボードも飾られていて、またそれが良い感じなんですね〜


『水月』の琴乃宮雪さん (VIXENさま)
上のセイバーさんと同じディーラー様の作品です。前回撮影させていただいたのですが、全身を撮っていなかったので再度撮影させていただきました。


『CLANNAD』の風子さん (AcesHighさま)
風子さんと書かずに「ひとでなの」と書いてあるセンスに惚れました。和歌山県西牟婁ポスターの風子さんはとても落ち着いているように見えますが、本当の風子さんはこっちですよね〜(w


『まほろまてぃっく』のまほろさん (Milky dollさま)
前を歩いてたときに視線を感じてしまった(w まほろさん。潤んだ上目遣いって弱いよな〜とか思いながらも、M字開脚しているので、ついつい覗き込んだ上に撮影までしてしまいました(スイマセン…)
白でした。


『ぺとぺとさん』の真壁ぬりえさん (あんきもさま)
おおっ、もうぬりえさんが出てるんだ〜、いいなぁ〜とか思いつつ上段を見てみると…


『Fate』のライダーさん (あんきもさま)
ちっちゃいもの好きな私をキャッチマイハート! このライダーさんカッコよすぎます!


『Fate』のセイバーさん (あんきもさま)
さらに、こんな可愛いセイバーさんまで!!


『Fate』のライダーさん (あんきもさま)
WHF神戸に初参加と書いてらっしゃいましたが、このディフォルメ3連発には参りました…今度はどんなのがディフォルメされるのでしょうか超期待です。


『ストリートファイター』の春麗さん (雨の日晴の日さま)
僕らの青春を駆け抜けたスト2の春麗さん。当時はともかく、最近の同人誌では濃い目の絵柄の彼女の本しか残存してませんが、フィギュアならこんな可愛いらしい春麗さんをお見かけしました〜。目線が好きだったのでアップでしか撮影させていただきませんでしたが、太もももしっかり撮らせてもらえば良かった〜(><)残念。


『これが私の御主人様』の沢渡いずみさん (ポリゴニアさま)
ちょっとブレてますが不幸な状況流されキャラいずみさんです。しわとか襞の造詣が素晴らしいです。このひとも最後の1人を入手されたようで当日は非常にご満悦でした。購入後に懸命にいずみさんの後ろ(多分…尻?)を撮影されており、その真剣な撮影っぷりに思わずファインダーに収めました(w その弱々しさっぷりが可愛いぞ!とんちん(w!


『ヴァンパイア』のフェリシアさん (鉄虎竜さま)
新作はFate新作のカレンさん(写真後方)でしたが、上手く撮影できてなかったので申し訳なくて掲載できませんでした。凄く凛々しかったです。
写真は青春を駆け抜けた(マタカヨ…)フェリシアさんの日常の1コマ。こういうドラマ性のある背景っていいですね〜




とまぁ、いろいろと撮影させていただいたわけなのですが、撮影と平行して当然のごとくお土産を物色していると…



キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!




予備をずーーーーーーっと探し求めていた、AIRキャラの詰め合わせが1500円で販売されているではありませんか!!


しかし、予備として欲しいのは観鈴ちん一人のみ。


どうしようかな…と悩んでいたときにとんぷうさんの心強いセリフ。




「1500円の観鈴にオマケが3体ついてると思ったらええやん」




吹っ切れた。


…というわけで、仲間入り〜(w




また、もっと色々な写真が見たい方はとあるひのコタツガさまのイベントレポートリンク集をご覧ください。今回も沢山補足されてらっしゃいますよ〜

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年06月11日

和歌山県西牟婁振興局CLANNADポスター配布祭



知りたい!見たい!やりたい!貴方に代わって潜入取材!

がんばれ和歌山県西牟婁振興局応援企画
2005年6月11日 CLANNADポスター配布祭レポート




…というわけで、ついにこの日がやってきました!

風子さんポスター滝尻王子ポスターをゲットつかまつるべく配布会場へクルマを走らせます。


AIRの舞台探訪したときもそうだったけど、なんか、Key半島へ行くときは天気が悪いことが多いです…なぜだろ?


雨の阪和道を一路Key半島へ…


阪和道の終点、みなべICに到着〜。
周囲を見渡しても、お仲間のクルマはないなぁ…(汗


びんちょうタンの里、みなべ町ですが、今日は風子さん配布会場目指して一直線です。



そうして、ICを下りてから田辺市内の渋滞につかまりつつ1時間ほど白浜町方面へクルマを走らせると…






キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!





曇天模様の空の下、配布会場へ到着〜♪




なるほど、ここなら混乱はありませんわ(w




まわりに、何にもない(汗





観鈴 「にははっ やっと着いたねっ! 遠かった〜」







…クルマでないとたどり着けないような、ハードルの高い会場設定した和歌山県西牟婁振興局に萌え。




ココに来るまでに大阪から3時間。4000円以上費やしてるよ(汗






さてさて、クルマといえば、当然郊外型の展示場なので、広大な駐車スペースがあり、多くのクルマがとまっております。




まずは、会場に入る前に、ナンバーチェック〜♪









はい。地元ナンバーを先頭に、多種多様な地域から風子さんポスター貰うために和歌山県西牟婁振興局の施策に賛同して来場されてますね…



でも、駐車車両の90%以上が和歌山でした。


…意外と、みんな遠征していない?




誇らしげにダッシュボード上に置かれていたクルマがありました。


遠距離からテンション上げての来場ご苦労様です。



…いや、自分も聞いてましたが(汗




さて、会場に入ると最初に目に付いたのが



PC8001とかMZ700とか5〜6台のオールドPC。




私の愛機だったX1はさすがにありませんでしたが、なんでこんなの置いてあるのだろう…?






…お、何か書いてある








ヽ(´ー`)ノ








職員さん提供のコレクションだそうです。



むぅ…意図が読めねぇ…(汗






そうして館内を彷徨っている間に、どんどん雨足は強くなっていきます…




Σ (゚Д゚;)




催し物紹介のスクロール式掲示板発見。




県民に愛される施設では、様々な催しが開催されています。







今日のアレは何て出るのだろう…?








`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、 









なるほど、観光ポスター配布会ですか(w




あれ? なんだか、担当部署が変わっているような気もします?






…すれ違いざまに、この会場の受付男性職員と女性職員が



「なんだ、アニメのポスターか」





と話しながら歩いていたのが印象的でした。






…配布内容までは会場側に知らされていなかったようです。




順路に従って奥へ進むと、なにやらポスターが並んでいる部屋発見!









キタワァ*・゚゚・*:・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。゚゚・*!!!!!








神奈 「やっぱり、余のポスターではなかったぞ! 次は余を使えっ!」







ガラスの壁面に続く滝尻王子ポスター風子さんポスターの列…







なんか、この施設で見てはいけないもの見たような気がします(汗





案内に従って、整理券葉書と引き換えて室内へ…




にこやかな職員さんに迎え入れられて、アンケート用紙を渡される。



私より先に入っていた人は、10人ぐらいかな…かな?





意外とマッタリしています。






アンケートは無記名。

・来た地域
・性別
・交通手段
・今回の配布会以外に和歌山を観光するところ
・和歌山へ来た回数
・和歌山で行って見たいところ


など、あっさりしたものでした。




また、風子さんイラスト入りで提出しようかと思ったけど、今回はサラッっと記入。



※配布会の整理券要求葉書にはびっちりと絵入りでした(汗




部屋の前部にある引渡し場所で、アンケートと引き換えに、熊野古道などの観光パンフレットと一緒に、ついに風子さんポスターゲット!!






これが実物だっ!!


うぉっ!カワイイっっ!!!





…とくに会場も混乱することなく、淡々した配布模様でしたが、少し気になっていたことを西牟婁振興局の中の人に聞いてみました。



「意外と、混乱なく配布できてますね…予想通りですか?」



『いえ…まぁ…』




「ちなみに、配布時間は何時までなのですか?」




『12時までですよ』






Σ (゚Д゚;)







整理券の応募者、少なっ!!






ということは、自分の整理券Noから察するに、全部で応募は200未満…?






さすがに、特定の1日に和歌山(しかもKey半島南部)へ来られよ!
ってのは、みんな厳しかったのかなぁ…







この状況を見て、「アニメではネットで話題になるけど、意外と人は呼べない」と判断されて、後にこの施策が続かなかったら残念です…




今度はもっと、期間のあるスタンプラリーとかそんな施策にして、継続的な来訪者を集めましょうよ >西牟婁振興局さま。






そんな淡々とした配布会の外では、大粒の雨が降り続く…







もっと、盛り上がりがあれば良かったのですが、平穏だったので、あんましネタがありません。


思い出したら追加しますが、今のところはこのへんで。




ちなみに自分的には渚が良いので、今度は渚希望。



−−− 完 −−−



【オマケ】


少しきれい目に撮って見ました。

ポスター下部には、振興局のURLが入っています。

背景は写真かと思ったけど、絵なんですね。スゴイ。

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年05月27日

ストラトスフォー舞台探訪 〜下地島の土曜日〜



にっぽんヲタ街道

 ストラトスフォーADVANCE DVD2巻発売記念企画

2005年5月27〜29日

ストラトスフォー舞台探訪
 〜下地島の土曜日〜






ストラトスフォーという作品を知っていますか?

2003年春に地上波で放送されていた「ストラトスフォー」という作品は、全13話の放送が終了した後も、後日談のOVA「ストラトスフォーX−1、X−2」を2004年に発売、さらに2005年にも新シリーズのOVA「ストラトスフォーADVANCE」として現在も発売されている、なかなか息の長い作品です。

どんな作品かと紹介しますと…


微妙に近未来の太陽系に彗星群が飛来するという危機に直面し、その彗星群の一部は地球に衝突する危険性があるといわれています。
とりあえず、ぶつかりそうな彗星を破壊(迎撃)するために天体危機管理機構という組織を地球規模で構築し、宇宙で彗星を迎撃するコメットブラスターと称されるグループと宇宙で迎撃しそびれた破片を地上から飛行機で迎撃するメテオブラスターと称されるグループの2派で対応していました。
そんな地上から迎撃する飛行場は、コメットブラスターを目指す人たちの訓練組織としても機能しており、日本基地として整備されていた場所が、作品の舞台「下地島迎撃基地」なのです。
下地島迎撃基地に配属された主人公の美風を中心とする4人の少女は、未来のコメットブラスターを目指して日夜訓練に励んでいるのですが、当人たちの純粋な気持ちとは裏腹に「組織の論理」が彼女たちを徐々に煙のように包み込んで…


というのが導入紹介です。でも、上手く伝えきれてないと思うので、詳しくは、ストラトスフォーの公式サイトをご覧下さい。

ところで、この作品に惹かれた方というのは多く存在し、その中でも目立っていたのは航空ファンだったと思われます。私も鉄道ファンの端くれとして、アニメやドラマでの「鉄道」の描かれ方については非常に気になるクチなのですが、この作品に関してはかなりの航空ファンを喜ばせる要素が盛り込まれていたようで、その作り込みの誠実さが支持されていた要因なのかなーと思うと、適当に扱われがちな鉄道と比較して羨ましくも思います。

実は、私が惹かれたポイントというのは、そんな航空ファン的な要素ではなくて、単に作品中で主人公の美風が、とあるきっかけにより「宇宙へ行きたい」という気持ちを持ち始めた、それへの共感だったのです。まぁ、その「宇宙へ行く」実現に向けて美風さんは多少無茶をしていましたが(w

今は空を飛ばなくなったコンコルドという飛行機がありますが、音速旅客機として成層圏近くを飛行するため、通常の航空機からの車窓とは違った、「上半分が宇宙色」のありえない世界を垣間見せてくれる唯一の乗り物でした。でも、そんな旅客機も今となってはどれだけ望んでも乗車することは出来ません。日常の中で成層圏を見るという行為は死ぬまで経験できそうもないのです。

しかし、私自身も何かチャンスがあれば、日常の中からそんなありえない日常を得るために、多少の無茶をしてでもチャンスを捉えて実行に移したいと願っています。
美風も日常の中からありえない日常を目指して無茶をしていましたが、その中で成長してゆく過程が書き込まれたこの作品に私は大きな共感を得たのです。

でも、その共感が、舞台探訪という落ち着くところに落ち着いてしまったのですが(w まぁ、頑張ってきたので、しばらくお付き合い下さい…











XXXX時。只今をもちまして
天体危機管理機構 下地島迎撃基地は
第2警戒態勢に入ります。










「美風達の過ごした下地島に行きたい!」

そう願いつつも、本土から2000km離れたその島へは、行きたくてもなかなか行ける機会がありませんでした。そして、そうこうしているうちに2年が経ち、新シリーズのOVAが発売されたのを見て、いても立ってもいられなくなって、とうとう飛び出してしまいました(w

下地島へは空路がなく、本土からは宮古島を経由して伊良部島へ渡り、そこから橋を渡って下地島に上陸するという、なかなかにたどり着くまでにめんどうな場所です。

そして、場所以上に問題なのは旅費と日程。

沖縄本島ならともかく、離島航路になると平日でもない限り、結構な値段をとられるのですね。
さらに、格安ツアーを見ても2泊3日からのものが多く、どうしても平日に仕事をオフにして行くか、大枚はたいて連休に行くかの2択を迫られていたのですが、今回、ついに旅費と日程のバランスが完璧に整った日がGW明けに出来たのです!


これは、チャンスだと思い、即座に予約を入れて、指折り数えて出発を待っていました。

そうして、出発が近づくにつ入れて気になるのは「天気」です。


沖縄県はすでに梅雨に入っており、天気予報を見ても1週間まるまる「曇りのち雨」が並んでいるのも今の時期、珍しくありません。

出発前日の状況としては、

1日目 曇りのち雨、 2日目 晴れのち雨、 3日目 曇りのち晴れ


という微妙なモノでしたが、まぁ、なんとかなるさ、と同行の都古ちゃん(月姫)に語りかけて床に着いたのでした…


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__      | どうか天気に恵まれますように…
    /  ./\    \_________________
  /  ./( ・ ).\          o〇     ヾ!;;l;::lilii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\    ∧,,           |;;l;;::|liii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (-  ,) ナムナム      |;;l;;::||iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  )..           |;;|;l;::i|ii|    (○)
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .⊆ ___)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jrヽ|〃





【第1日目】



都古 「お兄ちゃん! 本当に天気、大丈夫なのっ!?」」


不機嫌そうな都古ちゃんをなだめながら、ともかく空港を目指します。



都島から都古ちゃんを連れて宮古島へ行くために。



折角なので、あまり利用することもない「南海特急ラピート」を使って、一路関西空港へ。



ラピートの面構えを見て、同行者が一言。




「悪者の乗りそうな形してるな…」




…だそうです、南海電気鉄道さま。





そうこうしている間に関西空港についていよいよ出発〜



まぁ、航空機の常として、高度が上がれば、眼下に雲を見下ろす一面の青空〜♪
を期待してANA1751便に乗り込むと…




都古 「シャレにならないぐらい、外は何もみえないーーーー!!」





翼の向こうは、まさに白! 白一色!!(涙



写真は光の加減で外が白いわけでないのです。



マジで白!




一面の銀世界を高度2万キロでくらいながらも、2時間ほどで、南国宮古島に到着♪



さぁ、宮古島についたぞ、と外に出ると…





都古 「お兄ちゃん… この宮古島は… ニセモノ?」




お空を見上げると、







どんより。






  。。
   。     。 +   ヽヽ
゜ 。・ 。 +゜  。・゚ (;゚`Дフ。ウワァァァン
            ノ( /
              / >





…曇天模様の空の下、最初の舞台探訪の地へ。






都古 「都島の北端、西平安名崎だねっ! でも、あいかわらずどんよりーーーー!」」




はい、ここは作中の下地島から眺めていた対岸の島である宮古島北端の岬なのです。





作中では、この岬に何本もの風力発電の風車が、回っていて良い感じだったのですが…?









風力発電キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!








そう、美風が眺めていた風力発電の風車群が、今、この目の前にあるのです!!!







…あれ?






( ゚д゚)





(つд⊂)ゴシゴシ





(;゚д゚)





(つд⊂)ゴシゴシ




  _, ._
(;゚ Д゚)










羽がありません(汗


(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会






…なんだか前途多難なストラトスフォー舞台探訪1日目はこうして暮れてゆきました。







そして、さらに鬱に追い討ちをかける出来事がっ!?









バーで泡盛カクテルを頼んだら、ストローが2本付いてきた。



…男、3人だよ(´・ω・`)






             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__      | 明日こそはどうか天気に恵まれますように…
    /  ./\    \_____________________
  /  ./( ・ ).\          o〇     ヾ!;;l;::lilii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\    ∧,,           |;;l;;::|liii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (-  ,) ナムナム      |;;l;;::||iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  )..           |;;|;l;::i|ii|    (○)
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .⊆ ___)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jrヽ|〃







【第2日目】



やや、天気を持ち直した感のある第2日目がスタート。




いよいよ聖地、下地島へ上陸だ〜






とりあえず、カーフェリーが島まで運航されているとのことで、宮古島の平良港へクルマを走らせて見ると、どこにも乗り場がありません。




客船ターミナルは立派なのに、いったいどこにカーフェリー乗り場があるのだろうと、港をぐるぐる回っていると…








客船ターミナルを背にして数百メートル先の防波堤の先に小屋発見。




小屋の左側が、カーフェリーの乗船場っぽい。






…どうやら、ここがカーフェリーの事務所兼受付&乗船場なようです。




ちなみに、この小屋にたどり着くまでに、

一切看板ありませんからーーー!





地元向けなんですね(汗





都古 「お兄ちゃん… 隣のビンはどーゆーイミ?」



現地のコンビニで買ったご当地メニューで軽く朝食。

激ウマの「ミニタコライス」と宮古名物「元気の子」




メシ食いつつ、港内に居ついている犬と遊びながら待つこと30分






ついにカーフェリー到着!



なんか、船も、乗船場も開放的です。





ところで、この乗船場ってなんか妙なんですよ?





写真の乗船場を背にして乗船待ちのクルマを写したのですが、




みんな後ろ向いてます。





・・・あまり想像したくなかったのですが、後ろ向きの車列に不思議に思いつつも船が到着




…とその時に!



「ぐぎーーーーー!!!!
ぎぎぎぎぎぎぎぎ!!!!!!
ぐえーーーーーー!!!!
ずりずりずり!!!!
ぎぎぎぎぎぎ!!!!!!!!!」



「プップップー!」



※音を録音してなかったのが残念です。マジで。、



背後から、金属のこすれる爆音とクラクションが炸裂!





ナニが起こったのかと振り返ると








船が全然接岸してないのに、
船から艀を防波堤に降ろして、
ずりずり引きずりながら接岸してる上、
車が接岸中でもどんどん下りてくる





という、ぶっちゃけありえない光景が繰り広げられてました(汗





…開放的です。





…非日常です。





そうして、いよいよ乗船なのですが





ええ、予想通りでしたよ(汗







みんな、バックでガンガンとクルマを積み込んでゆきます。




※写真のセルシオ見てください。ほら、バックランプ点いてるでしょ?




しかも、その車間隔が前後左右数十センチ単位(汗





船乗りのおっちゃん達、レンタカーだと見ると面白がって車間を詰めさせようとするからイヤン(w





と、まぁ、いろいろカルチャーショックを受けつつも船は出港。



わずか、30分の船旅なので、あっという間なのですが…




!?


船の左舷に遠く見えるあれは・・・?






・・・これは最後のお楽しみ。





そうそう、開放的な船は、艀を降ろしたまま運行していました(汗





ザバザバと海水が入ってきてるよ…




 ( Д )    ......._。......_。 コロコロコロ…




いや、すごいね…





伊良部島(&下地島)に着くと、最初に迎えてくれるのは、小屋。





これしかない、実にシンプルな船乗り場です。




それにしても、空は、どんよりどころかすでに雨!




観鈴 「にははっ 雨が降って真っ暗だねっ」






嬉しそうな、観鈴ちんに励まされながら(そうか?)島内を一周開始!







小雨の降り続く中、何もない島内を走っていると・・・







キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!!







都古 「フナウサギバナタだね。どーでもいいけど、晴れてくれないかなーーー!!」







「ついに!ついに!着ましたよ!!!!」



美風さんが悩み事をするときに、よく来ていた、このサシバを模った展望台に!!





もう・・・ もう・・・





。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン





嬉しくって、作中のいろんな構図で撮りまくりです。




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会





・・・微妙に作中では美化されているデザインですが、

そんなの気にしない!






さぁ、美風さんよろしく、展望台に上がって、対岸の宮古島の風車をながめるぞーーー!






と、階段を一気に駆け上がると、






遠すぎてなにも見えません。

(予想図)

(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会





・・・まぁ、見えないのは仕方ないですな(汗




ここで、紙飛行機を飛ばして、さらに美風さんに近づきたかったのですが




雨天中止。






雨に濡れて、ボロボロの紙飛行機萎え。









ちなみに岩崎さんが座っていたサシバ像の右足と…




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会



美風さんの肩の位置にあった左足は




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会






展望スペースよりも、実際は下の位置にあったので、そのまんまの写真は撮れませんでした。





少し残念。








というところで、雨脚も強くなってきたので、島内をの外周に沿って車を走らせると・・・









キタY⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒Y !!









都古 「下地島迎撃基地の着陸のガイドウェイだね。・・・雨でぐしょぐしょだよー!もー!!」






さぁ、どんどんのってきたぞー!







この場所は香鈴(かりん)さんにとって重要な場所だっ!


※下地島迎撃基地祭りのときに、しょんぼりと座りつくしていた悲しい場所なのです。





さぁ、作中と同じところに座りに行くぞ! と思ったら…







いきなり壁がありました(汗





と、そのとき






キーーーーーーーーーーン






グイーーーーーーーーン






ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ






グオーーーーーーーーーーン






(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会





轟音を上げて、練習中のジェット旅客機の着陸がっ!




しかも、着陸しても逆噴射で速度落とさなくて




旅客機がタッチアンドゴーして、
再び離陸していくんですよ!!!






すごい!すごいです優さん!!!
(まほろさん風に)




…開放的です。





…非日常です。







繰り返される、練習中のジェット旅客機のタッチアンドゴーを横目に舞台探訪撮影開始♪





(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2005スタジオ・ファンタジア/バンダイビジュアル





微妙な遠近感の違いやアレンジがあるものの、まさしくココ!!



   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//







基地・・・いや、空港の周回道路をクルマで走らせると、






とにかく広い!!






こんな広いランウェイを走らされてた美風さん、結構大変だっただろうなぁ・・・





(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会





そうして、空港の周回道路を走って島の裏側へ抜けたら有名なダイビングスポット・・・





都古 「通り池ね。お天気、すこしかいふくー!」




美風さんを誘って気分転換に泳ぎに来たのがここです。





でもね、実際のココは




ダイビングの上級者でないと潜ることすらできません。

残念。





せっかくだから、飛び込んでみたかったのですが、とてもそんな場所ではありませんでした。






とりあえず、むりやりパノラマで1枚。





(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会





ここは、かなり作中でアレンジされていて、風景的には別物な感じでした。





(´・ω・`)






そして、さらに外周道路を進んで、離陸側の端っこへ。



都古 「こっち側は人気ないーーー! 滑走路が見えないからつまらなーーーーい!」





・・・と、都古さんが言うように、着陸側の盛況にくらべて、こちら側はだれも居ませんでした。





絵的にもつまんないから、作中でつかわれなかったのかな・・かな?









いよいよ空港一周の最終目的地、下地島空港管制塔へ!






さぁ、どうかな?






角度を同じくしてみたけど、滑走路側から見た絵なのですね作中では。


(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会



これも上と同じ。滑走路側からなら同じ見え方するのでしょうね。


(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会



滑走路に鎮座してた日航ジャンボ機。
これのタッチアンドゴーが見たかった…


(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会




管制塔の側まで行ったのですが、作中では滑走路内からのカットが多かったために、外からでは思ったほどベストポジションで撮影できなかったかな、というのが印象です。


  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~


もう少しがんばりましょう。






さぁ、舞台探方の最後は、「下地島迎撃基地を見下ろす航空ヲタたちの巣窟展望台」という設定の展望台なのですが…






これは、




キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!!!





都古 「牧山展望台。なんか、中が崩れてたりして、こわーーーい」





作中では遠景と、航空ヲタ達の観察待機のシーンしか使われていなかったのですが、ともかく巡礼。







やや、荒れた感じのある展望台ですが、






作中の手すりの形とかが同じなので、ここもちゃんとロケハンされたのでしょうね。


(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会



作中同様に展望台から見下ろしてみると






森しかありません。そう、現実のここは空港の反対側(w






この、最後の展望台の遠景シーンを収めて、今回の旅の主目的は終了!




そんなわけで、島内道路を走って、ベストポジションを見つけに行くと・・・







断崖絶壁。




これが、どこにあるかといえば…






道路の脇に、ものすごい切り立った断崖があるのです。




怖っ!





そんな大自然の驚異におびえつつ、しばらくクルマを走らせると…





(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会



ありましたよ!ベストポジションが!


実際の展望台は、廃墟的な怖さが漂っており、とても宴会しながら基地を眺めるようなものではありませんでしたが、こうして遠景を収めてみると、不思議とその場所に行ったら、美風たちのいる下地島迎撃基地が見えるような期待を持てるように感じるのは、現実と空想の境目がなくなっている証拠でしょうか?(汗





まぁ、こんなところでストラトスフォー舞台探訪はおしまいです。


確かに舞台はここであったけど、そのまんま度合いで言うと、100%ではなかったので、撮影目的で行くには苦しいかな・・・という印象です。

でも、美風たちの過ごした島で想いを共有できた気になれたことは、じつに気持ちよかったです。


ストラトスフォーの物語は、OVAでまだまだ続いています。


もし、今後のOVAの作中で、今回行った所以外の下地島のポイントが登場したら、また、数年間は悶々として過ごさなければならないのですね(w









旅はまだまだ続きますが、興味ある方は続きをぞうぞ。



帰りのフェリーまで時間が合ったので、近くの浜で軽く泳いで時間を過ごす…


そんなひととき、道路上に妙な物体が!?





雨のせいで、道路上にはタバコサイズのカタツムリ?が異常発生。



怖っ!



・・・そして帰りも開放的なフェリーに揺られて宮古島へ帰島する。

ホテルからの眺めは、明日の晴れ間を期待できるような、見事な夕焼け〜







             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__      | 最終日ぐらいはどうか天気に恵まれますように…
    /  ./\    \_____________________
  /  ./( ・ ).\          o〇     ヾ!;;l;::lilii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\    ∧,,           |;;l;;::|liii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (-  ,) ナムナム      |;;l;;::||iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  )..           |;;|;l;::i|ii|    (○)
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .⊆ ___)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jrヽ|〃







【第3日目】



やっぱり、どんよりぎみな今日の空。


昨日の、下地島舞台探訪に持参予定だったのに忘れてしまっていた(涙、出発日に発売したストラトスフォーADVANCE2巻を供養するイミで、一緒にパチリ。




そんな曇天模様も、昼過ぎにはぐんぐん回復!



都古 「お天気かいふくーーーー! やったーーーーー!」



というわけで、ようやく回復したお天気に誘われて、少し潜りに行ってみると…



元気はないけど、一面のさんご礁〜


愛想のいいお魚〜


ファイティング・ニモ〜(違う?)


色とりどりの熱帯魚〜




と、最終日になって、ようやく南国らしさを取り返せた!



観鈴 「にははっ いいお天気だねっ!」


素敵な陽気に誘われて、島内のジャスコで地元食を物色してお弁当!


都古 「さんぴん茶に宮古そば、ゴーヤー丼、ジューシー、そーみんちゃんぷるー、ポーク玉子おにぎり〜。めずらしいー!」


これだけ満喫して、1200円ですよ。

地元用のスーパー、グッジョブ!




そうして、天気も完全に回復した頃、残念ながら島を離れるときが来ました…

残念ですけど、仕方がない。

また来たいですー。



【同行者】
ひじりか。さんが違った視点で今回の旅路をレポしています。
ネオスフィアへの誘い

【舞台探訪補足ありがとうございます】
WONDROUS pharmacy さま
 私もレンタルバイクにしたかったのですが、クルマより高いのがネックです…

萌えクロニクル(仮) さま
 タッチアンドゴーはぶっちゃけありえない光景で感動しました。なんか、ジェット旅客機で航空ショウを見ている感覚… ちなみに、でかいカタツムリはと道路上のいたるところで粉砕されてました。南無。

さざなみ壊変 さま
 味のある小屋は、実はもう一社あるフェリー運行会社でも同様でした。宮古で大人気。

ワシントン窟店 さま
 下地島空港に旅客定期便が就航していた頃はYS11でしたっけね?

珍獣オンライン さま
そうそう、飛ヲタの聖地でもありますからね〜

takaxoの食い物屋レポート さま
いつか願いは叶います・・・

A@さま
とりあえず、素朴さは極め付きでした。でも、島内に1件あったファミマには驚きです。

だめにうすさま
ちょいと長かったかな?とは思っていますが(汗

瑠璃色の珊瑚さま

当コンテンツに使用されているキャプチャ画像はすべて以下の著作権者が権利を有するものであり、著作権法上の引用の範囲と解釈して使用し、引用画像ごとに著作権者表記をしておりますが、著作権者による警告等が生じた場合は早期に画像を削除するものといたします。ただ、正直かなり好きな作品なので少しでもDVDのセルにつながればいいな、という気持ちでコンテンツを作成していますので、お目こぼしいただけたらうれしいです。
(C)2003スタジオ・ファンタジア/「ストラトス・フォー」製作委員会
(C)2004スタジオ・ファンタジア/バンダイビジュアル (C)2005スタジオ・ファンタジア/バンダイビジュアル

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年05月22日

ひぐらしのなく頃に舞台探訪写真館 〜雛見沢再訪編〜



にっぽんヲタ街道

 〜ひぐらしのく街へ解〜

2005年5月22日

ひぐらしのなく頃に
舞台探訪写真館 〜雛見沢再訪編〜








オヤシロ様は「いる」の


         竜宮レナ






ロケ地写真集につき、以下ネタバレ注意!!
自己責任でご覧ください。


ちょうど半年前にリアル雛見沢こと、岐阜県の白川村を探訪して、数多くの写真を「ひぐらしのなく街へ」として公開し、そのロケ地の詳細ガイドとして同人誌を発行しておりますが、残念ながら未収録の地点を結構残したままになっている状態が気になっていました。

今回は、落穂拾いを兼ねての白川村探訪です。
過去のコンテンツ未収録写真の紹介と、有名スポットの「裏側」に写真で迫りたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい…



前回の訪問時は「雪囲い」のせいで、作中とは違った雰囲気になっていた梨花ちゃん神社も、春が過ぎてすっかり作中そのまんまの姿を見せておりました。


神社の境内も、朝8時ごろであれば、このようにガラガラです。
左手に見えているどぶろく館の開館前であれば、人もいないので存分に綿流し神事が堪能できます。


見慣れた場所を、視点を変えて撮影してみました。後ろの建物はお寺ですが、さて、ここはどこでしょうか?


レナさんと待ち合わせをしている場所です。人通りの多い通りにあるので、ここも早朝撮影が良いかと思います。


「嘘だっ!!」の場所と…


その左手に写っている建物の写真。


視点を変えて山側へファインダーを向ければ…

おや、後ろの建物は?


梨花ちゃんと沙都子さんの愛の巣です。
レナさんの豹変を2人が十分に見ることができますね(w


「嘘だっ!!」を逆から見た写真です。一気に山登りコースですね。
この山登りコース入ってすぐに、右側の山中に目を向けると…


大臣の息子の監禁小屋ですが、崩壊していました(w


沙都子さんと僕らの敵、鉄平ハウス。

鉄平は麻雀以外に生計を立てる手段はなかったのでしょうか…?


農作物直売所を運営しておられました(w
意外とまじめだったのですね(嘘)


園崎家は茅の葺き替え工事中…


なんと国の重要文化財だそうです。


入館料まで取っています。さすが園崎(w

※ちなみに園崎の名前はコラです(汗


先ほどの山中への道を登りつめれば…


梨花ちゃんの秘密の場所です。
前回もここに来てたのに気がつかなかったよ…orz


梨花ちゃん神社の祭具殿も雪囲いが取れてその姿が丸見えです。


どのみち、国道沿いなので、建物自体はいつでも丸見えなのですが(w


前原屋敷も観光地化が進んで、大きな駐車場が設けられました。


そして、屋敷の傍に広がる水田地帯。でも、ただの水田ではありません。


梨花ちゃんが赤坂と村内を歩いた小路だったりします。

ちなみに、それ以外の村内道路風景はこの水田地帯で撮影されたものと思っています。でも、ベストポジションが見つけられませんでした…

富竹殺害現場もこの水田地帯と思っていましたが、背景の電信柱に電話線が見えているので、この地帯では無さそうです。(電線は水田地帯にあるけど、電話線は無い)


斧を持ったレナさんに追いかけられたときに出てきた砂利収集場風景。

山のかたちなどを判断してここと断定。
左側に重機(ショベルカー)が作中と同じく鎮座していました。
(ちらっと写ってますね)


ゴミの種類こそ違うけど、あの?不法投棄現場です。
…そのまま残っていることを喜ぶべきか、悲しむべきか。


レナさんの宝探しに行くまでの道中であり、圭一が2人組に襲われた現場です。
左の看板とかもそのままですね。
ショベルカーは現在ありませんでしたが。


高級蕎麦処&宿泊施設「蕎麦庄やまこし」です。11:30から蕎麦が売切れるまでしか食べられません。客層はかなり高年齢な印象…
まぁ、蕎麦と山菜てんぷらで2000円ですから、無理もないか(w

さて、なぜこの店が登場しているのでしょうか…?


雰囲気的に写真を取りまくる店内でもないので自粛して1枚。
右奥の壇上にのぼれば、実は、大石と赤坂が北海道で囲んでいた囲炉裏があります。

…でも、5〜6人用の席なので、1人だとそこには座れない(涙


蕎麦屋の建物の奥には宿泊施設があります。ここのロビーが前原屋敷の広間なのですが、近寄れませんでしたので外から1枚。

…多分、ここの客室内が圭一の部屋のモデルと思われるのですが?


客室からの窓景を横から撮影したのがこの写真。森の雰囲気が、圭一部屋からの雰囲気に似てないかな…かな?


その他落穂拾い?@ 入江診療所の裏側。


その他落穂拾い?A 鉄平殺害現場(に近いところ)。

作中とはやや違いますが、左上に川が来る写真は、おそらくこの地点でなければ撮影できないと思います。
ゆえに、この写真を撮ったところ周辺のどこかだと思うのですが…?


その他落穂拾い?A 「解」のOP背景ですね。



こんな感じで今回の再訪は終了です。


雛見沢綿流し祭本祭(6月東京)と雛見沢綿流し祭関西(7月京都)のひぐらし同人即売会には両方出る予定ですので、その時の頒布分からは、上記の未収録エリア情報を載せたいと思います。

今までに買っていただいたかた向けには、差分ページを用意する予定ですので、どうぞご安心下さい。

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道

2005年04月29日

コスプレキャバクラ fairy tale潜入レポート

いよいよGWに突入しました。

世間では国外脱出だの愛・地球博だのなんだの言われておりますが、正しいヲタである私は、そんな虚空なものにココロを奪われることはなく(汗 清く正しくヲタ生活を
満喫し、日本橋ヲタロードを闊歩している所存でございます。

そんなワクワクさせる街、大阪日本橋に本日、素敵なお店が仲間入りしました♪



その名は、

コスプレキャバクラ

 fairy tale (フェアリーテイル)


公式サイトはここ


――― CM ―――

AIR舞台探訪目当てでご来場のお客様は、左記リンクよりご覧下さい。

5月3日ひぐらしのなく頃に同人誌イベントの情報は、ずっと下をご覧下さい。

メイド喫茶大好きなあさくらさんのお部屋ExciteStageからお越しの方は、多分以下の情報も嫌いではないと思いますので、そのままお読み下さい(w

4月30日に閉村する 消える村(仮称)コンテンツをお待ちの方は、もう少しお待ち下さい… スイマセン…

コミックレボリューションFinalレポをご覧の方は「日記」の4月24日を…

――― CM終わり ―――



さて、本題です。

ちなみに今日は写真がありません。




コスプレキャバクラと言えば、東京は神田にありますマジカルナイトが有名なので、三十路超えのヲタの私もオヤジモードで何度か楽しませていただいておりますが、そんな酒飲みヲタクのパ〜ラダイス(探偵ナイトスクープ桂小枝風に)が大阪にも開店するとのコトで期待していたのですが、4月中旬OPEN予定がずるずる延びていました。

これは、小学校も近いから出店規制にでもひっかかったかな?と公式サイトの跡地を見ていたのですが、日本橋Blogさんの記事で今日のOPENが紹介されているではありませんか!

とりあえず、聖地探訪好きな自分としては、行くしかない!と早速飛び込んでまいりました〜



一応、内容的に18禁とさせて頂きますので、該当の方はブラウザ右上の×印を勝手にクリックしてください(汗



―――ここから、18禁―――




知りたい!見たい!やりたい!貴方に代わって潜入取材!

最新キャバクラ突撃レポ

とび出せ!
 にっぽんヲタ街道を逝く 〜大人版〜

  〜コスプレキャバクラ fairy tale  に逝ってきました〜




「あれが、カードキャプターさくらのさくらでぇ、あれがAIRの観鈴ちん、あれがラビアンローズ、あれは…なんだっけ…」



店内に入ると、目移りするぐらい所狭しといるコスプレイヤーさん。
だけども、おじさんには半分ぐらいわかりませーん(汗


ここは大阪・日本橋恵美須町駅出口そばにあるコスプレコミュニティスペース、略してコスプレキャバクラ「フェアリーテイル」。酒飲みヲタ向きの大人の交流スペースです。

店の近くにはソフマップやらしんばん、メロンブックス。少し離れると、とらのあな、やまんだらけ、ゲーマーズなど物欲をそそる名店でAIRの観鈴ちんDVDを買ったあと、この店でAIRの観鈴ちんとおしゃべりしながら酒を飲むのがこれからの定番コースになりそうな予感…


地下鉄堺筋線恵美須町駅の北側出口を出てすぐ側の階段を上れば紳士の社交場。

なんだか、入店前におまわりさんと従業員が店前で話をしていた光景にびびりながら、「今日、開いてるの?」と一声かけて2階に向かっていよいよ入店。

目の前に広がる50席あまりの店内には、いるわいるわのコスプレさん♪
(冒頭参照)


席についてシステムの紹介を受けてしばらく待つ…


―――解説―――

1時間4500円の飲み放題。
延長は30分刻み。

ただし、フードは別料金で500〜1000円ぐらい。
ヌルいお酒類(カクテルとかー)も別料金なので、ここに来たら水割りでガンガン逝け!
あと、キャスト(女子)のドリンクも当然別料金。みんな、ご馳走してあげてね…

―――解説終―――




『こんにちは〜』




キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!


と握手を求めてきたのは、I"s(アイズ)の衣装を着た某学校を卒業したての○さん。続いて握手を求めてきたのは△さん。(こちらの衣装は失念!)


「おお、ここは握手からはじまるのか〜」(*゚∀゚)=3ハァハァ


とささやかな感動にむせび泣きつつ、キャストにジュースを振舞い、横と正面にキャストを置いて乾杯してトーク開始。
(…そう、同行者もいないので一人で突撃なのです)



○さんも△さんも初めてのようで、タバコを出してもなかなかライターが出てこなかったり、微妙に水割りの作り方がぎこちなかったりするところが、Goo!Goo!GooooooD!


そう、我々、ヲタはこの初々しさを求めているのです!


あまりにも業界スレしたキャストばかりだったら萎えるな〜と思っていたのは杞憂に終わりました。


ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
大丈夫、東京のお店には今のところ中の人では負けてませんよ!


ガッコの話したら、実にガッコ名が良く分かる最寄り駅が出てきたりして和みつつ、興味ジャンルを聞けば、アニメのアレとかゲームのアレとかなかなかに良い感じ。お話のなかでメイド喫茶の話とか出てきたときに某メーカーのメイドゲーの話になって、

「私、実は陵辱系とかが好きなんですよね〜」

とか飢えたオヤジに言った○さんを襲った所で前半戦終了。

※そーいう店でないので襲ってはいけません。


そして、後半戦も1対2。

1対2はいろんな意味大変だぁ…



某所在住のキュアホワイトの□さんと某学校卒業したてのみつき(これが私のご主人様)の◎さんがお相手。

ちなみに、みつきちゃんの方は「いろんな意味、そのままやんけー(w」とネタに出来るので、当たった方はオタノシミに。


先ほどと同じように最初は握手から。しかし!今度のキャストの配置は



左にみつきちゃん


右にキュアホワイト




キタ─wwヘ√レvv〜(°Д°)─wwヘ√レvv〜─ !!



もう、まさに気分はご主人様ですよ、ジャークキングですよ、みなさん!

横に座るキャストがコスしてて、且つ中身を知っているなんて最高ではありませんか!?

…とご気分絶好調な自分は、またしてもキャストにドリンクを振舞って(汗
良いオヤジを演じつつ2回戦。

他愛もないヲタ談義をしつつ気づいたのは、どうも、キュアホワイトさんが地を出せていなさそうな感じだったので、「せっかくだから決め台詞を地元の言葉に総変換しておきなさい。ウケるから」と余計な注文。


すごいキュアホワイトに当たった方、オタノシミに。


みつきちゃんのガッコも、また最寄り駅を聞けばピンとくるところだったりで無駄に盛り上がっていたころ、店内のDVDに種デスが流れたときに、3人とも反応(w

キラ×アスで脳内停止している私は、ややついていけなかったので、次来るときには勉強しておこうと決意したころにお時間。

名残惜しみつつも、今回、延長はあえてせずに1本勝負で終了。



お値段、キャスト4人それぞれにドリンク振舞ってツマミつけて8000円/1h。

※キャストへのドリンクは任意です。特におねだりされることもない…かな。



自分の場合、新地でボトル入れてる安めの店(同じ年齢層がバイトしてるけど、当然ヲタ話は出来ない(汗)に2時間いてそのぐらいだから、まぁキャバとすれば悪くないのではないでしょうか。



つか、自分は気に入った。
同じキャバで遊ぶなら、ヲタ話できるこっちの方が当然良い。


「またくるね〜」


と、キャスト達となぜか名刺を頂いた(汗 店長さんに見送られて階段を下りたのでした。



【雑感】

「果たして東京の店並みのヲタ女子を揃える事ができるのだろうか…」と当初危惧していたのも今のところ大丈夫。
自信を持ってソフマップの紙袋持参で入店できます。中身がエロゲでも全然問題ありません。

お話も、こちらから振ると会話の弾むキャストやガンガン来る(w キャストなど多様そうですが、まぁ、初めての方はお互いの興味ジャンルあたりから会話を始めればいいのではないでしょうか?

写真撮影のサービスもあるようで、専用の背景(wまで用意されていたのですが、今日はポラロイドカメラが間に合わなかったようで残念ながら収穫なし。
ちなみに、この撮影は有料なようですが(価格?)、このお金は指名と同じようにキャストに入れてやって欲しいな…と願います。

あと怖いのは「店側からの指示で、キャストがドリンク注文しまくる」ような状態になってしまった場合は、どんなにヲタキャストを揃えていたとしても確実に客足は落ちるでしょう。一般的なキャバでは指名取り含めて、いろいろ工夫しているのが常ですが、こと支払い額に直結することと、断りきれない客層を狙う同店では致命傷になりかねないかな…と思っております。そういうのは、あくまで自然体のままで…

すこしセコイかもしれないけど、初回半額とかのサービスが無いのもちょい残念。顔見世としては必要だと思うけどなぁ…

また、私の行った時間が遅かったせいか、狙い通り店内は結構余裕があったので、行くなら夜の遅めがいいかもしれません。でも、雰囲気的には、あまり早い時間も満席にはなってなかったのかな…といのが印象です。(違ってたらごめんなさい)

まぁ、ヌキ系とは違う風俗なので、嫌悪感(特に衣装の「中の人」の問題)を示される方もいらっしゃるかもしれませんが、その点は大丈夫そうな気がしますんで、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか…?

posted by 佳由樹 at 00:00 | にっぽんヲタ街道